サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

ハイスクール・オーラバスター みんなのレビュー

  • 若木未生, 高河ゆん, 杜 真琴
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

やっときました!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ともちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 若木未生先生のハイスクール・オーラバスターが、いよいよ術者VS炎将です。待ちに待った炎将編ですよ〜。新しいキャラもでてきて、おもしろさアップです! 亮介や諒達は、炎将に勝てるのか!? 忍様は〜? ドキドキワクワクの一冊です!!!
 このシリーズを読んだことない人は、天使はうまく踊れないから、読んでみてくださいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新生オーラバ、始動

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桜木渉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

はるか古に天のさだめた因縁。妖は人を喰らい、空は妖を喰らうものであると。
ついにあのハイスクール・オーラバスターが帰ってきた!!
「崎谷先輩はきらい」
きっぱりと告げる冷泉院皐。空者や妖者と言った言葉を簡単に口にする彼女は、しかし妖の者ではない。ではなんなのか?
母の使いであった雪<すすぎ>に襲われた希沙良。心はまだ砕かれたまま、癒えてはいないというのに。
個々の胸に刻まれるモノは痛くて辛い。けれど目が離せない。
言葉の美しさに酔い痴れる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

子守唄の罠が…!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杏花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 オーラバスターの能力者として目覚めた崎谷亮介。ある日、同じ能力者である希沙羅、十九郎と待ち合わせをするが、十九郎が時間になっても来ない。その時、十九郎が妖者に襲われたと知らせが入る! 次に、希沙羅が強烈な妖気を胸に受けて昏倒してしまう。敵は強力な力を持つ女のようで…!?
 大人気小説、ハイスクール・オーラバスターの二作目。テンポが軽快で、軽く読んで行けます。今回は希沙羅の家庭環境などが出て来て、希沙羅中心のお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

動き始めた運命

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杏花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公の崎谷亮介は外見はごくふつーの一般男子高校生。だが、人に見えないもの、幽霊が見える体質の持ち主だった。
 そんなある日、真夜中に民家の屋根の上を『お散歩』している男を目撃してしまう。次の日、通学中に駅の階段から落ち、知らない美少女に不思議な能力で傷を治してもらう。そして、学校に着くと昨日非常識なお散歩をしていた男が亮介のクラスに転入してきて…。
 大人気ハイスクール・オーラバスターの第一作目。亮介を中心として動き始める展開には目が話せません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

永遠の幸福の先にある孤独。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みやぎあや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分は平凡な人間だ、と半ば諦めの混じった日常を送る高校生月穂に、「心を穏やかにして人を羨むのはやめなさい、そうすれば幸運が訪れる…」と謎の男が囁いた。彼の教えを守った月穂の元には思いがけない幸運が立て続けに転がり込み…。
 幸せになるために、夢を叶えるために、自分にできるギリギリのことをしてきたはずだった。だけどうまくいかなかった…。それは月穂だけの思いではない。何年も経ってから思い出してみれば些細なこととして流せる出来事も、その瞬間はおそろしく重い。どんな形であれ大勢の人が持っている痛みが、ダイレクトに伝わって胸に来ました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時代は常に動いている?

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雪屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々に、それはもう久々に読んだ訳ですよ! オーラバ。
何が凄いって、時代背景の急激な違いでしょうか?
読み始めた頃は年上だった主人公達の年齢を、軽〜く追い越してしまい、同じ作品に対しても見方が変わってきている事を感じますが…やはり、面白いものは面白いのです!!
ティーンズ向けではありますが、年齢を問わず読んで頂きたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

炎将編が今、終幕を迎える。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桜木渉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

不滅の王とこの永遠の娘で、ついに炎将編は終幕を迎えた。
炎将が始めて登場したとき——それはもう、数年前にもさかのぼるが——、大嫌いだった。子供っぽく、わからずやで、それでいて強い。
敵将のなかでも、最も嫌いなタイプだった。

炎将が次に登場したとき、それほど嫌いではなくなっていた(別に好きでもなかったが)。

そしてシャドウイーター。
炎将の元には一人の猫がいた。
名前を春名子。
何の能力も持たない人間の春名子は、炎将と行動を共にしていた。
何故?
ちぐはぐな二人の最後の物語。

だいっ嫌いだった炎将は、いつのまにか、絶対に失いたくない存在になっていた。
それは春名子との出会いに始まって。そして、この終幕が降りるとき。
伽羅王と炎王の決着が、今。

人を喰らう妖の者と一緒に暮らした人間の春名子は、猫と呼ばれていた。その関係は、外から見れば、何かおかしなものだったけれど。それでも当人には大切なものだったのだろう。
そう、思う。

炎将の、本当に最後の物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。