サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

ラットマン みんなのレビュー

  • 道尾秀介 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本ラットマン

2014/07/10 13:19

う~ん

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレしてしまうので、内容には触れません。ただ、読みやすいけど、深みがないというのか・・・。中高生向きなのかな?本当は星3つ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラットマン

2017/05/20 07:42

あのエレベーターは?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

犯人の視点から見た倒錯物的な感じで進んでいきつつも、終盤の展開は流石の道尾作品でした。作品の全体的な雰囲気が、重たかったのが残念なところ。しかし、姫川の友人の竹内、谷尾の行動に都合良過ぎやろ、と若干の反撥を感じてしまいました。また、最初と最後のエレベーターの挿話が、どういう意味を持っていたのか、最後まで分かりませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラットマン

2016/10/27 09:25

本当の仲間とは、家族とは、愛とは?こんな根源的なことを考えさせるストーリーです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

若手作家です道尾秀介氏が贈る作品です。アマチュアバンドのギタリストの姫川亮は、ある日、スタジオで練習中、不可解な事件に遭遇します。それをきっかけにバンドメンバーの素顔が次々に明らかになっていきます。同時に亮が抱える過去も明らかになります。一体、本当の仲間とはどういうものなのか、家族とは、愛とは、そうした根本的な問題を考えさせるストーリーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラットマン

2016/07/26 20:13

決意小説(至極私的な)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

勘違い、思い違い、思い込み、、が招く悲劇。最後まで答えが分からないのが面白い。これも「思い込み」すなわち「合理化」のなせる技。わたしが今まで読んできた道尾さんの中ではドライな小説に思えた。詩的、情緒的な部分が少ないなと。確かに面白いんだけど、なんとなく物足りない気持ち。しかし、なんだろ、思い込みというのは怖いな。きちんと確認せずに数十年たち当事者が死んでしまったあとに真相がわかるとか、気持ち悪い。不確定要素満載のできごとに出合ったら、わたしは自分が納得できるよう確認しようと決めました。私的決意小説です。笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。