サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

政と源 みんなのレビュー

  • 三浦しをん, 円陣闇丸
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

電子書籍政と源

2013/10/29 17:17

すぐ読み終わりました。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:zac - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説なのにすぐ身近にいるような人々が描かれていて、いつもくすくす笑いながらあっという間に読み終わってしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本政と源

2017/11/13 13:43

ダメ大人の子どもたちへのエール

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

私の親と近い年代の国政が自分のことで困っているところをみて、「なんだ、いつも偉そうにしてる人たちだって大したことないじゃん。何かとうるさく言ってくるくせに」と思った。源二郎のように、自分に素直に生きる方がずっとカッコいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本政と源

2016/01/27 08:48

おじいのバディ物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

例えば、舟を編むとまほろ駅前多田便利軒とこの、政と源。同じしをんさんの作品だけれど、全部雰囲気が違う。ただ、所々くすくす笑わせてくれたり、言葉を掘り下げていたり、人間のシンプルな営みから見出す感情を的確に表してたりするところは、しをんさんの技に他ならない。国政の語りで進行する物語だから、国政視点になってしまうのはしょうがないが、源二郎語りバージョンもあったら面白いだろうなって思った。プライドに拘っていると幸せは遠のく。国政が最後それを和らげ奥さんについてまわるところは、とても可愛らしかった。素直第一。ね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本政と源

2016/12/31 15:14

緩やかに 緩やかに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

じいちゃん二人の人生を語る優しい物語。源さんの作ったつまみ細工の美しさが目に浮かぶよう。源さん夫婦の命そのものが染み込んだ細工なら どんなに美しいだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍政と源

2016/06/26 12:15

粋なおじいちゃん達

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼なじみの2人のおじいちゃん達の、泣けて笑えてほっこりするお話。お互いを理解しながらも羨んだり、時には反発しあったり…。家族などの登場人物もそれぞれの悩みを持ちながら、政さん&源さんとつながっている感じが心地よかったです。
第2段が出ないかな…と期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本政と源

2015/09/16 18:33

題材はいいが、仕上がりは微妙。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

悪くはなかったし、ところどころ笑えるシーンもあるのだが(主に奇抜な行動をする源三郎がらみ)、全体として家族に見捨てられ老後について悶々としている国政視点のため、暗い。源三郎が生き生きしていればしているほど、何となく全体のトーンは沈んでくる。作者にそんな気はないのかもしれないけど、国政がひどく哀れな感じで、そういう人物が語り手の小説というのは読んでいて少々しんどいものがある。
つまみ簪をつくる職人を取り上げたところはいいが、それも源三郎だし…。「政と源」という題名に反し、国政のセリフではないが、「源三郎がいいところを皆もっていっている」ような話だと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本政と源

2015/09/09 18:10

さらさらと。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の描く二人組に、ちょっと憧れます。今回は割と高齢の二人組でしたが、考え方や発想に共感できるところもあり。さらさらと読める、読みやすい一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。