サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

炎の蜃気楼 みんなのレビュー

  • 桑原水菜, 高嶋上総, ほたか 乱, 浜田翔子, 浜田翔子, 東城和実
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー33件

みんなの評価4.2

評価内訳

33 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本千億の夜をこえて

2004/05/04 01:56

千億の夜をこえて

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美春 - この投稿者のレビュー一覧を見る

長い2人の道のりの最後です。

これから読み始める人は、40巻も気が引くかもしれませんが、途中で挫折してしまった人も、2人が辿り着いた『最上』は、万感の思いで見れると思います。

これほど真摯に心にリアルに届く物語は初めてでした。
この本に出会えて本当によかった。
本当に、本当に、よかった。

40巻を読んだ後、きっとそう思えると思います。

生と死。
愛。
譲れない想い。
共に、永劫に。
高耶と直江の最上の在り方。その答えは全て40巻にあります。

千億の夜をこえて…遥かな未来の果てに

見つけるひとつの真実を、あなたも見てください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千億の夜をこえて

2004/05/05 21:25

千億の夜をこえて炎の蜃気楼40

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すず - この投稿者のレビュー一覧を見る

 13年半もの長き間、続いた小説の最後です。
 おそらく、ファンの方は読みたいけれど、読むのが怖いと思う気持ちが
先立つでしょう。
 ですが、やはり最後に読んで良かった、この小説に出会えた事を…
世の中の全てに猛烈に感謝してしまうラストです。
 涙無しでは読めません!
 本当に有難う、お疲れ様でした、と思いますよ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本十字架を抱いて眠れ

2002/12/12 17:28

白い部屋の中で…

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愛の女王 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この小説のシリーズを読んでいて、初めてこんなに泣きました。
作者の桑原水菜さん、どうしてこんなに人物の心情を生々しく、残酷に、でもひたすら純粋に、表現出来るのだろう? プロだから、と言われたら元も子もないですが…。この物語は、今まで自分が持っていた常識なんて覆されます。

手に入れたものが、その瞬間、この世から消えてなくなってしまう恐怖、貴方にはわかりますか…?

「人間」を超えた存在。それでも彼等は生きている。

「傲慢」が生む愛。それでも彼等は求め合う。

「生命」の終わり。それはいつか迎えるであろう、永遠の喪失。

世界で一番憎くて
世界で一番愛していて
世界で一番そばにいて
世界で一番手の届かない人……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千億の夜をこえて

2016/12/28 11:35

愛する人を

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

直江は人類が、世界が滅びようと生き抜いて たった一人きりになって最後に仰木高耶の名前を呼ぶつもりなのだろう。彼が信仰とも言える愛を貫く事によって最愛の仰木高耶は最後にして真実の神になる。彼にしかできないことを成すために直江は生き続けるのだ。これこそが真実の愛とは思えないが これもまた本当の愛なのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜啼鳥ブルース

2015/08/31 23:10

まさか信長がこういう登場とは

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒヨコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あの昭和時代ということで、読むのが怖かったですが、引き込まれました。大丈夫、直江がまともなので、安心して読み始めて下さい。とりあえず・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

吹き荒れる嫉妬心

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

中盤から一気にギスギスしだして、後半には畳み掛けるようにヒートアップする景虎と直江の間と同じく今回はかなり際どい織田との戦い。どちらも熱くて目が離せません。こういう関係をなんて呼んでいいのかわからないけれど、まさにこの2人だからこそのギスギス感がたまりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

噂の氷プレイ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻では噂の氷プレイが見られるとのことで、読む前から楽しみにしていました。どSな景虎様から始まって、直江の逆襲が微笑ましくたいへん美味しうございました。ご馳走様でした。今回の事件もハラハラで、上杉夜叉衆の活躍とともに楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ギスギス少なめむしろあま~い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

あの景虎様が勝長殿に直江について語るシーンが印象的でした。今回は事件の間々に、直江にややデレる景虎様がチラチラ見えてなんだか読んでるこちらも嬉しくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

直江のドギマギ感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

直江の揺れ動く心模様が毎度面白いです。サイキックアクションとしても面白いですし、歴史小説としても面白いですし、ヒューマンドラマとしても面白い贅沢なストーリーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

怒涛の展開にハラハラしっぱなしでした

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は特にページをめくるたびに、手に汗握るどきどきの展開でした。しかし、まさかこんな早い段階で直江さんがこんな行動に出ていたとは。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読むのが止まらない・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙絵が美しくてうっとりしました。また新たな事件の始まり。そして、揺れ動くそれぞれの胸の内にハラハラしながらを固唾を呑んで読み進めました。続きが気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定配信】炎の蜃気楼

2015/10/31 11:19

全巻集めたくなりました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

期間限定配信をしていたので、久しぶりに炎の蜃気楼を読むきっかけとなりました。まさかここからあんな展開になるとは…じっくり全巻通して読みたくなったので、まだまだ先は長いですが他の巻も買いたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

物語の世界に惹き込まれました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

高耶と直江の物語は以前に読んでいたのですが、これは彼らの原点の物語で、この後続く400年を思うととても感慨深いです。面白くて一気に読んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アウディ・ノス

2002/03/15 14:08

かたちの無い信仰と祈り。絶望の淵での願いと想い。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルビナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 阿蘇での信長との戦いから数十年後、“換生”しているのか浄化してしまったのか、依然行方のつかめない景虎を探し続ける直江。阿蘇での贖罪と景虎を失ってしまったかもしれないという不安と絶望に自殺未遂を繰り返す年月。しかし最後の最後で彼に死をとどめているのも景虎への想いだった。
 「もしも自分が死んだ後で景虎が見つかったら、自分は彼を一人ぼっちにさせてしまう。」
 たとえ蜘蛛の糸ほどの希望であっても“換生”している可能性を捨て切れない限り自分は死ねない、と。
 絶望と希望の狭間に揺れ苦悩する直江のもとに、一体の木造仏像の調査が依頼されてくる。夜になると涙を流すというその像を調べてゆく直江は、その像の真実が思いもかけぬ方向を向いていることを知る。。
 
 表題作の『Exaudi nos』他『Golden winnar』『夜を統べる瞳』の二作を収録。一粒で三度おいしいこの作品。『炎の蜃気楼』以前、直江がどれだけ苦悩し景虎を想っていたのか、本編とは違った味わいが楽しめる。
 『夜を統べる瞳』は作者のあとがきの通り“炎のミラージュ”の象徴的作品。ファンもファンでない人も一見の価値あり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本みなぎわの反逆者

2002/07/24 14:40

綾子の想いと景虎覚醒??

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ユリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

有名過ぎて今更書く事もないだろうミラシリーズ。そのミラージュの中でもこの巻が一番好き。
200年前に死に別れた恋人をもう会えないかもしれないと疑心暗鬼になりながら、今でも女性に換生し、待ち続ける綾子の直向きな想いには心打たれた。
そして高耶がついに念願の景虎化!!
自分への裏切りをみせた直江に対する冷静で冷血な態度はまさに女王様(笑) 支配者然としていて気持ち良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

33 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。