サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

高慢と偏見 みんなのレビュー

  • オースティン (著), 小尾芙佐 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本高慢と偏見 上

2019/04/19 14:58

ロマンス小説の原点

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:apple2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

未だこれを超えるロマンス小説に出会ったことはありません。
リジーとダーシー、客観的に見ると凄く魅力的な二人、だとも思えないのですが、この回りくどさも含め時代背景であり物語の一部だと思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本高慢と偏見 下

2011/12/20 07:42

エリザベスの成長と、強さ。おっとりとした恋愛模様かと思うと、それだけじゃないんですこれが。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アヴォカド - この投稿者のレビュー一覧を見る

オースティンの面白さを、正確に表してみようとすると、なんだかう〜んと唸ってしまう。面白さ、と言っていいのかどうかもアヤしい気がする。
しかし惹かれる、読みたいと思うのは何故だろう。

激しさや、これと言って大きなアップダウンがあるわけではないんである。静かで、牧歌的とも言えるかもしれない。
恋愛沙汰にしても、キッタハッタや転落があるわけではない。

そもそもが生活に困らないお金持ちの人たちの話なので、気持ちが切羽詰まったりしないんである。
邸があって庭園があって馬車やパーティがあって。部類で言えば、コージーな。

TVの昔の”トレンディドラマ”の時も、「あんたたち、少しはマジメに仕事しなさいよ!!」と思っていたが、ここにいる人たちには女性はともかく男性たちにも、差し迫った仕事の様子は見えない。
おっとりと、恋愛や人の気持ちにかまけていられる。
そういう意味では、19世紀の”トレンディドラマ”、と見ることも出来る。。。

「ああ、リジー、愛情のない結婚だけはしないでちょうだい」なんてセリフも差し込まれはするが、愛情も何も、相手の方にお金あってのことである。
母親も、娘たちのお相手に関しての基準は「資産」のようで、リディア→ジェイン→エリザベスとヒートアップしていく様子が可笑しい。

一番好きなのは、もちろん、エリザベスの、レディ・キャサリンへの啖呵の場面である。そーだ、言ったれ言ったれ、と心の中で大応援、大喝采である。エリザベスという女性のバイタリティが頼もしく、眩しい。
このシーンがあるからこそ、おっとりとした恋愛模様だけでなく、しっかりメリハリがついているのだと思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本高慢と偏見 下

2017/03/12 21:02

少女漫画のように楽しんで読めてしまった。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新訳のおかげか、少し前の少女漫画を読むような感じで楽しんで読めた。
当時の人達は、上流の人は財産を散逸させぬようにしているし中流では新たな権利を手に入れようと躍起になっている。だからこそ身分に捕われず好きにものを言うエリザベスが魅力的に見える。彼女は殆ど無敵で、まともな恋敵も居ない。真の敵は自身の偏見なので、それを破ってくれたダーシーに恋することになる。
悪役が傷つけるのも彼女自身ではなく、その家名だ。お金で問題が解決されると、少女漫画ならかえって気持ちが信じられなくなって連載が長引きそうだが、その辺は行き違いも無くアッサリ。

細かい感想。
母を恥ずかしく思う若い主人公に、いつの時代も人間は変わらないなあと思ったが、この本の時代が、価値観の変わり目というのもあるのかな。
エリザベスがダーシーの妹に好かれる描写は、間接的にエリザベスの魅力を照らし出すようで、読んでて気分が良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。