サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

バッタを倒しにアフリカへ みんなのレビュー

  • 前野ウルド浩太郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (14件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
19 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2018/01/25 15:07

夢を持ち続けて、昆虫学者になった、そしてアフリカへ

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の彼、小学生の頃にファーブル昆虫記に魅せられて、その夢を持ち続け、昆虫学者になったという。

なんともインパクトがある表紙の写真!
思わず手にとってしまいますよね。
これ、なにって?

彼の名前にウルドが入った感動的なエピソード、
アフリカで満を持してのバッタの大群との遭遇、
サソリに刺されても、
無収入生活に突入しようとも、
ただただ夢に向かってひた走る姿は、
胸にぐんぐん迫って感動を届けてくれます。

日本にバッタフィーバーを!
彼の熱い想いに、彼の支援者がどんどん増えていく。
ページをめくりながら、アフリカのモーリタニアの空気をビシバシ感じながら、
私もすっかり彼のファンになりました。

笑いあり、涙あり、大感動あり!
 夢を語ることの素晴らしさを、
前野ウルド浩太郎さんは身をもって教えてくれました。

実は私、東北地方には行ったことがなくて、ずっと行ってみたいなーと思ってます。
前野さんは秋田出身なんですね。
そして青森の弘前大学ご出身。
実家のお母さんから届いた薬に貼られた付箋の文字を見て、じんわりと心が温かくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2017/08/22 07:33

ポスドク自虐ネタ満載だが、若者に勇気を与える好著

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

ポスドクだった(博士号は取得したが、正規の研究職または教育職についていない者)著者が、「昆虫学者」の研究職という就職先を探すために悪戦苦闘する自虐ネタだが、すごく読ませる物語だ。
本書の柱は3つぐらいある。それらがすべて感動的なのだ。

一つは研究職を得るために、バッタ被害で干ばつとなるアフリカ で一旗揚げようと単身モーリタニア行く。途中京都大学の研究職に応募するも、その戦略が「白眉」である(奇抜)し、著者の葛藤やお金がない悩みが語られる。どう、世の中に自分をアピールしていくのか・・・結構今の若者へ示唆に富んだものとなっている。この本の優れているところは、自虐的に書かれているし、文体も今風「ネット」風なので、同世代に読みやすいところだと思う。上から目線が一切ない。

二つは乗り込んだモーリタニアの異文化に対する驚きと、日本と全く違う文化の人たちを巻き込んで研究を進めるための工夫が面白い。2人の妻を持つ研究所が雇うドライバーや研究所の所長、所長は著者がサソリに射されてもお祈りで治そうとする!
バッタ情報を得るために山羊1頭の賄賂で事がうまく運んだなどなど・・・

三つ目が、昆虫学者であるところの「虫」情報だ。「虫」愛が語られる。しかし、論文発表が本職であるので、バッタはどうやったら退治できるのかはこの本では明かされていない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2019/01/30 21:22

バイタリティに関心しました

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山口太郎丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

研究者のご苦労の実態がよくわかるとともに、バッタ研究にかける熱い情熱を知ることができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2018/06/05 15:52

一発逆転を狙ってモーリタニアに旅立った“バッタ博士"の記録

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

バッタ被害を食い止めるため、バッタ博士は単身、モーリタニアへと旅立った。それが、修羅への道とも知らず。日本の常識が通じない国でのフィールドワーク。試行錯誤しながらも前に進んでいきます。展開が気になってどんどん読み進めてしまいます。「高学歴ワーキングプア」から「虫業界の人気者」になった男。『孤独なバッダが群れるとき』の著者が贈る、科学冒険就職ノンフィクション!圧倒的な表紙に打ちのめされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2017/07/27 12:37

一気読み

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ら君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもの頃の夢をきちんと叶えた人のお話
軽いタッチで書いているけれど、誰もが真似の出来ることではない。感動した。
バッタの生態もわかって、昆虫への愛も湧いた。
(虫大嫌い)
未来ある中学生に読んでもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2018/09/07 08:14

予想をはるかに上回るめちゃくちゃな面白さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Buchi - この投稿者のレビュー一覧を見る

バッタのコスプレ写真の表紙を見れば、単なる科学書ではないことは明白ですが、予想をはるかに上回るめちゃくちゃな面白さでした。
バッタの研究で食べていくんだという強い決意を持ったバッタ博士は、研究所の仲間にヤギの賄賂を贈ったり、ニコニコ動画フェスタに出演したり、なかなかの策士でもあります。
バッタの大発生による被害をくいとめるための研究への熱意のあらわれはこちらも泣けそうになります。 そして、どんな分野の学者でも象牙の塔に引きこもっていてはダメなんだということを再認識。活きた研究は現場に出ることなんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2018/08/28 23:11

