サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

後宮の烏 みんなのレビュー

  • 白川紺子, 香魚子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
20 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本後宮の烏 1

2018/06/21 19:00

花と鳥

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナナカマド - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまたある後宮ものライトノベルですが、
好きな作家さんの作品なので手に取りました。
ほんのりホラー風味なのと、
主人公の置かれている境遇、
登場人物たちの性格設定などもあって、
静謐な雰囲気の小説です。
主人公は牡丹を扱うのですが、
その他にも登場する場所それぞれに、
その場所らしさのある植物があり、
物語にも絡んできます。
また、
タイトルにもあるように、
鳥も重要な要素のひとつとなっています。
花と鳥。
陰惨なエピソードが多く出てきますが、
美しい小説を読んだ・・・という印象が残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本後宮の烏 1

2018/05/27 16:08

続編希望!!

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tolk - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙がきれいだったので、ぱらぱらと立ち読み。
すぐにレジに持っていきました。
読み出したら止まらなかった。寿雪のキャラがたまらなく可愛い。
高峻との関係が変化するのか続きを読んでみたいです。
寿雪に烏妃として教育を施した麗娘の話も面白そうなので、スピンオフも希望します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍後宮の烏

2018/06/27 15:36

続きが

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kanako - この投稿者のレビュー一覧を見る

この後の展開も読みたいと思える作品でした。続編があると嬉しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本後宮の烏 1

2019/03/24 11:10

秘密

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

烏妃そのものが年齢も、容姿さえもあまり人に知られていないみたい。
・・・これは、代替わりしたせいかな?
けれど、当代の烏妃は、その素性にも秘密があるし、その存在そのものにも秘密があるし、今後に興味津々です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍後宮の烏

2019/02/20 18:30

一気読みさせられる作品

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真弥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

概要と表紙の美しさで購入しましたが……
久しぶりに一気に読了まで至る作品でした!

一つ一つの話から感じられるのは決してポジティブなイメージではないけれど、すっきりと終わらせてくれるので沈んだ気持ちにはならない。

主人公と皇帝の関係がどう紡がれていくのか続きが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍後宮の烏

2019/02/07 13:04

物語の世界観に惹かれました!

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ロビン - この投稿者のレビュー一覧を見る

皇帝の高峻と烏妃の寿雪、二人は似た者同士です。

幼少期に独りぼっちになった事、母親を助けられなかったことで自責の念がある事

そういった過去や現在の立場からなのか自分の気持ちを上手く伝えられない事など。

そんな二人が少しずつ心を通わせていく、でも本心に気付かないっていう焦れったさ。

今後この二人がどうなるのかって思ってたら新刊が出てるらしいので楽しみです。

しっかりしてそうな寿雪が食べ物に釣られるってところが可愛いらしくて和みます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍後宮の烏

2019/02/01 22:37

後宮ミステリー

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まかゆら - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒロインが妃になっただけの薬屋のような話かな?と思ったのですが、こちらのヒロインはある種の超能力--魔法、呪術、陰陽術ような類の能力持ちです。
だから後宮ミステリーであり、オカルトミステリーでもあります。
オカルトミステリーが大好きな私には当たりな小説でした。
鳥妃の秘密も思いもよらぬもので、この秘密に加え、絶対に知られてはいけない秘密(その割に最初の方でばれますが笑)をもつヒロインは大変だなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本後宮の烏 1

2018/07/18 08:45

シリーズ化を期待する

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SUKO-MAMA - この投稿者のレビュー一覧を見る

後宮ものだから、ドロドロ・・・かと思いきや、登場人物がすべて優しい人ばかり。一気読みしてしまった。皇帝と他の妃たちと烏妃とのかかわり合いとか、読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本後宮の烏 3

2019/08/22 16:50

繋がる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は衛青の深い心の傷が印象に残りました。こうしてみると今寿雪と縁ある人たちは一度絶望から心が死んでしまった過去があるのですね。
その衛青と寿雪の意外な繋がりは今後、どんな形をとるのか。
そして烏連娘娘の問題に関わる人間がだんだん宮城に集まってきているのが気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本後宮の烏 1

2018/07/13 11:31

表紙買いです

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の麗しさで速買いしました!内容も表紙に負けていない面白さでアタリ。若き王と後宮に棲む黒衣の妃の物語の続き、読みたいなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本後宮の烏 1

2018/11/27 13:11

いばらの

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makhon - この投稿者のレビュー一覧を見る

雰囲気としては同じ出版社のコバルトのいばらの~のというタイトルのものとヒロインが似ていると感じました。ヒーローも似ているように感じます。ただこちらはつづくののかな、という終わり方ですし、ファンタジー毛色がはいっていました。それがあったのが個人的には好みでなかったです。政治的なものが最初に出てきたのでそれだけで話が成り立てばその方が好みでしたんですが・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本後宮の烏 1

2019/09/15 18:38

若き皇帝と謎の美少女

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

後宮に住まい「妃」と呼ばれながらも帝の妻でもない存在「烏妃」。
呪術的なこともするけど皇帝のために働いてる訳でもない、皇帝の及ばない権力も持ってそうな不思議な存在のお話。
若き皇帝の後宮のゴタゴタを解決していきますけどね。
帝が歩んできた苦い経験、烏妃の隠された秘密、前王朝が残した影などなど、いろんな要素が絡まってなかなか面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍後宮の烏2

2019/07/10 18:40

今巻も面白かった!

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まかゆら - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり

今回は寿雪の敵ともいえる人物が登場します。
正しくは敵ではないのですが、寿雪を狙っている点において敵ですね。
正しく敵というのは宰相のような気がします。
おそらく末娘を後宮に送り込んできて、寿雪を巻き込んだドロドロ劇を繰り広げそう。
いわば当て馬ですね。

前巻ではいまいち掴みどころのなかった温螢さんですが、今巻で好きになりました。
寿雪を慕う人が増えてきて嬉しい限りです。
あと、衛青は主バカすぎて、いつか高峻の足を引っ張ると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本後宮の烏 2

2019/03/24 11:17

まだまだ秘密

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

烏妃自身ですら、自分の存在の成り立ちが今ひとつわからないまま新月の夜の苦しみだけ引き受けているけれど、もしかして帝が突破口?それとも傷が悪さをするのかな?
いずれにしても早く続きが読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍後宮の烏2

2019/04/03 11:09

続編が読みたい

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桃酒 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2巻の方が面白い。
後宮物だが恋愛要素が今のところないようだ。
だんだんキャラが際立ってきて、謎の伏線を回収していく今後が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

20 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。