サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍

みんなのレビュー

  • 三浦しをん
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

2014/03/02 20:56

深いストーリー構成

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:八犬伝 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても計算された筋書きだ
久々に味わう、しをんワールド

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2018/05/27 22:51

作者の力量は感じました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

三浦しをん『光』を読みました。
三浦しをんを初めて読んだのは『舟を編む』。
その印象や、「しをん」という優しい語感の作者名や「光」という明るいイメージの題名やおだやかそうな海の写真の表紙や、あらゆるものを裏切って、しんどいしんどい本でした。
でも、読み応えはありました。
でも、つらい話でした。
手応えはあったけど、人にはあまりすすめられないなあ。
でも作者の力量は感じました。もっと別の作品を読むことにしよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2017/09/30 09:11

幅がある

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

三浦しをんさんは最初に明るいコメディタッチな小説やエッセイを読んでいたので、この作品には驚かされました。様々なジャンルや方向性の作品が描けるのはやはり素晴らしいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2016/01/03 02:59

多才

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

故郷の島を津波が襲う。ここで生まれ育った信之は、幼馴染を救うために殺人を犯していた。過去が迫りくる、その恐怖にはハラハラさせられた。三浦氏といえば、「まほろ駅前」シリーズや「神去」二編など軽いタッチが多いが、本作は暗く、重い。人間の怖さも描かれていて、それは取りも直さず三浦氏の、幅の広さといっていいのではないか。文楽ミステリの「仏果を得ず」も同様で、今後も様々なジャンルを描いていただきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

2015/03/21 17:25

驚きました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に読んでしまいました。著者の小説やエッセーを何冊か読んだ後で手に取ったのですが、こういう作品もうみ出してしまう人なんだ、と驚かされました。今までに読んだ作品と、雰囲気が全然違ったけれど、ぐっと引き込まれました。そして、ヒヤリとしました。何の先入観も持たずに読んで良かったと思いました。これからも著者の作品を読みたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2014/08/28 21:32

ズシンときます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニコラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の好きな相手にはこうしてほしいと思っている数人の人物の願いはうまくかみ合いません、それぞれ違った考えを持って行動していきます。
愛があって人と同じ時間を過ごすのがいいのか、愛がなくても過ごすことができる相手がいることが幸せなのか、色々考えてしまいました(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

2019/09/23 19:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まち - この投稿者のレビュー一覧を見る

ディープな話だった。三浦しをんさんのいつものイメージとは違い、読み終わったあと重たい気持ちが残る本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2017/08/06 21:33

「闇」のほうが相応しい気がするが「光」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

生き残った彼らがどんどん暗いほうへ、救いの無いほうへと這うように進んでいく流れは読んでいて辛かった。幸せじゃないかもしれないが ほんの少し明るい道へ行ければいいけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

2017/03/02 20:10

重苦しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

大震災のあとに読んだせいか 今も苦手意識がある作品です。私には巨大な災害で人生そのものが狂ってしまった人たちの共食いの物語に思えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。