サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

シフト みんなのレビュー

  • 著者:ヒュー・ハウイー, 訳者:雨海 弘美
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本シフト 下

2016/12/12 10:46

3部作の2部まで読み終えて、これは凄い作品だと思えてはきた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

3部作の2部まで読み終えて、これは凄い作品だと思えてはきたのですが、何しろ時間と場所があっちこっちに飛び、その都度登場人物も異なり(中には呼び名が変わっただけで同一人物もいるが)その関連が分かるのに苦労する。また、話の展開もなかなか仕掛けを見せてくれないため、途中でだれて嫌気がさしてくるのも難点。しかし、徐々に話が一つに収斂し始めてくると俄然面白くなってくる。これは、3部作まとめて一気に読むべき作品だと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・内容、省略・・・・・・・・・・・・・・・
本作は、サイロ内という閉鎖空間での気の遠くなるような時間の経過の中で、様々な矛盾が蓄積して限界に達し根本的革新という段階に入った時代を描いた、402:ヒュー・ハウイー『ウール 上・下』(角川文庫、2013年9月25日、角川書店)の前段にあたる作品である。その時間感覚を知るために『ウール』を探したが何故か見つからない。不思議。止む無く本屋で調べたら、『ウール』では絶対年代は指定されていないようである。なお、この作品は、初めに『ウール』が書かれ、その好評により続編『シフト』が書かれ、その後完結編である『ダスト』が書かれたらしい。全体として、『シフト』が2049年から、完結編の『ダスト』が2345年ということで、約300年にも及ぶ遠大な物語となっているとのこと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シフト 下

2016/03/27 09:53

時間軸は過去に、そして・・・。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

<サイロ三部作>の2作目、『シフト』。
1作目『ウール』は短い期間の話だったけれど、『シフト』にはそもそものはじまりから描かれ、そして最後は『ウール』にリンクする。 その構成力というか、厳密に組み立てられた感じが素晴らしい。
そして今回もタイトルはダブルミーニングなのだった。
これがどう着地するのか!、というわけで早速3作目『ダスト』を引っ張り出してきております。 基本エンタテイメントですが、語りすぎない省略感、あることを描写しながらそれが別の意味のことも説明しているなど適度に文学的なところも美しい。

しかし、やっぱり気になるのは解説の北上次郎氏・・・。
「なんだSFかよ」みたいな表現がなんか腹立つのだよ。
北上氏は自分が偏愛するジャンルについては褒めまくりなのに、そうじゃないジャンルに関してはコメントが蔑視的になるんだよなぁ。 でも、そのジャンルの中の作品にしてはこれは素晴らしく面白い、的に解説で褒めるんだけど、ジャンルはあくまで目安であって、あるのは面白い本か自分には面白さがわからない本かの二種類しかないのに。
で、解説っていうかあらすじ紹介と感想文なんだよなぁ。
個人的には解説には大森望さんのような作品や作者に関連したデータ情報的なものが載っている方がうれしい(だって、あらすじは読んだらわかるし、裏表紙とかに書いているもの。 まぁ、私も本文より解説を先に読んじゃうタイプですが、世間の人の多くは北上氏的解説を立ち読みしてから担保を得る形で本を買うのだろうか)。

ともかくも、「セルフパブリッシングで出てきた作品・作家」に対して懐疑的な部分を持っていたあたしですが、大いに反省しております。(2015年10月読了)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シフト 上

2016/12/12 10:45

サイロ内という閉鎖空間での気の遠くなるような時間の経過の中で、様々な矛盾が蓄積して限界に達し根本的革新という段階に入った時代を描いた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

3部作の2部まで読み終えて、これは凄い作品だと思えてはきたのですが、何しろ時間と場所があっちこっちに飛び、その都度登場人物も異なり(中には呼び名が変わっただけで同一人物もいるが)その関連が分かるのに苦労する。また、話の展開もなかなか仕掛けを見せてくれないため、途中でだれて嫌気がさしてくるのも難点。しかし、徐々に話が一つに収斂し始めてくると俄然面白くなってくる。これは、3部作まとめて一気に読むべき作品だと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・内容、省略・・・・・・・・・・・・・・・
本作は、サイロ内という閉鎖空間での気の遠くなるような時間の経過の中で、様々な矛盾が蓄積して限界に達し根本的革新という段階に入った時代を描いた、402:ヒュー・ハウイー『ウール 上・下』(角川文庫、2013年9月25日、角川書店)の前段にあたる作品である。その時間感覚を知るために『ウール』を探したが何故か見つからない。不思議。止む無く本屋で調べたら、『ウール』では絶対年代は指定されていないようである。なお、この作品は、初めに『ウール』が書かれ、その好評により続編『シフト』が書かれ、その後完結編である『ダスト』が書かれたらしい。全体として、『シフト』が2049年から、完結編の『ダスト』が2345年ということで、約300年にも及ぶ遠大な物語となっているとのこと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。