サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

明日 一九四五年八月八日・長崎 みんなのレビュー

  • 井上光晴
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

殺された何十万人の内の一人ではなく、その人たちひとりひとりの生活が確かにあったのである

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

長崎に原爆が落とされた前日の人々の生活を描いたものである。明日、原爆が落とされ命を落とすことになろうとは夢にも思わない人々の話である。方言がきつく読みにくい面はあるが、たいしたことではない。戦時下とはいえ、いつもと変わらない日常を生きている人々である。8月9日の描写はないが、誰もが知りつつ読むはずである。殺された何十万人の内の一人ではなく、その人たちひとりひとりの生活が確かにあったのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

戦後70年のとしに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すまいる - この投稿者のレビュー一覧を見る

原爆の日に長崎へ行くので、この本を読んでみました。たんたんと書かれていると思います。とても面白いという感想ではありませんが、戦争を考えるにはよい小説だと思います、でも、読むには重い小説です。でも一度は、読んだほうがいい小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読んで良かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰にでもやってくる明日という日。昨日、今日、明日と続いていくのに突然それは壊されてしまった。恐ろしい原爆によって。
無辜の命を奪った原爆を許せない。これを機に来年の夏に長崎をもう一度訪れてみようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。