サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

【シリーズ】上海恋茶館 みんなのレビュー

  • 青木祐子 (著), サカノ景子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

高い評価の役に立ったレビュー

電子書籍 【シリーズ】上海恋茶館 アール・グレイは琥珀のくちづけ

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014/11/16 23:36

それを恋と言うのかな?

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2巻目です。

リリアの元にリリアの父が行方不明になる直前に送ったと思われる荷が届く。中身は王と呼ばれる幻のお茶の葉と白い花だった。リリアは父の最後の茶葉を追い求めるがそれは同時に身の危険も伴っていて----。

龍之介がカッコイイのか情けないのか…。両方が龍之介なんでしょうね。そこが良いのですが。リリアは本当に龍之介に恋をしているのか疑問です。まあ、初恋ですからこんなものなのかもしれませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

電子書籍 【シリーズ】上海恋茶館 ジンジャー・ティーは熱くまろやかに

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014/11/17 01:39

これで終わり?

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

リリアは父が取引しようとして手をひいた相手を確かめたくたかった。ルパートからのフェイへの誘いは絶好のチャンスで接触を試みる。ひょんなことから明がその相手に捕まってしまう。調査から戻らないリフェイを心配したリリアと明を探していた龍之介が相手の本拠地に乗り込むことに----。

龍之介の過去が明らかになります。ヒロイン・リリアはどんな過去や地位があっても龍之介は龍之介だと広い心で、ある意味達観しています。この巻は龍之介が主人公と言っても良いのではないでしょうか?

最終巻です。二人の関係が曖昧になってお話自体がフェードアウトしてしまうので、そこのところがもやもやしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

3 件中 1 件~ 3 件を表示

それを恋と言うのかな?

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2巻目です。

リリアの元にリリアの父が行方不明になる直前に送ったと思われる荷が届く。中身は王と呼ばれる幻のお茶の葉と白い花だった。リリアは父の最後の茶葉を追い求めるがそれは同時に身の危険も伴っていて----。

龍之介がカッコイイのか情けないのか…。両方が龍之介なんでしょうね。そこが良いのですが。リリアは本当に龍之介に恋をしているのか疑問です。まあ、初恋ですからこんなものなのかもしれませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

恋には少し遠い距離

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

リリアン・ミルドレッドは16歳で上海租界の参事のひとり、豪商の父と同時に母を亡くした。リリアの相続する莫大な財産に各人の思惑が乱れる。その思惑の一つ、叔父の息子と結婚させられそうなのを阻止する為、日本からとある理由で逃げてきた龍太郎がリリアの仮初めの恋人を演じることになる。仮初めのはずの恋人がいつしか----。

ヒロイン・リリアが主人公かと思ったら、龍太郎とのダブル主人公でした。恋話より租界の陰謀(?)話がメインでしたが、十分面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これで終わり?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

リリアは父が取引しようとして手をひいた相手を確かめたくたかった。ルパートからのフェイへの誘いは絶好のチャンスで接触を試みる。ひょんなことから明がその相手に捕まってしまう。調査から戻らないリフェイを心配したリリアと明を探していた龍之介が相手の本拠地に乗り込むことに----。

龍之介の過去が明らかになります。ヒロイン・リリアはどんな過去や地位があっても龍之介は龍之介だと広い心で、ある意味達観しています。この巻は龍之介が主人公と言っても良いのではないでしょうか?

最終巻です。二人の関係が曖昧になってお話自体がフェードアウトしてしまうので、そこのところがもやもやしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。