サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

追想五断章 みんなのレビュー

  • 米澤穂信 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本追想五断章

2019/02/01 22:23

ミステリーファン必見!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

米澤穂信のミステリー小説である。ミステリーというと、殺人事件と相場が立ちそうであるが、米澤の小説では必ずしも殺人とは限らない。神山高校古典部のシリーズでは、内容は所謂青春モノであるが、至る所に探偵風味の味付けが為されている。これはミステリーである。

 本書の主題は、古書店で伯父の手伝いをする主人公のストーリーだが、来店客からの依頼があった。特定の作家の古い書を探して欲しいというものであった。それを報酬が良かったので、店主の伯父に内緒で引き受けてしまった。

 古い時代の作家で、しかもそれほど作品を世に出していない作家なので、作業は困難を極めた。当時の知人や出版社を探し、尋ね歩く。米澤の作品にはこの種の探偵業に類似した作業が多い。普通であれば、書を探す過程での諸事を描くことでストーリーが進んでいくのだが、米澤の場合はそうではない。

 古書店での店番などはそれほど多忙であることはないし、想像もつく。そこで古書探しの依頼が来ることも、そろそろミステリーのスタートかと思わせる。そして調査作業は難航する。ここまでは通常の小説である。ここからの展開がその場の設定を打ち破る。松本清張もその種の展開の意外性に特徴のある作家であったと思う。

 ミステリーファンには是非お読みいただきたい。探偵でもなく、刑事でも主人公がどんな経験をするのか。ゆっくりと味わっていただきたい一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本追想五断章

2014/06/23 08:41

青春ものではない米澤先生

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

米澤先生のお得意の「青春もの」ではないので、レビューでは否定的な感想や後味悪いと書かれていることも多く、購入をためらっていたのですが、大変面白かったです。個人的には「儚い羊たち~」より良かった(あれは短編集だから比較はできないでしょうけど)。感想は人それぞれ、本は自分で読んでみないとわからないと痛感。後味悪くなど決してありません、お勧めです。星4.5。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本追想五断章

2018/05/31 19:26

小説を探す話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

米澤穂信『追想五断章』を読みました。
小説を探す話なので、作中に小説が出てきます。
それが、昔のミステリー風読み物みたいで、独特の雰囲気がありました。
依頼されて小説を探すのは、古書店のアルバイト店員。
『ビブリア古書堂』シリーズを思わせる舞台設定です。
作品とは関係ないけど、信州松本が出てきて、ああまた松本に行きたいなあと思ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本追想五断章

2015/10/11 14:08

後味の悪さがたまらない推理小説

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんしろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

米澤作品特有の微妙な暗さが漂う中、米澤推理小説には珍しく、展開が緻密で、終末が予想できない面白さがあった。ひとつの小説の中に結末のない5編もの小説が出てきて、それぞれが過去の事件の謎解きにつながるという造りは、斬新であり読み応えがあった。それにしても、米澤作品は学園ものを除き、独特のほの暗い感じが何ともいえず好きである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本追想五断章

2019/07/31 17:50

リドルストーリー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nap - この投稿者のレビュー一覧を見る

あえて結末が描かれていないというスタイルの物語をリドルストーリーというらしいです。
本書はその構成を取りながら、最後は結末があるという。
流石です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】追想五断章

2018/09/12 07:26

暗い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

暗い、どれもこれも暗い。古本屋のカビ臭さが鼻につくかのよう。登場人物がほとんどにおいて影があり、唯一暗くないのが大学教授だが、これはこれで嫌味な人間ときてる。痛々しい小説だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】追想五断章

2018/05/30 08:35

物語を締めくくる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

結末のない物語を追い求めていく主人公の姿が良かったです。モラトリアム気味な青年が、成長していく様子も伝わってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本追想五断章

2017/10/23 08:17

追い求める5編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学を休学して古書店に転がり込む主人公の日常が笑いを誘います。5つの結末のない物語を探すうちに、20年前の未解決事件に繋がっているところが面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本追想五断章

2016/05/26 16:36

名探偵がいなくても

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

よくできたミステリーでした。

謎がありそれを解いたと思うと新しい謎が現れ

さらに真実を求めていくと以前に正解に

たどり着いたと思えた答えがもしかしたら

間違っていたのかもしれないと。

あんまり書くとこれから読む人の興を削ぐのでこれくらいに。

明智小五郎や金田一耕助や中禅寺秋彦のような

見事な推理を披露する名探偵役の登場人物は

出てきませんが、ある意味そこがいいとも思えた作品でした。

これから米澤穂信氏の他の作品を手に入れに出かけることにしよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本追想五断章

2012/06/14 05:08

編集者さんは如何なものか

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たぬき - この投稿者のレビュー一覧を見る

米澤先生の「氷菓」をはじめとしたシリーズ(青春推理小説が好きな方は必読、小峰元を読んだ頃を思い出しました)、「○期限定」シリーズは大変面白く、大好きですが、これは普通です。集英社の編集者が「渋い作品をお願いします」とあったと、解説にありますが、この編集者は残念ながら外れです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。