サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍

戻り川心中 みんなのレビュー

  • 連城三紀彦 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本戻り川心中 傑作推理小説

2012/05/18 09:11

匂い立つ情動

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

連城さんの作品は今回初めて手にさせてもらいましたが、素直に「うーむ、すごいな」とうめいてしまいました。さすが名作と謳われるだけある、素晴らしい短編が5つ。基本「花」をテーマに、とてもとても深く、「人間」を描き出しています。ミステリに分類されるようですが、いわゆる世で言うミステリとはまるで違う、と言っていいと思います。これまで読んできたミステリで題材とされた人の死、殺人。どうも何だかプラスチックな感じで、作品の1要素、トリックを展開する為のきっかけ、くらいに扱われがち。だけど元来、人が人を殺すというのにはものすごい心の力が必要で、殺人に至る経緯と言うのも、他人では予想も付かないような感情が付き纏っているはず。その部分を描き上げてこそ、読む側が予想だに出来ないミステリーが出来上がるのではと思います。この作品はまさにその部分を描き上げ、登場人物がこちらが想像だにしない「情」に突き動かされて人を手にかける物語が展開します。
また文章の美しさが非常に際立っていて、これもただのミステリに分類するのは違和感を覚えるほど。生々しいまでに美しい日本語が、人間と人間、男と女の心の襞を描き出しています。その襞の奥に隠された「情」が、まるで文章間から匂い立ってくるよう。その匂いは決してテーマの一つになっている、花の香りではありません。生臭い、と言っても過言ではない程の「人間」の匂い。だからこそ、胸にしみるのだと思います。味わい深い文章で、情に突き動かされた人間たちの物語を堪能してみたいという方に、ぜひオススメ。比類なき、一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍戻り川心中

2017/07/06 19:30

玻璃のような小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

美しい美しいと言われているミステリー。確かにとても美しい。殺人事件の話なのに何故。それは連城さんが編む日本語であったり、情景に現れるこまごまとした物に命が宿っているからだろうと思う。特に眼を引くのが「花」の活かし方。睡蓮だったり菖蒲だったり、何かしら花が印象的に使われている。花の儚さと人間関係、生命の儚さ、やるせなさがうまくシンクロしていて、悲しい話のなかに瞬間的な彩りが作られている。また殺人事件が起こるまでの人間の心の機微、これでもかというほど繊細に書かれている。玻璃のような小説。感銘受けて当然なのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本戻り川心中 傑作推理小説

2017/01/27 12:35

少し前の少し暗い時代

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまぜみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

を疑似体験できたかな、こういうのもサスペンスにはいるのかは疑問ですが。小説としてはGoodです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本戻り川心中 傑作推理小説

2010/10/17 15:16

花の色香が奏でるミステリ。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「こういうミステリ、好きだーっ!!!」
読み終えてすぐ、そう思った。本書に収録されている5編の短編はすべてミステリ。しかしそのどれもに、大したトリックは登場しない。それでも、「ううむっ」と唸らせる何かがある。そしてその「何か」がとっても好みだったのだ。

収録されている短編のタイトルには、花の名前がつけられている(表題作は除く)。藤。桔梗。桐。白蓮。もちろん、タイトルにはないが表題作の『戻り川心中』にも花が登場する。

言いがかりにも似た褒め方になってしまうけれど、この花の選び方が素晴らしい。ここで登場する花は、カタカナじゃ駄目なのだ。かといって、漢字で書けるからと薔薇のような豪奢な花もいただけない。

花にまつわるストーリー。そこに登場する男と女。性的な描写は皆無なのに、どの短編もどことなく艶っぽい。だけどその色気は決して下品なものではなく、ストーリーは儚く美しい。

表題作の『戻り川心中』は、大正時代の歌人・苑田岳葉にまつわるお話(もちろん架空の人物)。二度の心中未遂で女に逝かれ自らは生き残った岳葉。おそらくモデルは『走れメロス』を著したアノ人だろう。この作品は、太宰の女性遍歴をちらりと頭に入れてから読むと、より艶めかしく感じられて良い。
ただ、作中に登場する句のいくつかに「うん?」と思うところがあるので、そこだけはちょっと残念だったかも。


どれもこれも甲乙つけがたいのだけれど、表題作と『桐』が特に好き。



『戻り川心中』収録作品
・藤の香
・桔梗の宿
・桐の棺
・白蓮の寺
・戻り川心中


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍戻り川心中

2017/08/07 04:12

まあまあかな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

情念ミステリともいえる短編集。情念ツイストが効いているので、初めの数個は、ほほう、という感じでよかったが、だんだん、無理やり感が漂ってきた。最後は太宰を連想させるところがよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。