サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

コンビニ・ララバイ みんなのレビュー

  • 池永陽 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本コンビニ・ララバイ

2015/05/05 10:08

人間らしさがよくでた作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トモサンマン - この投稿者のレビュー一覧を見る

コンビニを舞台に、いろいろな人間ドラマを書かれていますが、親子、夫婦、大人と高校生、いろいろな人間関係と、そこにある人間らしい感情ややり取りが表現されていて、非常に興味深く読めました。

一つ一つは短編くらいのお話なので、短編ごとに区切って読んでいもいいですし、一気に読んでも楽しい作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本コンビニ・ララバイ

2013/11/25 08:07

コンビニを舞台に人間模様様々

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

池永の連作小説で、今回は舞台はコンビニエンスストアである。たしかに誰でも行くところである。それぞれの客は色々な事情を抱えているかも知れない。前回『珈琲屋の人々』を読んだ。これは喫茶店が舞台であった。こっちの方が様々な事情を持っている人が来店し、マスターが声をかけてそれを聞き出すようなことも出来そうな設定である。

 そこへ行くとコンビニは買い物には行くが、とてもゆっくり話を聞いたり、意見を交換したりする場ではないような気がする。店主が主人公であるが、不幸な過去を抱えているせいか、仕事に身が入らない。それを助けるのがバイトの店員である。こちらも幸福な生活を送っているとは言えない。しかし、店主にひかれるところがある。

 この2人を中心に7つの短編それぞれに中心人物を配して、ストーリーを展開させている。実際のコンビニは人を中心というよりは、経営の方に関心を持たざるを得ないであろう。単価が安い商品ばかりなので、とにかく数を稼がなければいけない。それに本部が決めたルールはその地域ごとに変化を付けて適用していかないととても客がついてこない。

 こういう設定でのストーリー展開はなかなか骨が折れるであろう。したがって、実際はそれほど始終人間関係でストーリーを作り、話を盛り上げるような材料はないように思われる。そう言ってしまっては小説など成り立たない。そして、登場人物の性格であるが、これもこんなやつがいるのかと思わせるほど風変わりな人物が多い。その点を除けば本書の出来はなかなかよかった。

 どこにでもありそうな、誰でも来店しそうなコンビニエンスストアである。短編それぞれの中心人物も年齢は多彩で、しかも職業も様々である。ネタ探しには事欠かないように見えるのだが、バランスを取ろうとすると結構難儀しそうである。主人公の店主は経営にはあまり頓着していないように描かれている。

 単価が安いから細かい金額でもおざなりにできないはずである。近所でもコンビニが潰れるケースは結構ある。こんな経営状態ではこの店は続かないのではないかと読者に心配させる。その前に主人を助けるバイトの店員から始終指摘を受けているので、これも杞憂に終わるのであろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。