サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ みんなのレビュー

  • 三砂ちづる (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

もう一つの「バブル敗戦」戦後処理

10人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

バブル期、ブランド品に身を固めドンペリを始めとする
高級酒を飲み、高級車を乗り回すことが「幸せ」だと
誤解された時期があった。そう誤解した男も多かったが
最も誤解したのがオンナだった。これにキャリア志向を
あおる産業社会と、ウーマンリブを振り回す左翼学者
(上野千鶴子がその代表で、遥洋子がその宣伝係か)が
見事にタイアップし、「これからのオンナは仕事を
持たねばならない。社会に出て男と対等以上に渡りあわねば
ならない」とする一種の新興宗教が生れた。
こうした宗教観から見ると子育てはキャリアの邪魔であり
専業主婦とは人生の敗北者となる。「くたばれ専業主婦」
なんて本が出たのはこうした宗教観のなせるワザだ。

しかしオウム真理教が破綻したように、この子育ては人生の
重荷だよ宗教(子供なんか産むな宗教)も、あっけなく
崩壊しつつある。口火を切ったのが酒井順子「負け犬の遠吠え」
で、それを完成させたのが本書である。

なんと「結婚しない、子供産まない」オンナは「オニババ」
になるんだそうだ。

でも思わず「納得!」「言えてる!」と叫んでしまいませんか。
やっぱりそうだったのか。結婚もせんと子供も生まない
オンナは鬼婆になるんだ。

これはウソではありません。きちんとした医学的根拠が
あるんだそうです。どうやってオンナがオニババになるのか
という詳しいメカニズムは本書を読んでもらうしかないが
既に20代の女性たちは本書の内容に敏感に反応し早婚志向、
多産志向を強めているんだそうだ。当たり前だ。こういう
本が広く読まれるようになれば日本のバブル敗戦処理も最終
段階を迎え、少子高齢化にも歯止めがかかることになることだ
ろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

女性のからだについて再考した良書です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、とても過激な表題がついていて、思わずその表題に目を奪われがちですが、実は女性の身体について、具体的には思春期、月経、性、出産など、もっとも本質的なことについて再考した書です。本書が出版された2004年には大反響のベストセラーとなり、とにかく「抱腹絶倒の目からウロコ本」といわれたぐらいです。ぜひ、一度、読んで見られてはいかがでしょうか!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あなたの健康を損ないます。

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドアの天国 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私たちは、次の主張をこの数年よく聞いてきたのではないでしょうか。
「人間は数万年前の環境に適応しているので、その当時と近い生活をしなければ身体には不調が起こる。もしくは、人間は現代の生活様式に適応できるかどうかは遺伝的に試されてこなかったのだから、現代の生活様式によって不調を起こす遺伝子はいまだ淘汰されず残っている。」

本書は上の進化論による主張を、母性保護を旨とする疫学者の立場から、フィールドワーク経験を元に訴えるものであると言えます。
すなわち、母性を核にした身体性をおろそかにする社会に唆され、なんにもしないでいると、体の調子が悪くなっちゃうよ。と著者は言うのです。
この本の特徴は、お姉さんの立場から後輩たちにするぶっちゃけ話的語り口だと思うのですが、著者は断言します。
子供を持つか選べるのは今のうちだけなのよ。
世の中なんかどうせ変わらないんだから(『変わってほしいものです』という述べられ方ですが)最終判断者であるあんたが、妥協してでも状況を動かさないといけないの。(男性はお説教の対象にはなっていません)
非常にもっともな内容です。曖昧なのに明快な論理展開に説得されてしまいます。しかし私は、そこに近年警戒されている健康ファシズムを感じるのです。
うまく説明できないので、たとえ話をします。
ここに、二人の人物がいるとします。

 A氏:末期がんの男。
 B氏:A氏の友人。健康体。
B氏がA氏の病室に見舞いに来ます。
「具合はどうだい。肺ガンは苦しいだろう」
「良くはないね」
「それもこれも煙草など吸うからだよ。吸わないことも選べたのに」
「しかし仕事が忙しくて煙草でも吸わないとストレスがたまるのでね。
 誰でもがスローライフが送れるわけじゃない」
「でも君、解雇されたんだろう」
「自業自得だな。しかし人には迷惑はかけていない。」
「かけているじゃないか。
 まず、副流煙の被害、健康保険への圧迫、倒れてから税金払ってない。
 それに苦しみようが見苦しい。喫煙者は社会のお荷物だな」
「自分の選んだ生き方だ、それも仕方ない。
 身体の幸福と、精神の充実は違うと思っている」
「むきになるな。君を責めているんじゃない。
 君は、煙草の広告の被害者だ。
 煙草のかっこよさだけが強調され、害は企業の利益のため隠蔽された。
 これからの世の中では、若者にきちんと教育すればいい。
 喫煙者はいなくなるだろう。宣教師が仕込めば、邪教は消えるものさ」
「君は死にゆく友に優しい言葉をかけてはくれないのか」
「怒るな。病人には理性がないものだ。
 ヨガか座禅でもやったらどうだ。
 古来の知恵を忘れるから病気になるのだよ」
「帰ってくれ。君は僕の助けにはならない。
 君こそ健康に働くことで企業に利用されているのじゃないか」

もしも私がA氏なら友が去った後、トイレで煙草を吸うでしょう。
煙草のうまさは、健康被害と同様に、実在するのです。
ですから、私は近代の否定が伝統回帰である本書の結論を支持できません。
害の少ない煙草の開発や、分煙化、喫煙マナーの向上という選択肢が、この社会に存在するのならば、女の身体にも複数の道があってよいはずです。
例えば、行政によるシングルマザー支援、独身女性による生殖補助医療の活用、養子制度の充実云々。もちろん、伝統の技術を利用することも含めて。
 
批判になってしまいましたが、この本の面白さは、基本理念でも語り口でもなく、具体例であり細部であります。
読者対象である女性や、『負け犬』の次が気になるおじさんたち以外のすべての人に読んでほしいのです。
なぜならば純粋に新奇で面白いトリビアが満載ですから。
それに実用書としても使えます。私は、この本を読んではや数ヶ月、数分ながら月経のコントロールが可能になりましたので。
この本の著者は健康番組に出てほしい学者ナンバーワンです。

 
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フェミ違い

16人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ザボン - この投稿者のレビュー一覧を見る

「結婚したい相手が女でも既婚者でも暴力男でも、どっかの男とは結婚した方がいいよ」とか、「産休も育休も取れないから退職しないといけないし、その後パートでしか働けなくて生活費も教育費もまともに稼げないけど、それでも子どもは産んでおいた方がいいよ」というメッセージというのは、やっぱり「女は、夫の給料安くても男に食わせてもらって、見返りに自分の内臓を使わせて子どもを産んであげる子産みマシーンとして生きろ」というメッセージなのです。子産みマシーンとして国家に奉仕せよ……それでよいのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。