サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍

あの日にドライブ みんなのレビュー

  • 荻原 浩
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本あの日にドライブ

2017/05/06 21:24

偶然

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

自らの不遇を嘆き、もしあのとき別の選択をしていたらというタラレバに思いを馳せる主人公牧村伸郎。しかしそんな空想も、現実を目にするとそれほど良いものではなかったのかもしれないと、そして隣の芝生は青いというように、羨ましいと思っていた人々もそれぞれ苦労を抱えていることを知ると、今の自分を達観して肯定できるようになっていく。
話の展開や最後のオチはもちろん、伸郎の心情によって世界はいろいろな形に映るその表現方法はなかなか面白い。また偶然と必然、たまたまという運をタクシードライバーとギャンブルというまさに一見偶然に左右されていそうで、完全にはそうではないものを題材に選んでいるところも感嘆の念を禁じ得ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あの日にドライブ

2016/01/28 08:58

荻原作品の中でも大好きな作品です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、いろいろと人生について考えさせられる小説です。内容は、主人公があることがきっかけで上司に反発し、リストラされます。彼はエリート意識が高く、なかなか次の職が見つからないのですが、ようやくあるタクシー会社に運転手として雇われます。もともとエリート意識の塊であった主人公は、タクシー運転手という仕事を卑下して、あまりやる気もでません。しかし、ある時、社会の動向や人々の動き、そして暦などを調べることで、どこに客がいそうか推測できるようになります。こうして、タクシー運転手という仕事にも興味をもっていくわけですが。。。。人生は、「ああすればよかった」「こうすればよかった」と悔やむ傾向がありますが、何事にも前向きな姿勢が人生を切り開いていくのではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あの日にドライブ

2016/12/12 10:58

やっぱり荻原さんは、笑いのツボ心得てる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

牧村伸郎は、エリート銀行員からタクシードライバーへ転職。つなぎの為の職場と割り切ってはいるが、毎日営業成績のノルマを超えられず希望する転職もうまくいかずに働いている。一言で銀行を辞めてしまい、もしあの時こうすれば、こう言ってれば、とさまざまな妄想が伸郎の心を満たしてゆく。もし、人生をやり直すとすれば、どこから始めるだろう。こんな人生だったかも、あんな人生だったかも・・・。
随所にクスッと笑いの言葉がちりばめてあり、軽く読める仕上がりになっている。誰でも、もしあの時違った選択をしていれば、と思う。その時その時の判断が間違いだったとは決して思わないように、一所懸命生きていこう、と思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あの日にドライブ

2015/11/24 16:12

過去の自分とか別の人生とか、そんなものは今の自分じゃない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり大雑把にまとめると、主人公の牧村はうまくいっていた銀行員時代が忘れられず、しかしいよいよ新たな銀行への転職にありつけそうにないと気づき始めると、もう一つの人生という妄想に浸り、その末にやっと現実に生きることの魅力を発見する、という物語である。

 物語早々に牧村の状況が説明されているので、このあと牧村の環境はどのように変わっていくのだろうかとワクワクしながら読み進めるものの、銀行員時代への執着、別の人生への妄想が長く続いて息切れしそうになる。
 牧村が現実逃避から目覚めるのは物語も後半。現実逃避もそこそこにし、現実を見つめ直して今に魅力を見出す様子がもっと丁寧に描かれていたら、もっと楽しめたと思う。

 そんな現実逃避と目覚めのバランスに不満はあるものの、銀行を辞めて楽観から切迫へと変化していく牧村の心理描写は絶妙で、焦りと不安の入り交じった気持ちが込み上げてくる。
 しかし、その焦りと不安は、過去の自分に戻りたいけど戻れないという気持ちが創りあげていることが次第に分かってくる。過去の自分は今の自分じゃない。現実に生きていることを開き直って受け止めれば、なんと爽快なことか。

 物語は、ユーモラスな調子で描かれており、気分的に重くなりすぎないのも良かった。たびたび描かれる娘とのコミカルな掛け合いはいつ読んでもホッとさせられる。

 実際は、この物語のように現実を見つめたからと言って人生を再発見するとは限らないが、最後に語られる牧村の思いがとても印象に残った。

「通り過ぎた道に、もう一度戻るのは、ちっとも楽しい事じゃない」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。