情熱の研究者

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らぴす - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は昆虫が大嫌いで、バッタも例外ではないが、モーリタニアという国名に惹かれて本書を手に取った。
かつてお気楽旅行者として訪れたモーリタニアは、とても魅力的な国ではあったけれど、本気のバックパッカーでもない私には、何かとハードな面も多かった。
あの国で研究活動?
ある程度現地の慣習等を知っている、旧宗主国フランスの人ならまだしも、段取りのできることが能力の指標のような日本で生まれ育った人が、ああいう何の予定も立てられない土地で研究活動をするのは、かなりのストレスでは?と読む前から心配になった。
でもそこは、相手がこちらの思惑など知りもしない昆虫が対象の研究者、段取りなど役に立たない分野だったことが幸いしたのだろう。
戸惑いや失敗もありながら、好奇心と研究心が勝り、情熱を失うことなく突き進む様子に、冒険小説か何かのように、非常にワクワクしながら読み進んだ。
読み終えるとスカッとする。前向きになりたいときにオススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍バッタを倒しにアフリカへ

2018/02/14 20:24

体験談は魅力的

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

真剣さ故に目が離せない。
真剣のはずが失敗がある。
そこが読者にはたまらない面白さ。

でも、バッタは倒せたの?!
どうやってバッタを倒したの?!
そこは学会で発表するのかしら?!
そこが謎。
でも過程が愉快!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2018/01/10 22:15

バッタを倒しに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

昆虫学者の著者がバッタを研究するためにアフリカまで行ってしまうお話。異文化理解をしながら、大好きなバッタの生態を調べていく様子が、とにかく面白く、どんどん読めました。バッタをさわれない子供が増えている現実を忘れてしまいそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2018/01/04 16:08

バッタとともに跳んだ人生

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nobita - この投稿者のレビュー一覧を見る

いと羨ましき人生。相手国の価値観や人物を理解したから、ここまでできたのだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2017/12/28 08:49

夢中で羨ましい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:600 - この投稿者のレビュー一覧を見る

秋田出身からか、秋田駅の中にある本屋で山積みされてるのを見た時は表紙の格好を見て、一旦敬遠しちゃいました。後で、このサイトのレビューを見つけ、買いました。感想は、こんなに夢中になって行動力があって羨ましい!そして読んでいい刺激になりました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2017/11/16 01:06

続きが気になって仕方がない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tmk - この投稿者のレビュー一覧を見る

事実は小説より奇なり。
魅力的な文章で分かりやすく、最後まで一気読みしました。
バッタも知らない、研究とは何かも知らない、アフリカの事情も知らない私が、読後にはそれらを周りの家族や友人にに知識として自慢したくなるくらいにまでハマっていました。
人に本を勧めたくなったのはこの本が初めてだと思います。
たいへん偉そうなことを書きますが、私がそのくらいの気持ちになったのも、この本の著者である前野ウルド浩太郎さんが人にご自身の研究を伝えたいという執念があったからでしょう。本当にありがとうございます。
全体的に砕けた文章でコミカルに書かれてはいますが、苦心の日々があったことが伺えます。
大変な努力をなさったことでしょうし、「バッタを倒す」という目標に対して突き進んでいく精神性を見ると、この本はただの日記やエッセイではなく、我々が日々忘れがちな確固たる精神というものを学ぶ教本と言って過言ではありません。
本当に素晴らしい本をありがとうございます。
知は、現場にあります!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2017/10/22 06:34

おもしろすぎる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

昆虫好きが高じて、アフリカのモーリタニアの砂漠に出かけ、バッタの生態を研究する筆者。バッタ被害に悩む現地の人々とのふれあいも楽しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2017/09/27 03:09

カバーの表紙のように、ドン・キ・ホーテ的ではあるが・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オカメ八目 - この投稿者のレビュー一覧を見る

カバーの表紙のように、ドン・キ・ホーテ的ではあるが、一言で言えば「かわいいムシキング少年の、長い旅の中での成長記録」と言っていい。ーーーここまで、やるには、書き切れない苦労と努力がいっぱい有ったと「行間」に、満ち溢れてる。 なにせ、この著者氏の「学習能力」の素早さ、高さに感心する。 まっ、そうじゃなきゃ、ここまで、やっては来られなかったろうから。ーーー読めば、著者のミドルネームの「ウルド」の意味も判る。 また、本の帯の裏には、バッタが「主役はボク」と言ってるが、果たしてバッターーーそれも生きてる大群のバッタに著者は、出会えのだろうか?(テキを倒すにも、出会わなきゃなんないから)も判って来る。 無責任に言わせて貰えれば、「ある種の冒険もの」とも言えそう。 読んでいて、結構静かな興奮を味わうからだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バッタを倒しにアフリカへ

2017/09/24 00:53

バッタが倒れるか己が倒れるか

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

カバー写真を見て、ナスDが思い浮かんでしまいました。著者はナスDに負けない強烈なキャラクターと、強い意志を持った研究者です。時代の先端を行くiPS細胞研究の山中さんでも研究資金調達に苦労するご時世で、バッタの研究で喰っていこうとはなんたる暴挙。それでももがき、歩みを進める姿に素直に感動しました。また、夢を実てんするためにあらゆる手段を講じるバイタリティーはバッタ以上。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

19 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。