サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

影の王国 みんなのレビュー

  • 榎木洋子, 羽原よしかづ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (17件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
20 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本ファントム・ペイン

2002/05/17 20:21

白い服の男の正体は…?

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杏花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 地球に降り立っていた王子の一人、月留は夜毎見る悪夢と、日を浴びると起こる胸を貫くような「幻の痛み」に苦しんでいた。そんな中、月哉が白い服の男に胸を刺され深い傷を負ってしまう。白い男の狙いは王子二人のようで…。影の王国第三弾。ファントム・ペインの前編です。
 月哉が刺されたことで本来の姿となり、学校の女子に狙われます(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

月哉の魂が…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

深夜、家を抜け出す月留。その姿は、月の世界にいるはずの長兄・白藍に変わり、月哉に攻撃を仕掛けてきた!ファントム・ペインの後編。前回のたくさん出てきた謎が今回いろいろ明らかになった。瞳の母親、月哉の両親と祖父母、謎のタラシの正体など。 月哉の魂が囚われてしまって、次巻からイヤルドと一緒に月の世界へ。やっぱり腹黒の白藍が一番嫌いだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍影の王国5 ブラインド・アレイ

2017/09/12 15:29

舞台は月の王国へ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

月留、瞳、イヤルドたちが月哉を助けるために月の王国へ。新キラがたくさん登場。月の王が残忍そうには見えないよ。白藍のほうがしっくりくる。古着を着るのがそんなに嫌なのか月留坊ちゃん。ヒロインが眠り姫になるのはよくあるけど、ヒーローが眠り姫なるのはないよね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍影の王国3 ファントム・ペイン

2017/09/12 15:28

白、紫、黄の王子が登場

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

地球に降り立っていた王子の一人、月留は夜毎見る悪夢と、日を浴びると起こる胸を貫くような「幻の痛み」に苦しんでいた。そんな中、月哉が白い服の男に胸を刺され深い傷を負ってしまう。月哉は相変わらず瞳以外の人には冷たいな。今回初登場の白の王子は好きになれない。何を考えているのか分からない腹黒?な白の王子

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍影の王国2 エスケープ・ゴート

2017/09/11 18:31

影の王国シリーズ2

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人見としての能力が少し使えるようになった瞳と、同じように月の血を引いている月哉。満月の翌日、瞳のクラスに転入してきた美貌の少年・名倉月留。クラスメートの注目を集めながら、なぜか瞳にしつこくつきまとう。弟くんと謎の剣士イヤルド登場。腹違いの弟・月留が来たことで、やきもちを焼いている月哉が可愛い。最初と最後で月留のキャラが違う。勘違いってこわいな。それよりも月哉と瞳の関係がもどかしい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ファンタジー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤い満月を見たことが引き金になり、瞳の眠っていた力が目覚めてしまう。影の中だけに現れる白い蔦、不気味な怪物…。戸惑うばかりの瞳だったが、ある事件が起こり…。学園ホラーファンタジー。瞳と月哉の美男美女コンビで影に立ち向かう。イラストが綺麗。榎木洋子作品の中ではこれが一番好きです。ツンデレな月哉が好き。ペット死骸とかこれはティーンズ向けでない描写もあり

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本十六夜異聞 2

2002/07/31 19:38

終わった王国。始まるこれから。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杏花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 王と人見の巫女との捩れた関係は二人の王—百雷と月哉によって断ち切られ、月の王国は崩壊の道を歩み始めた。だが、新王イヤルドを中心に、完全に崩壊するまでの五十年間で全ての民を地上に移す計画が王宮で極秘に進められていた。月留もイヤルドに協力し、多忙な日々を送っていた。そんなある日、月留の祖父—母の生まれである黄家の長老から月留に面会の希望が寄せられる。が、にべもなく月留は断る。しかし、何度も来る面会希望の声。仕方なく黄家に行くことに。だが、行った黄家には他の家の長老たちまでいて・・・。
 王国のその後です。本編とこの外伝で本当の「終わり」です。緊迫感はないですね。暗い部分も少ないです。それは、この巻が血を流す王国が終わったことを如実に語ってくれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本十六夜異聞

2002/07/24 21:05

初の番外編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杏花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 つい最近月から奇跡的に帰ってくることができたサツキ。寒く細かい雨が降る春先のある日、公園で雨宿りをしている少年を見つける。少年を不憫に思ったサツキは、傘を持って彼のいる公園に行く。すると、そこで信じられないものを見た。少年が、月の王国の、月の住人にしか見えない白い蔦を掴んだのだ! 驚いたサツキは逃げ出してしまう。が、また翌日公園に行くと少年はいた。名を訊くと、彼は月哉と名乗る。月哉が高校に入る前のお話。
 影の王国初の番外編です。計四編入っていて、中にはイヤルドの若い頃—ザッカレーでの初仕事の話など、本編では見れないものも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ブルー・ムーン

