サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

殺人鬼がもう一人 みんなのレビュー

  • 若竹七海
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本殺人鬼がもう一人

2019/06/29 05:34

まったく新しい連作短編集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

葉村晶ものかと思ったのですが、まったく新しいシリーズ(?)の連作短編集でした。

東京都心まで電車で約一時間半の場所にある辛夷ヶ丘は、かつては勢いのあるニュータウンだったが今ではさびれたベッドタウン。成長した子供たちは都心へ出ていき、年齢を重ねた親世代が多く残っている、典型的な<さびれた郊外>である。そんな町では事件もなく平和でのどか・・・と思いがちだが、何故か放火殺人があったり、空き巣や詐欺の事件も相次ぎ、ダメ警察官の吹き溜まりと噂される辛夷ヶ丘署は上も下への大騒ぎ。生活安全課に所属する砂井三琴と田中盛が捜査を命じられ・・・。
そこから始まる、個性が強すぎる住人たちのこと。

『ゴブリンシャークの目』
『丘の上の死神』
『黒い袖』
『きれいごとじゃない』
『葬儀の裏で』
『殺人鬼がもう一人』
6編収録。最初の2編は砂井三琴が語り手だが、3編目からはそれぞれ違う語り手に。でも砂井三琴はすべてに登場するし、前の話で名前が出てきた人が次で主要人物になったりといったクロスオーバー感もあり。
田舎町が舞台ならコージーミステリっぽくもできるのに、あえてそことは最も遠い(でもよく考えたら遠くないのか)、人の悪意どころではないダークでヘヴィななにかがてんこ盛りの方向に。でも文体はどこかユーモアを漂わせているので余計にたちが悪く、「なにこれ、ホラー!」と大変気分が重くなる感じ。
勿論、面白いんですよ! 面白いんだけど・・・イヤミスなら重いほうがまだ耐えられる。軽いタッチのイヤミスってこんなにイヤな気持ちになるか、とびっくり。
こういう<底意地の悪さ>が若竹七海の真骨頂だと言われれば確かにその通りなんですけど・・・思いのほか、自分が“良識の徒”なのだと気づかされてしまいました。
でもきっと、もしこれの続編が出たら読んじゃうんだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本殺人鬼がもう一人

2019/05/19 23:59

私は楽しめた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぷりしら - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は、事件を解決しつつちょっとした刑事の(不正な)役得をユーモラスに語る作品かと思っていたが
ユーモラスどころか完全にブラックな小説だった。
このブラックさを楽しめる人にとってはよく出来た面白い小説なのだが、
人によっては全然受け入れられない類のものだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本殺人鬼がもう一人

2019/07/11 07:52

短編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編の不思議なミステリーでした。個人的には面白くて好きでしたが、不思議な感覚の作品なので好き嫌いはあるかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。