サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

臨機応答・変問自在 みんなのレビュー

  • 森博嗣 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (4件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

ユニークの一言

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白くて一日で読んでしまった。こういう教授の授業を受けてみたいものである。この教授は、試験せずに学生に質問させて、その質問内容で成績をつけているという。いや、学生には試験を受ける権利があることは分かっていて、希望者には試験を受けさせている。今まで、3、4人いたそうである。
国立大学に入学出来る学生の知識はそうとうなものである。その学生の質問に正面からあるいは、上手くかわして受け流す教授の知識は相当なものあろう。
副業として小説家をやっているというのもうなずける。さて、その質問の内容であるが、本当に種種専門的技術的なものから人生相談まで多種多様だった。その質問に一つずつ的確に答えている。中には、「答えない」というのもあったが、それはそれとして立派な答えとなっていた。学生の日本語を直し、学生が「死」というものについて難問を問うているのに「死後の世界を定義せよ」とか全く教授は、死とは医学的な死としか捕らえていないのが面白かった。こういう教授の下で勉強すると、人生観が変わると思う。私の場合、こういう教授には出会わなかったが、近い人はいたように思う。
大学の教授たるもの、一癖も二癖もあるべきだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

お買得としかいいようのない1冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

 作家にして、某国立大助教授の森博嗣先生の授業で行われているQ&Aを本にしたもの。森先生の本(特にエッセイ系)は、文系頭の私には、新鮮なモノの見方をしたものが多くていつもとても刺激的なのですが、これはもう絶品!!! 日頃私がうすぼんやりとした頭(笑)の中で、考えている事が、明確に文章化されている本です。
 う〜ん、やっぱり理系ってスゴイ、尊敬!(かなり笑えるおばかな質問もありますが(苦笑))。個人的には高校生の時に読んだ「独学のすすめ/加藤秀俊」以来の感銘本です!森ファンの私には、先生の授業を受けた気分になれるのもお得な感じ♪
 気に入ったQ&Aを一つだけ引用します。
Q:「先生は学生に対してどのような点が不満ですか?」
A:「他人に対して不満を持ってもしかたがない。そのことで、自分が不利益を被らないのなら良い。不満は自分に対して持つように。」
 ね? 良くないですか?(←強制的に同意を求めてます(笑))

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

森先生か、犀川先生か混乱?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『すべてがFになる』で一躍有名になった森博嗣が、助教授として働く大学で、実際に行っている質疑応答を本にしたもの。
これでも大学生なのか? と驚く質問もあるが、森先生の回答もスパスパと切れ味するどい。
回答の感じが、小説に出てくる犀川助教授によく似ていて、読んでいるうちに、犀川先生が答えているのか、森先生が答えているのか、頭が混乱しそうになる。

質疑応答の内容はさまざま。
納得するものもあれば、そうでないものもあり。
そうでないものと私が感じたものは、きっと森先生にとってはあまり興味がないことなのではないかと、その回答のいい加減さ具合から思った。

「今までで一番の贅沢は?」の質問に、「今の奥さんと結婚したこと」と答えていたのは感動だったが、「少なくとも自分の子供に興味はない」という別の質問に書かれていたこの発言には、同じようなコメントをする父親を持つ私には、うーーーん、という感じ。
子供さんはきっと、ぐれる(ひねる)か、強くなるか、どっちかでは……。

それはさておき、なかなかおもしろい一冊でした。
森先生の授業を受けてみたいと思ってしまうほどです。
専門的な知識はなくとも、さまざまな質問があるので、楽しく読める一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Q&A

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真   - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大学生たちの様々な質問に、森助教授が答えるという内容の本で、これが結構面白い。個人的には、森氏の書いたミステリー小説よりも、こっちのほうが楽しめた。学生たちのマジメな(?)質問に、著者はひねくれた答えを返す。あるいは逆に問い返す。ときには答えになっていないことも。「質問を考えること自体に意味がある」ということらしい。ま、読者はそんなことは気にせず、気楽に読めばいいでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なかなか興味深い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:帝国 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 間抜けな学生、賢い学生が、それぞれいろいろな質問し、それに森助教授がユーモアを交えて回答している。
 応答から、講義でどんなことが行われているかを垣間見ることもでき、知識も多少は吸収できるため、なかなか興味深い書籍だったと思います。
 可能であれば、続編も出版してほしいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本臨機応答・変問自在 2

2002/10/27 23:15

ファンの為の……

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:死せる詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前作と比べると些か面白味が減ったような気がするのは、やはり質問者が書籍を意識しているからなのでしょうか? それとも返答がマンネリ化しているからでしょうか? しかしながら、そこかしこに森博嗣氏の妙技が冴え渡っているといえると思います。
 細切れに読むことができるので、通勤のお供には最適でしょう。森博嗣氏の文章が好きな方には間違いなくおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本臨機応答・変問自在 2

2002/10/25 23:21

【Q】面白かったですか?【A】読む人によります。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ZOOM - この投稿者のレビュー一覧を見る

 質疑応答集の第二弾。驚くべきことに、突っ慳貪さには磨きが
かかっていた(笑)。

 前著において最も魅力的だった部分は、「助教授・森博嗣」の顔を
垣間見られたことだと思う。「作家・森博嗣」しか知らない私にとって、
そしておそらく多くのファンにとっても、貴重な本になったのではないか。
 ところが、本書の質問はネットで公募したものを使っている。つまり
質問者は「森博嗣ファン」であり、回答者は「作家・森博嗣」なのだ。
 いつもの普通の森博嗣なのである(笑)。
 いや、いつもの普通の森博嗣も充分普通ではない魅力があるのだが、
このシリーズに限って言えば、最後まで助教授で通して欲しかったなあ、
というのが、正直な感想である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

臨機応答・変問自在

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:死せる詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリ作家にして名古屋大学工学部助教授の森博嗣さんは、大学において学生自身に質問させそれで出席を採ると言う方法で授業を進めている。そして質問への回答をプリント化し毎授業配布している。この質問と回答は殆どが専門的なものだが、時々道をそれた物が存在する。その中から比較的専門性が低く一般的にも理解しやすい物で且つ面白みのある物を集めて掲載したのがこの本。
 と言ってもやはり内容は工学(というよりは科学)に偏っている。僕自身工学部の出身なので、質問自体に自明な物が多くそれ程楽しめなかった。非理系の人が読むと雑学本として面白いかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

子供電話相談室か?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yfts - この投稿者のレビュー一覧を見る

 皆さんご存知と思うが、作者は大学で授業を受け持っている。この本は授業の最後に生徒に提出させた質問に、森先生が一つ一つ答えていったものをまとめたものだ。
 質問に対する答えは次の授業でプリントして配られるので、ひとつの質問及び回答にかかる文字数は少なく、またなるだけ自分で答えを見つけようとさせるため、回答はなんともつっけんどんな感じだ。
 まあ相手は大学生ですから、良いんでしょうけど。大学生、これ読んで少しは危機感感じましょう。ハズい質問しないように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。