サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

魔女シリーズ みんなのレビュー

  • 白川紺子, 庭 春樹, 椎名咲月
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本ブライディ家の押しかけ花婿

2017/06/27 22:25

面白かったです!

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やちゃまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

初読み作家さんでしたが、面白そうなタイトルに惹かれて買ってみました。(評価も良かったし)
大正解◎!!思ってた以上に楽しかったです!
押しかけ花婿というくらいだからもっとデレデレした青年なのかと思ってたし、主人公がもっとツンツンしてる女の子なのかと思っていたら。
程好いというか可愛いツンツンさと、キュンキュンくるデレデレさでマリーとデューイの2人のやりとりがホントに楽しかった!

魔法が使えるという物語の世界観も素敵でした。
ワクワクしてしまうファンタジーですが、謎解いていく先には切なさや悲しみもあったり、物凄く読み応えありました。

謎を解きつつゆっくり流れる時間の中でマリーが徐々にデューイに心開いていく様子がとても自然で微笑ましかったです。
マリーの友達とデューイの友達のカップルもとっても素敵。
是非、シリーズ化して欲しい物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ブライディ家の押しかけ花婿

2017/06/16 19:14

面白い展開

5人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プリンママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

過去と現在を上手に混ぜ合わせて穏やかに話が進みます。押しかけ王子の花婿の押しの強さは嫌味がなく自然体で、事件があってもほのぼのして読むことができます。挿絵はかわいらしいのですが、登場人物の年齢に比べて絵が幼すぎるような気がします。絵に影響されてしまうと、本文との違和感があるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ブライディ家の押しかけ花婿

2017/07/09 17:30

丁寧さが素敵

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wakana - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒロインは全く結婚すり気も恋すらする気もないのに、ヒーローは突然荷物を運んできて同居に持ち込み、押しかけ婿に。
という強引な設定とは裏腹に、ゆっくり恋していく、その過程が丁寧に描かれていて非常によかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本若奥様、ときどき魔法使い。

2017/03/09 12:16

若奥様、ときどき魔法使い

3人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アース - この投稿者のレビュー一覧を見る

今読んでる
若奥様が時々しか魔法が使えないのはどうしてかわからない
ぬいぐるみには魔法が使えたのに
そんな妻に甘い夫

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本若奥様、ときどき魔法使い。

2017/02/10 15:27

貴族はみんな魔法使いである世界

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギンママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ときどきしか魔法が成功しない落ちこぼれの魔法使いの女の子ローズが主人公の可愛い話でした。従僕はぬいぐるみのくま、執事はうさぎで、女王様の使者はアライグマと雰囲気は児童文学テイストです。ちょっと違うのは、ローズが17歳にして既に既婚者だという事ですね。無口で表情に乏しい旦那様レンが、ローズに微笑まれたり、キスされたりすると、嬉しくて花をポンポン咲かす、というのも微笑ましかったです。

一話目はローズが子供の頃のトラウマを克服して「春荒れの魔女」になるまでの話。二話目は、ローズとレンの出会いと結婚に至るまでの短編で、三話目は、ローズの意地っ張りな友達リナと、レンの副官ティオのすれ違いラブストーリーでした。

あっちこっちで夫婦の温かい愛情が目一杯感じられる一冊で、読むのが楽しかったです。ちなみにリナとティオの話も最後は結婚でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本若奥様、ときどき魔法使い。

2016/09/15 13:54

若奥様、ときどき魔法使い。

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みすてり - この投稿者のレビュー一覧を見る

魔法を上手く使えない落ちこぼれの伯爵令嬢ローズは若くて優秀な魔法審議院長官レンと結婚した。

貴族は皆、魔法使いである王国では「春荒れの魔女」が不在のため冬が続いていた。
冬の精霊たちが暴れまわり、魔法使いが氷漬けにされる事件が次々と起こっていた。
これを解決できるのは次代の春荒れの魔女だけなのだが中々現れない。

突然、王宮に連れて来られ夏燃えの魔女で女王から春荒れの魔女に早急になれと命じられ王宮に閉じ込められる。
ローズ大好きなレンはそれにキレてしまい……。

ローズは無事に春荒れの魔女になり事件を解決できるか?

兎に角、夫婦はラブラブです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ブライディ家の押しかけ花婿

2018/03/30 15:53

パッケージ大事…

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:vanilla - この投稿者のレビュー一覧を見る

お話はそこそこ面白いんですよ…。

コバルト文庫は、たまにイラスト選択でがっかりさせてくれますね。
挿し絵が話の足を引っ張るのは、いかがなものかしらん。

雰囲気とか、相性とか、
他にもっとマッチする絵があるんじゃないの~?
ロマンチックさが無さすぎます…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。