サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍

消閑の挑戦者 みんなのレビュー

  • 著者:岩井 恭平, イラスト:四季 童子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

将来が楽しみな作家の登場!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:POO - この投稿者のレビュー一覧を見る

角川スニーカー文庫主催の学園小説大賞優秀賞を受賞した作品と聞き、どんなものかと読んでみました。

出版社の紹介文にはゲームちっくな内容とあるので、ありきたりなゲーム世界冒険モノかなぁと思っていたんですが……スイマセン、変な先入観は持たない方がいいですね、ハイ。

様々な色濃い個性を持ったキャラクターたちが多数登場し、派手なアクションをぶちかまし、大胆なストーリーを展開していくわけですが、やはりこの作品の最大の見せ場は「天才vs天才」です。

天才と言われても、そう簡単にイメージは出来ないし、白衣にメガネをかけたキザったらしい天才が出てきたらソッコーでゴミ箱行きだったかもしれません。
だけど、この作品に出てくる二人の天才は、天才だと言われて納得が出来るだけの説得力がありました。
後半、延々と智で智を洗う戦いを二人は繰り広げるわけですが、次々と難解な問いを繰り広げ、次々と湧き出る問いを振り払っていく姿は、爽快感すら得ました。

ライトノベルというジャンルのターゲット層から考えると、難解なストーリーは少々ターゲットを外しているように思いますが、逆に、氾濫しすぎている軟弱なライトノベルに物足りなさを感じている人ならば、ぜひとも挑戦して欲しい一品だと思います。

今作は圧倒的な筆力で最後まで一気に読ませてもらえたし、久しぶりの傑作に出会えたなぁと喜べました。
しかし、不安なのは、まだ新人さんということ……
新人賞だけで終わってしまう作家さんは世の中にたくさんいるわけですし、この圧倒的なパワーが次作にまで繋がるかどうか……

「愛」のつまったファンレターを準備しながら、2作目を待ってみようかと思います(‾∀‾)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

独特なAboymeetsagirl.

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みゅう - この投稿者のレビュー一覧を見る

まとめて岩井さんの作品を買い、ほぼ一気読みに近い状態で読み切りました。
作者さんの全体を通しての印象は、A boy meets a girl.が好きなのだろうなぁと云うこと。
私は「少年と少女が出逢う」と云う始まりは大好きです。しかし、ここまで独特なのもどうかと思います(w 
パートナーである筈の小槙と祥は本当に一緒にいません。よくもまあ、ここまで擦れ違えるものだと感心するほどです。
本当にパートナーなのかと云いたくなるほどなのですが、これが互いに全く接点のない離れた場所で「パートナー」であることを認識し、信頼し、あまつさえ互いに憧れさえ持っているのです。彼女たちにとって、時間や距離は関係ないのでしょう。

登場人物は天才とか人類の王とかそんなのばかりであるにも関わらず、妙に人間くさいのが岩井恭平さんと云う方の書くキャラクターなのかもしれません。

今回は少々残念だと思ったのが、カラー挿絵にもなっているあかりと小槙の対決があまりにもあっけなく終わってしまったことでした。ページ数の問題もあるのでしょうし、編集上の問題もあったのかも知れませんが、もうちょっと二人の対決を書いて欲しかったと思うのです。

しかし小槙と祥が、恐らくその感情が「恋愛」であろうと気付くのは、一体いつのことなのでしょうか…。ずっと気付かないままのような気もします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ドキドキした

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:零螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とあるゲームに巻き込まれてしまった少女と、その少女を守るために戦う少年…。

この作品が他の作品と違う所は、ヒロインとヒーロー(主人公)がゲーム中に一回も会わないこと。まあ、厳密に言えば、一回だけ会って(見て)はいるけど、会話らしい会話は一切していない。
こんなちょっと特殊な環境でヒーローがヒロインを守りたい、ヒロインがヒーローを守りたい(支えたい)と思えるのかぁ?とか、勝手に心配してたけど、あっけなく私の心配は崩された。
最初の方はヒロインの事を言いたい放題言ってたヒーローだけど、最終的には『彼女を守るんだ!!』って言ってたし、ヒロインの方は、さりげなくヒーローを助けていた。う〜ん。すばらすぃ。
成績が学年最下位と言うのに、素晴らしい博識振りを発揮したヒロインには、ちょっと矛盾が残る…。まあ、彼女の場合、ただ単にやる気がないorテスト中にほかの事を考えてたんだろうけど…。

個人的に、この二人の今後が物凄く気になった。
続編希望!!…である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。