サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

座間味くんの推理 みんなのレビュー

  • 石持浅海
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本玩具店の英雄

2016/09/25 21:11

座間味くんシリーズの3冊目。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつきちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作に引き続き、大迫警視正と飲みながら事件を推理する安楽椅子スタイルは変わりませんが。
今作からは科警研所属の女性警察官、津久井操がレギュラーメンバーとして、推理する案件を持ち込みます。
過去に起こった警備部の事件、対象警護の成功例失敗例を分析し、以降の事件発生抑制に繋げる。
そんな話の中で、座間味くんが驚きの推理を披露します。

この表紙の装丁が面白いですね。
水の入ったグラス1つで、今まで見ていた世界が反転する。
まさに小説の内容もそんな感じで、プロの警察官が疑っても見なかった世界を、座間味くんがあっさりと覆します。
あとはいつものことながら、3人が食べてるメニューが美味しそうですねぇ。
美味しい食べ物とミステリィ、こんな幸せな組み合わせは他にありませんvv

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本月の扉 長編推理小説

2008/05/29 09:45

ごった混ぜのミステリー

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

登校拒否など問題を抱えた子供達を預かり数日キャンプで共に過ごすだけで、学校に・・・社会に戻って行けるだけの強さを身につけさせることが出来るカリスマ的存在「師匠」と呼ばれる男がいた。
彼の名は石嶺。ごく普通のおじさんであり、子供達を矯正するでも、金を巻き上げるでもなく、宗教団体ですらない無欲な彼は、「その日」に月への扉を開けあちらの世界へ『飛ぶ』・・・のだという。
しかし直前、師匠は不当逮捕され彼を崇拝するもとキャンプ参加者達は意外な行動をとる。ハイジャックで人質をとり、定時までに師匠・石嶺を旅客機内に連れて来いという要求。
なぜ釈放ではないのか?その時間に何が起こるのか?謎が重なる。
ハイジャックまでは順調だった・・・が、人質の母親が機内のトイレ内で変死したことで事態が急展開する。

とまあ、こんな感じで話は進む。
旅客機のトイレという密室殺人、名探偵?の登場。ファンタジック(あるいはオカルト)的な信念。
謎の動機と謎の要求。 そして情緒的なラスト。

あれもこれもてんこ盛りに組み合わせたコラージュのようjな作品だが、まとまりがあり会話や場面転換、過去と現在のつながりなどなかなかユーモラスだ。最後の最後で大きなどんでん返しがあるし、そこまでの展開がわかりやすいだけにヤラレタ!という衝撃があった。ただ犯人達の動機が弱い気もするし、こんなことしなくても十分解決策はあるだろうに、と詰めの甘さもある。
面白い組み合わせではあるが、どれもパーツが甘い。過去の部分などが殆ど現在の人物によって「語られ」ているせいだろうか、どうにも重みが無い。
もう少し一つ一つのパーツ・・・特に動機のもととなる彼らキャンプでの情景をもう少し深く取り入れ、さらに言えば彼らにハイジャックまでさせるほどの「師匠」のカリスマ性とやらをもっと如実に解らせて欲しかった。
しかしなかなか切り口は面白いし、このごった混ぜの楽しみもまた一興。まずこの作品を読んで自分がどんなミステリーをより詳しく深く読んで行きたいのか方向性を考える、なんていうのも面白いかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本月の扉 長編推理小説

2006/10/25 10:57

月の幽玄さをもう少し醸して欲しいか。

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリ作品の良し悪しを判断する際に、その「現実性」というのは結構重要なポイントだと思う。例えば密室を作るのに「精密なロボット」はもうがっくり。「コンピュータプログラムで」ってのも辟易とするし、実は銃を使った殺人ていうのも、日本を舞台としたミステリではあまり現実的ではない。ごろごろと死体が増えて行くような作品も、またしかりだったりする。
その点本作品ににて使われる道具は非常に身近な物であって、舞台もそう現実離れしているとは思わない。こういう舞台でそういう事件を起こすことはまあ、可能かなと思わせる。また読者の思考の裏側を付くやり方、これは見事だったと思う。至る所で「ほほう」と唸らされる展開。真実は見える物の、裏側にある的な作りはうまかった。・・・ただ。
どうも、設定に説得力が無い。「危険なほどのカリスマ性」は「説明は出来ないけどそうなのだ」とか、そのキャンプに参加した子供達は「ナゼか元気になってしまう」とか、どうも何かうやむやだったりする。またそこにたまたま居合わせた青年が、ホームズよろしく恐ろしいまでの推理力で真実を見つけ出して行ってしまう、って設定もちょっと苦しい。そこらへんに、読む側をそれなりに納得させる設定がされていれば、言語道断だったと思うのだが。
タイトル通り「月」を非常に幽玄たる存在と扱い、その秘めたる力を使って・・・的な展開の割りに、その月自体がちょっと置いてきぼりな感も。もっともっと深い物語が出来上がったような感がする分、もったいなく感じてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本玩具店の英雄

2018/08/06 14:18

石持浅海氏は短編の方が良いと思う

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

7編からなる連作短編集

今回の作品はタイトルにもある「座間味くん」が初めから名探偵的人物として設定されたいるので、探偵役が推理を披露する中で超人的な思考を行使しても、すんなりと違和感なく受け入れられました。

石持氏の作品に出てくるキャラはどれも作り物感が強くて、魅力が私には感じられないので、この作品のようにトリックやプロットだけを生かす短編の方が良いように思いました。

7編とも推理を披露する場所として飲食店が使われ、それぞれ料理も登場しますが、
北森鴻氏の香菜里屋シリーズのように読み手の食欲を刺激することは皆無です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本玩具店の英雄

2015/12/14 21:07

座間味くんだから。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

座間味くんのつかみどころがないキャラが結構好きです。
飲み屋さんで飲みながら話聞いただけで解決の糸口とか見つけちゃうのズルいとか思うけど、良いの座間味くんだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本月の扉 長編推理小説

2015/06/23 19:54

もやもや…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤枝 雅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的に、読後感によって本の良し悪しを判断しています。その際に重視しているのは、勧善懲悪という点です。殺人を犯した犯人などがその罪を罰せられることなく終わってしまうという小説、主人公が幸せになれない小説は、読後感がもやもやしたものに感じられます。
この小説はたしかに犯人を追いつめていく手法は素晴らしいと思います。しかし、主人公、および犯人の結末がもやもやしたものに感じられました。帯に書かれているように、「美しい」ものには感じられません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。