サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

凜一シリーズ みんなのレビュー

  • 長野まゆみ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本白昼堂々

2003/10/01 22:08

想いの形

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢居すだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

 実は、上海少年に収録されているのを読んだ時、私はこれが「恋愛」の物語として書かれたことに気が付きませんでした。
 私は、凜一をいわゆる「まともな」少年だと思っていて、ラストで氷川が凜一に好意を示し始めたのも、今までの作品に見られたような(?)ほのかな、微妙な気持ちの揺れ動きの芽生えを描いたものだと解釈していたのです(所々に性的要素があるのは気になりませんでした。長野さんの作品にどんな突拍子もない描写が出てきても、今更驚きはしないので……)。
 単行本が発行されてみて初めてやっと「全体がそういう趣旨で書かれている」ということを理解しました。

 それまでの作品では、少年同士の性的な関係はごく自然に生活の一部みたいになっていて、特に恋愛感情がどうのこうのという次元で語られる事はありませんでした。
 ですから、むしろここにきてハッキリと「同性愛」という枠で囲い、改めてテーマにされたことは、長野読者としては「何で今さら?」と怪訝に思わずにはいられませんでした。

 白昼堂々シリーズが世に出されたきっかけの一つとして、長野さんがJUNE系のノベルズに触れたことが挙げられるようです。
 インタヴュー等の中で、彼女はJUNEについて「どれを読んでも爆笑してしまう」と述べていますが、一方で「爆笑してしまうほど馬鹿馬鹿しいと思えるものを、どこまで真面目に書きうるか挑戦してみたかった」と述べたと聞いています。
 それは、白昼堂々シリーズがおおっぴらな「純文学版JUNE」であるという単なる裏付けではないように聞こえます。
 長野さんは、少年愛を「恋愛」という観点から表現することに関心を持ち始めたのではないでしょうか。

 今まで前提とされていた少年たちのセクシャルな描写は、無意識な愛、家族的な愛、友情を超越した愛、歪んだ愛情から吐き出された欲、愛の渇き……「愛」から来るものであり、ある日突然出会って惹かれた、という「恋」という形態を取って表れるものではなかったように思います。
 事実、このシリーズ以降、長野作品では、少年愛が「恋愛」という位置でたびたび扱われるようになってきました。

 当時、このシリーズは、賛否両論作品の一つとして読者に取り沙汰されました。
 「まるっきりのJUNEノベルズとレベルが変わらない」という批判も多かったのですが、凜一という人物像の不可解さによるものも多かったのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白昼堂々

2002/01/05 22:54

物語の結末をどうしても知りたくなる一冊

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藍桐  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 少年愛というか同性愛というか、そういう話になるのでしょうか、この作品は。最近爆発的にはやっているような気がする同性愛モノですが、この作品はその流行のものとは少し違う気がしました。どこがというと、とにかく自分が異常だということを主人公が徹底的に自覚しているという点です。同性しか好きにならない自分に対してあまり違和感を持たないキャラクターがこのジャンルでは多い中で、この作品は主人公がちゃんと自分の異常さを自覚し、そして悩んでいます。だからこそ、物語は切ないし重たいものになっています。主人公を周りで支える親戚達もそれぞれに悩みや痛みを抱えている。その悩みや痛みは決して彼らだけのものではなくて、読んでいる読者にも少なからず当てはまる、そこがこの物語を重たく、切なく、そして引き込まれる作品にしていると思いました。

 シリーズはまだこれが始まったばかり、とにかく登場人物達の行く末が気になりますので、シリーズの次の作品へと手をのばさずにはいられません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白昼堂々

2005/09/20 17:30

続き、読むかなあ・・・

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

凛一が体調を崩し寝込んでいる間に、高等部への進級試験を従姉の省子が替え玉として受けることになったことから話は始まる。
長野まゆみさんは始めて読む私は、このインパクトのある出だしで「あっ、これは当たりかも」と期待したのだが、正直、外してしまった感がぬぐえない。
文面の雰囲気は好きなのだが、どうにも中途半端な感じがするのだ。
それはこのお話が同性間の恋愛をテーマとしているのに、全て都合良過ぎて不自然だからだと思う。
登場する人物達は同性間の恋愛に対し、そういう性向の持ち主だったり、抵抗を感じないタイプだったりだし、主人公の凛一は、女性と間違えられるような容姿で、すぐに倒れて入院してしまうような虚弱体質、しかも高校生で華道の師範なんて設定だし。
ちょっと出来過ぎじゃあございませんか。
同性間の恋愛に対し、世の中そんな寛容な人間ばかりじゃないと思うのですが。
現実感があまりにないので、文学として読むと不満足。
でも、あくまでファンタジーとして読む分には問題ないのかな。
水に緑の絵の具を落としたような雰囲気は良いのだけど、シリーズとしてあと3冊あるんですよね。読むかどうか迷ってます・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。