サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

真夜中のマーチ みんなのレビュー

  • 奥田英朗
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍真夜中のマーチ

2019/07/19 22:22

サイコーに楽しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キッスあーみー - この投稿者のレビュー一覧を見る

明るい気分になれる小説です。登場人物にみな愛嬌があり、展開も目を離せない。
奥田さんの小説の特徴ですがヒロインの心情描写が、男性の私からは考えられないくらい上手いと思います。女性の評価がきいてみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真夜中のマーチ

2018/05/31 22:12

人間くさくて笑える

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

奥田英朗の『真夜中のマーチ』を、楽しんで読了。
大金を横取りしようという、ワルイことをする話なのですが、痛快で面白い。
悪いやつがいっぱい出てくるのに、どこか人間くさくて笑えるようなところもあります。
ひどい目にはあうけど、だれも死なず、悲惨なことはない終わり方がいいのかな。
これは、さすが奥田英朗です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真夜中のマーチ

2017/10/22 06:04

気の合う3人

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

青年実業家になり切れない主人公と冴えない商社マンが笑いを誘います。謎めいた美女と挑む一攫千金に引き込まれていきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真夜中のマーチ

2008/06/13 18:35

多才な作家のライトな小説

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ココロの本棚 - この投稿者のレビュー一覧を見る

特別に新しい設定でもストーリーでもないのですが、そこはさすが奥田英朗さん。
魅力的な登場人物と、スピーディーな展開力で最後まで楽しく読ませてくれます。

裏の世界を描くクライムノベルの要素もあるのですが、感触はとてもライト。
最初のほうは主人公の人間性が鼻をつきますが、途中から愛すべきキャラクターに変化していきます。
かっこつけで人を馬鹿にしたような態度をとる主人公「ヨコケン」が、仲間に振り回されて苦労しながらも成長していく姿は好印象。

謎めいた美女「クロチェ」は、アニメなどの女盗賊そのもののかっこいいイメージ。
商社のダメ社員「ミタゾウ」のキャラクターはとてもおもしろい!

サプライズは少ないけれど、爽快な読後でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真夜中のマーチ

2007/01/30 17:10

斬新性に欠けたか。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

奥田秀朗と言う人、これまたカテゴライズの難しい作家である。「最悪」や「邪魔」を読んで、人間が壊れていく様・狂って行く様を書かせたらピカイチだな、と思っていた。・・・ところが。「インザプール」では壊れて狂った人間wを書いて、直木賞を取ってしまった。言葉は似ているけれど、その実は全く別物。別カテゴリと言っていいと思う。さて本作はというと・・・これまたカテゴリ違いと言っていいだろう、クライムノベルである。
お見合いパーティを主催するヨコケンは、街のチンピラだ。ある日トンだ勘違いの儲け話から、ヤクザに愛車を巻き上げられてしまう。その勘違いの元凶、ミタゾウと組んで逆にヤクザから金を奪おうとする。ところが今度は謎の女が現れて、また二人は窮地に追い込まれるのだった。その謎の女が口にする、10億円強奪の話。3人と1匹はチームとなって、巨額の現金強奪に乗り出すのだが。日本のヤクザに中国マフィアまで絡んで、話しはトンでも無い大騒動に発展してしまう。ここまで来たら、もう後には引けない。追って追われて盗られて盗って。さあ、最後に笑うのは・・・誰だ!?
非常に読みやすく、さらさらとページが進む。ただちょっと気になるのは、斬新性。何かどっか、読んだような感じが拭えなかった。キャラクタやトリック、話のまとめ方。いや物語そのものも、どの部分を取っても、新しさが無いように感じてしまう。何か一つ、おお!とこちらを唸らせる物があったら、良かったかなと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真夜中のマーチ

2018/07/09 14:05

楽しく読めます。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ROVA - この投稿者のレビュー一覧を見る

エンタメ性の高い奥田作品、という感じの気負わず読める作品です。
『痛快クライムノベル』とありますが、最初主役っぽかったヨコチ・・・ヨコケンが
最終的にほぼ存在感/zeroになってるのがある意味一番痛快です(笑)
ミタゾウのキャラが好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。