サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍

バチカン奇跡調査官 みんなのレビュー

  • 著者:藤木 稟
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー67件

みんなの評価4.1

評価内訳

67 件中 1 件~ 15 件を表示

登場人物の過去がわかる短編集

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MUNINN - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ最新刊は前作の続きではなく、登場キャラクターの過去にまつわる短編集でした。
 ◆◇日だまりのある所◇◆
 ロベルトの学生時代の話。オチは読み始めの時点でわかってしまう感じですが、 最後の本に挟まってた手紙は泣けてくる。他人のためになにかできる人間ってすごいと思う。
 ◆◇天使と悪魔のゲーム◇◆
 きっと次回作に続く一番の伏線なんだろうな。今まで謎だったローレンの姿が明確にされている。平賀とローレンが 出会った時の話。2人の関係性よりも、平賀の話した話の真偽が気になる。ジョンの本名を教えた 時のローレンの反応を見るとよく知ってる人のような雰囲気だけども・・・。
 ◆◇サウロ、闇を祓う手◇◆
 ロベルトと平賀の上司?高名なエクソシスト、サウロの過去。まさか彼の短編まで収録されているとは。 まだ2人は正式な悪魔祓いをしてないから、悪魔祓いの場面はとても興味深かったなぁ。 サウロの義父さんの背中がとても大きくて、あのような人の背を見て育ちたかったな。
 ◆◇ファンタンゴ ◇◆
 ジュリア司祭のお話・・・というのが裏表紙に書いてあったのでわかってましたが、謎は最後の最後に ならないと 明らかにならず、途中はどう関わるのかよくわからなかった。いやだって、ジュリア司祭の名前出てこないし。 ガルドゥネでは人体創生を行ってたんだなぁ。でも、この話を読むと2巻の結末に納得がいきます。 地下の子供部屋にいたのはジョナサンだったのだと。

 とりあえず、本編続きが早く読みたい。
あれ、ビルの過去にまつわる話はなし・・・か?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

突然のサバイバル知識

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は随分と意味深なシーンから始まって、なんとなくいつもと雰囲気が違う感じ。
いつにも増して身体的にハードな場面もあり、作者の知識の幅に驚かされます。
ぱっと見丸く収まっているので、途中しんどいシーンがあっても頑張って読んで欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ホラーっぽいのに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホラー系のレーベルだというのはわかっているけれども、珍しくなかなか解決の糸口が見えないホラーっぽい内容。
最終的に謎は解けるけれども、不穏な終わり方をしてる。
だいぶ前に出て来た伏線をいきなり回収しに来たのでびっくりしたけど、投げっぱなしでなくて安心した気持ちもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読みやすい短編集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みやすいと言っても、いつもの質量が大きいのでそれに比べて気軽に読めるなと言う感じです。
いままでの流れを把握しているとより楽しめるお話だけでは無く、初見の人が読んでも楽しめるものも収録されているのが良い所。
珍しく不穏でない話が収録されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

副題の回収が鮮やか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は気象系の謎を解く感じの内容なのですが、日本の妖怪や怪談などの要素も盛り込まれ、なんとなく馴染みやすい内容かなと思います。
色々な出来事が重なるように起こるので、どれがどの様に繋がるのかわかりづらかったりしますが最後はちゃんと繋がるので安心。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

短編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:作曲好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後の話が特に良かった。ネズミみたいな嫌われやすい動物にも優しいシン博士に癒されました。作中で平賀さんに匹敵する癒し担当キャラだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おもしろい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モモ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どの話も、それぞれの登場人物達の日常が書かれていて、とても楽しく読ませていただきました。
発想が怖いと思う話もありますが、なぜか爽やかに納得できる、ステキな読みごこちでした。
個人的にはシン博士のお話しが一番好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

魔法のような科学

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

出だしはいかにもホラーや怪奇物といった様子で始まるし、話がだいぶ進むまで不思議な現象の糸口が見つからない難事件のお話。
現象の種明かしは強引な部分もありつつ、物理が好きならこう言う話は面白いだろうなと言う感じ。
オカルトと科学が混じり合った不思議なお話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最後までスリリング

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回かなりオカルト色が強い内容で、最後まで謎が解明されない、むしろ最後でまた新たな謎がうまれる内容です。
閉鎖的な町の描写は牧歌的であると言うよりも気怠げで、題材にあった雰囲気になっています。
閉塞感がある内容ですが、最後に開放される感覚がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本当に不可思議

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は本当に、どこまで読んでも謎というかトリックがわからず、最後の方まで不思議に思いながら読みました。
最後まで読んで腑に落ちたかと言われると何とも言いがたいのですが、説得力と意外性のある物だったように感じます。
今回のお話は最後の方まであまり起伏がないというか、大きな変化がない構成な分、結末のインパクトは大きいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

奇跡と伝承

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭で出てくる過去のシーンと本編がどう繋がるのかはじめ不思議だったけれど、中盤あたりからそのあたりが解明されていく。
いろいろなモチーフがパラパラと断片的に出てくるのだけれど、それが上手く回収されるあたりで爽快感がある。
終わり方としてはあまりスッキリはしないかも知れないけれど、全体的にテンポよく読めて読みやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

そういえば

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1巻に続き、教会で起こった不思議なことや事件を解明していくというストーリーなのですが、この巻を読んで思い出しました。そう言えばこの本のレーベル、ホラー文庫だったなって……
1巻を読んだ時にミステリかな?と思ったのですが、今回若干ホラー風味のシーンがあるのでレーベルのことを思い出しました。
今回の内容は、南国の呪術などがまだ残っている地域が舞台になっていて、そう言う風習や生活が残っているところは、現実でもまだまだあるんだろうなと思いました。
飽きさせないストーリーの運び方で、とても読みやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あまり馴染みのない世界の話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤和 - この投稿者のレビュー一覧を見る

教会の中で起こった事件の話という事なのだけれども、一般的にはあまり馴染みのない世界の話かなと思いました。
ミステリなのでいろいろな謎が出てくるのだけれども、いろいろな謎や要素が後になればなるほどとても出てきて、上手くまとまるのか心配になるほど。
若干不明瞭な点は有りながらも、まとめられているのは見事としか言えない。
話の組み方としては、1巻完結ではなく続刊がある事が前提だなと言う感じがしたので2巻も買いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

平賀のひたむきさよ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あひる - この投稿者のレビュー一覧を見る

シン博士とまだうまく打ち解けられていなかった中で、ロベルトに迫る危機。絶体絶命だが、平賀一人では解決できなかったが・・・。月を呑む氷狼に登場したあるものが関係しているので、「おっ」と嬉しくなるだろう。彼の対応も見所。ロベルトの頭脳が今回も光る。心配なのは、彼の頭である。この世界はロベルトの頭部に何か恨みでもあるのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍バチカン奇跡調査官 終末の聖母

2017/06/07 01:14

面白かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読書灯 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙のチャンドラ・シンさんいい味出してます。
最初は冷たい男なのかなと不安になりましたが、かつての親友との悲しいエピソードには涙が止まりませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

67 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。