2002/07/24 21:04

ファイナル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杏花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新たな王となった月哉—緋月のもと、王国の大改革が進められていた。その一方で、王宮に巣くう人見の巫女たちは瞳を仲間にしようと、瞳を操って自分たちの核となっている壁まで来させ、とうとう瞳を壁に招き入れることに成功する!! 瞳がいないのに気付いた月哉たち。瞳を捜し出すが、新たな疑問が次々と沸き上がってくる。そして再び王宮に舞い戻った百雷。二人の戦いが近付きつつあった。影の王国最終バトル!!
 次の外伝一巻を含め、そこで本当の最後となりますが、戦いはここまで。百雷と月哉—父と子の戦い、マリと瞳—母と子の再会、果てしなく続いてきた王と人見の巫女との関係…。様々なものに終止符が打たれます。今回表紙がとてもいいです。まさに最終巻にぴったりのイラストです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ダブル・ギャンビット

2002/07/24 21:03

再び王座を巡る戦い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杏花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 白藍を倒し、瞳を助け出した月哉たち。そのまま王宮を去ろうとしたが、白藍が連れて逃げた蘇芳を助け出すことに。そこで、瞳たちは町の中に潜伏して蘇芳を捜し始める。だが、王宮の追っ手たちが瞳たちを見つけ、包囲してしまう。それを強行突破しようとするが、そんな必要はなかった。なぜなら、王宮の兵士たちは追ってきたのではなく、月哉を捜していたのだ。月哉を新たな王とするために!! 戸惑う月哉だったが…。
 クライマックスに近付きつつある影の王国。敵は月哉を王に、瞳を自分たちの仲間にしようと考えを巡らせ、罠に落としていこうとします。そして、瞳たちの知らないところで百雷と白藍の戦いが繰り広げられていきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シャドウ・レイディズ

2002/07/23 21:14

真の王国の支配者

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杏花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 白藍によって囚われの身となってしまった瞳。白藍は、マリを茨の檻から救い出すために、瞳に王に仕える巫女になるように要求する。だが、瞳は王に仕える巫女にはなっていけないとマリから暗示をかけられていた。王にしか見えない巫女たちに疑問を持った白藍は、王宮にあるといわれている、王のみにしか開かれないという謎の部屋を探し始めるが…。
 亡霊のように王宮に巣くっている人見の巫女たちの真実がだんだんと明らかになっていきます。その欲深さ、嫉妬深さ…。月哉と瞳を真に欲しがっているのは彼女たちでしょう。ここから、ストーリーは大きく変わってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本フリップ・サイド

2002/07/23 21:12

待っているよ。君を…。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杏花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 地球に帰って来た瞳と月哉は、いつも通りの生活を過ごす。家族がいて、友達がいて…。だが、二人は月留が月に残ったことに心を痛めていた。そんな中、瞳は月哉の祖母、ことから貰った指輪によって過去を夢見する。その指輪は、月哉の母、カヤティーザのものだった。指輪によって見た過去。瞳の母、マリに会い、マリの兄である百雷との出会い。そして、なぜマリは地球に行き、なぜカヤティーザは月哉を生んだのか…。瞳は過去を見たことで、まだ自分はやらなくてはならないことがあるのではないかと思い始め…。
 ほっと一息いれたところでまた事件です。まだ、瞳と月哉は月の呪縛から抜け出せていません。月哉の変わり様が面白いです。メインは過去話ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本テイク・サンクチュアリ

2002/07/23 21:11

緑青

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杏花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 パタナは白妃の計らいによって白の王子の血を得たため、自分が青の王子だったことを思い出す。そして、王が本当に望んでいることを知り、月哉を王の呪縛から解放する。その方法を教えたのは、瞳の母、マリだった。自分の体に戻った月哉はサバーフ神殿を目指す。その一方、瞳は修行の中で母の過去を知る。そこには、驚くべき事実があった!!
 マリの過去はかなり衝撃的なものでしたね。生まれから、死ぬまでを一気に紐解いています。微笑ましくも、悲しくもあります。そして、三手に別れていた主要メンバー三人がが再会を果たします。そして、地球に帰るんですが…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本コッパー・ラスト

2002/07/23 21:10

あそこに行けば、殺されてしまいます…。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杏花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 サバーフ神殿を目指す瞳、浅葉と炎の精霊ウ゛ァーディグ。神殿の近くに行くキャラバンの馬車に便乗させてもらった。しかし、キャラバンの隊長レシビスは瞳たちを人買いに売ろうとしていた!! それに気付いた瞳は自分が人見だと告げるが…。
 メインは瞳の神殿での修行話です。頑張っている瞳がとてもいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ファントム・ペイン 2

2002/05/18 22:42

明らかになる白い服の男の正体

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杏花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 月哉を襲った白い服の男はついに行動に出始めた。瞳に会い、そのときの記憶を消し、瞳たちの住む町に雪を降らせ始めたのだ。しかも、雪に混じって大量の月鬼が隠れていた。そして、月留はいまだ時たま消えている記憶に不安を募らせる。ある夜、白い男は月哉に攻撃を仕掛けてきた。胸騒ぎを感じて目を覚ました瞳の前には月の世界の者がいて、月哉の戦っている場所に連れて行ってくれる。そこで見た白い男の正体は…!
 ファントム・ペインの後編です。見所は最初の方。月哉と瞳の描かれている挿絵は見物です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

20 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。