サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

宵山万華鏡 みんなのレビュー

  • 森見登美彦 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

電子書籍宵山万華鏡

2018/09/27 22:07

森見ワールド全開

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おじ屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

京都の元々から持つ町並みの雰囲気、路地裏の妖しさ。
それに祭りの夜の蒸せ返る空気、提灯の灯り、魑魅魍魎がその中を縦横無尽に跋扈する。
何気ない日常の中に潜む非日常。
万華鏡のごとき魅惑的な迷宮は森見ワールドの真骨頂だ。
コメディーでありホラー、自在な彼のカオスが満載だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宵山万華鏡

2018/04/27 21:35

まさに万華鏡

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは傑作。
 最初の2作までは、宵山に連想された短篇集かと思いました。ところが、さらに読み進めると、ストーリーが自在に変化する、まさに万華鏡です。くるくる回って振り出しに戻るみたいな、足下がおぼつかなくなっている自分に気が付きました。そして、謎は謎のまま。最後は、全ての登場人物や宵山の正体が皆目分からなくなりました。
 消化不良になってもおかしくない読後感なのに、宵山という特殊な舞台装置の中、喜劇なのか悲劇なのか何も解明されず、万華鏡のまま終わることで、逆に納得してしまう森見ワールドでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍宵山万華鏡

2017/06/22 20:58

なんなの、宵山

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、宵山の話づくしですごく気になっているくせに謎のままどんどん読んでしまっている。京都の祭りだってことはわかるけれど。しかし調べてしまうとなんか幻想が壊れそうでもったいない気がするのも確か。宵山、行ってみたい。でもこんな不思議体験などできず、イチ観客で人ごみに酔い、疲れ果てるだけなら行かない方がいいかなとも。アイドルは永遠にアイドルのままがいいように。さて話の中では壮大な冗談を命掛けで仕掛ける側の話と、まんまとひっかかってしまう人のいい男の話が面白かった。まず騙される側から始まったのがなんともオツだね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宵山万華鏡

2015/08/27 10:29

ザ・森見ワールド

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sanako - この投稿者のレビュー一覧を見る

連作短編集ですが、一気に読了。
そしてまたもう一度最初から読み返したくなる。
ぐるぐる回る、不思議な世界。まさに万華鏡。

表紙も美しいです。

※もれなく京都に行きたくなるので注意!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宵山万華鏡

2013/07/11 17:03

やっぱりこれだよね~

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:私はラスカル - この投稿者のレビュー一覧を見る

怪しく華麗な山車 異世界への入り口のような謎の屋上
金魚球 暗い路地 ひらひら帯の浴衣の女の子達

森見ワールドは やっぱりこれでなくちゃね~

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宵山万華鏡

2012/07/20 21:46

アニメか万華鏡か

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いもうと - この投稿者のレビュー一覧を見る

まるでジブリのアニメのような、夢のようで色鮮やかな絵が思い浮かんで動き出す本です。赤い金魚のなんて魅力的なこと。森見さんは京都が大好きなんでしょうね。有頂天家族(大傑作!)とともに、ぜひアニメ化して欲しいような、でも私のイメージと違っても困るような、大好きな作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宵山万華鏡

2015/12/15 21:18

めくるめく幻想的世界。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

祇園祭の宵が舞台。現実と幻想が交錯して不思議な気分になります。
京都のそれも祇園祭の宵宮という特殊な時間、魔が横行しても可笑しくない。
華やかな通りの一本入ったところではこんな世界が口を開けてるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宵山万華鏡

2015/08/31 06:24

どこか怖い気のするお祭り

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるかなる - この投稿者のレビュー一覧を見る

京都祇園祭を舞台に繰り広げられるアンソロジー。幻想的な祭りの中で人々は説明のつかない不思議な体験をします。祭りに関わりながら祭りそのものには動かされている人間。どうも祭りには魑魅魍魎とした力のようなものが支配している気さえしてきます。少し怖くなるようなストーリーながら、穏やかな気持ちで読み進ませてくれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宵山万華鏡

2017/02/11 17:59

幻想短編集

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもの森見登美彦じゃないという印象。ちょっと違ったテイストの短編が入っていてお得感がある一冊。夜明け寸前に見た夢みたいな作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宵山万華鏡

2019/05/05 01:07

めくると変わる万華鏡

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おっぺけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

森見さんの作品は、ひねくれ大学生などを主人公にするコメディ系の作品と、和ホラーのように雰囲気から怖く思わせるホラー、ミステリー系の作品の二つに分けられると思います。
『宵山万華鏡』は、そのどちらの要素も含む、不思議な作品です。宵闇の時に何が起きていたか。人が違えば体験も違う。コメディ、ホラー織り交ぜられた、まさに万華鏡の作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宵山万華鏡

2016/11/07 13:14

宵山万華鏡

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:によ - この投稿者のレビュー一覧を見る

幻想小説と、いつもの阿呆なモリミー節が交差する、モリミーならではの幻想阿呆短篇集。
阿呆部分がきちんと幻想部分にはめ込まれているのがさすが!
宵山も祇園祭も行ったことがないけど、宵山には行ってみたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。