サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

白蓮れんれん みんなのレビュー

  • 林 真理子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本白蓮れんれん

2014/06/23 17:20

大切に読み進んでいきたい本

6人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

林真理子さんのこの手の本は初めて読みました。
時代背景等引き込まれていき、大切に読み進んでいきたいと思わせる本。

百連さんの女性としての苦悩の反面の華やかな世界。
伝衛門は百連と心かよわせたかったのか、どうなのか。
不器用な九州男。

愛は人を突き進ませるもの。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白蓮れんれん

2018/07/29 15:02

時代背景と心理描写の表現が豊か

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りんごちゃん☆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

母が林真理子さんのファンで、私も30代になってから読むようになりました。その中でも白蓮れんれんが一番印象に残っています。切なく狂おしい男女の慕情、時代背景の描き方が非常に分かりやすくテンポ良く読み進められました。素人が評価するのは大変おこがましいのですが、兎にも角にも林真理子さんは文章が本当に上手いです。こんな風に文章を綴れたら、怖いものなしですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白蓮れんれん

2017/04/30 20:21

恋を知れば

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雲絶間姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔から言われている言葉に「男は恋をしたら一瞬で少年に戻り、少女は恋をしたら1日で女になる」というのがある。まさにそれを納得させる恋の物語である。
この史実に基づいた小説を読むきっかけは、NHKの朝ドラ「花子とアン」だった。仲間由紀恵演ずる白蓮が余りに強く美しく魅了されたから。九州の炭鉱王を演じた吉田剛太郎のフラれる男の悲哀はTVの前で涙をそそられた。
駆け落ちが罪として罰せられ、姦通罪などという言葉のあった時代に、自分の熱い思いを貫きとおした柳原白蓮の物語、潔く気持ちの良い読後感である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白蓮れんれん

2012/08/19 20:28

自分の幸せを追い求める強さ

29人中、27人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桔梗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

歌人・柳原白蓮の伝記小説

華族の家系に生まれ 才と美貌をもつ柳原白蓮 
一度目の結婚が破綻したのち 炭鉱王との再婚をさせられる 
妾やら先代の愛人の子やら養子やらで複雑な嫁ぎ先で 教養もなく気持ちの通わぬ夫と暮らす空虚な日々
魅力的な歌人・白蓮に憧憬の思いを抱き言い寄ってくる男たちと その虚しさを埋めるように恋愛もどきのやりとりを楽しんでいるうちに 本の出版に関わっていた7歳年下の宮崎龍介と出逢い本気の恋に落ちる
そして富も地位も夫も 持ってたものを全部捨てて 命がけの駆け落ち―

まだ姦通罪なんてものがある大正時代
女性が自由に生きるのが困難だった時代に 幸せをつかむために自分の思いを貫き通したこの女性の強さに感嘆

傍から見たら決してきれいな人生ではないだろう

実際 ふたりで逃げてからも 白蓮は実家に連れ戻され軟禁されたり 宮崎が病をかかえたり 息子も戦死したり
相当の苦労をしているし 当時の新聞でもかなりバッシングされている

それでも 白蓮が亡くなった時 
宮崎は「うちに来てからは幸せな人生だった」ときっぱりと言っている 
ふたりはきっと幸せだったのだろうと思う

ふたりがお互い大事にとっておいた往復書簡は700通にもおよぶそう
手紙の中の文字のひとつひとつに
目には見えない想いも残されているようで
いつでもその想いを確かめられるようで  羨ましく思える

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍白蓮れんれん

2018/12/02 17:35

ままならぬ女性の悲哀

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:扇町みつる - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHKの朝ドラ「花子とアン」で知った柳原白蓮の物語ということで読んでみた。
朝ドラのイメージが強いので、白蓮は仲間由紀恵、炭鉱王は吉田鋼太郎で脳内再生された。
筑豊の石炭王のところに嫁ぐところから、駆け落ちするところまでが主になっている。駆け落ち相手との実際の書簡を読み執筆したせいか、30代半ばで初めて恋に落ち、手紙をやり取りするうちに段々と燃え上がっていく様がとても濃密に描かれていた。
高貴な生まれゆえの不幸、そして女性が自分の人生を自分で決められなかった時代の悲哀も伝わってきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白蓮れんれん

2018/07/12 15:57

生活力あるお嬢様

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomoaki - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHK朝の連続ドラマ「花子とアン」で白蓮について知り、本を探していて見つけた一冊。

天皇家にもつながる家柄でありながら、あの時代に不倫でかけおちするという大胆さによって知られたようだが、私はかけおち結婚した後、結核で療養する夫の代わりに生活を支えるため、身につけた教養の才を発揮し、小説・歌集を書いたり、講演を行ったりと、生活力があるお嬢様である点に惹かれる。

人物伝は異なる著者が書いたものを何冊か読み比べると、自分なりの像をつくることができる。そのうちの一冊として読みやすいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍白蓮れんれん

2015/09/25 13:34

引き込まれました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:気まま - この投稿者のレビュー一覧を見る

林真理子さんのさすがの表現力に引き込まれ、あっという間に読み終えてしまいました。きれいごとではなく、登場人物には生身の人間臭さが感じられ、大変伝わってきました。お勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白蓮れんれん

2015/08/26 22:03

勉強になりました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケロケロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

白蓮さんのお話は何となくは知っていましたが、これを読んでよくわかりました。大事件だったのだろうなぁと改めて思いました。
その時代のこともわかって勉強になりましたが、読み終わるまで時間がかかりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。