サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

櫛挽道守 みんなのレビュー

  • 木内 昇
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本櫛挽道守

2018/02/28 23:07

櫛挽道守

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雨読 - この投稿者のレビュー一覧を見る

幕末の木曽路の宿場町藪原を舞台に、梳櫛の腕利き職人である父吾助と主人公である娘登瀬、婿の実幸、母の松枝、妹の喜和、弟の直助を取巻く貧困で切ない物語。
みねばりという硬い木材から製作した、お六櫛は神州一の技によって世間に認められその価値が高まって行く、しかし皇女和宮の行列や天狗党の事件など様々な困難や苦悩が取巻くなか、家や家業の存続と言った局面に立たされながら信じる道を歩む主人公。
良いか悪いかわからないが現代社会から忘れ去られた大切なものを考えさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍櫛挽道守

2018/01/02 23:17

幸せとは何かを問う作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品では、登瀬の半生、弟・直助の死の半年後で登瀬16歳の辺りから第1子誕生後の33歳辺りまでが描かれています。彼女の世界は非常に限られており、早世した弟への思い、父への憧憬、櫛挽の技術の獲得・向上がすべてと言っても過言ではありません。母や妹への家族愛もあるにはあるのですが、タイプも違い、相容れない考え方・感じ方の相違のせいで結びつきは弱く、彼女の感情世界への影響力もあまりありません。

亡くなった弟がどういうわけか草紙を作って旅人に売っていたということが分かり、母も妹もその事実を受け入れようとしない中で登瀬だけが弟の遺作に興味を持ち、できれば集めたいと願います。これは一人前の父のような櫛挽職人になりたいという願いと同列ではないかもしれませんが、かなり重要なモチーフで、彼女の強い行動理由となっています。

詳細は省きますが、尊敬してやまない父についに職人として認められる感動、ずっと気にかけてきた弟の思いに草紙を通して出会えた感動、そしてそれまでかなり謎な、しかし天才的な職人である夫と通じ合えた感動がこの作品のハイライトでしょう。泣けました。

私はこの作品の方が『漂砂のうたう』より好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本櫛挽道守

2017/01/17 20:21

櫛挽道守

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kyon - この投稿者のレビュー一覧を見る

優れた職人である父親を尊敬し、因習に縛られた娘が父と同じ道を歩こうとしている。
娘には妹がいる・・・その妹との確執、職人世界の古い因習に揉まれながら己の道を貫こうとしている一人の女性の話である。
今の女性の活躍云々という時代ともリンクする気がする。
男社会の中でいっぱしの職人として極めようとする姿は痛々しい位にひたむきで愛しい。
そこへ天才肌の夫となる男が現れる・・・物語は人間模様も丁寧に描かれている。
感動する一冊となった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。