サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

修正:全商品10%OFFクーポン(1113-19)

電子書籍

貴族探偵 みんなのレビュー

  • 麻耶雄嵩, 麻耶雄嵩 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本貴族探偵

2017/04/07 11:27

探偵は言った「労働(推理)は下々のすることですよ。私はしません」

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アントネスト - この投稿者のレビュー一覧を見る

「労働は下々のすることですよ」
ゆえに主人公・貴族探偵は、何もしない。調査も、尋問も、推理さえも労働。労働(=推理)をするのは執事やメイド。貴族探偵は見ているだけ。よくもこんな名探偵を思いついたものです。彼と周囲のかみ合わないやり取りが、なかなか笑わせてくれます。
しかし、キャラクターのとっぴさに目を奪われがちですが、単純にミステリとして秀逸な作品ぞろいなことが、この短編集の最大の売りではないかと思います。
特に、大胆すぎてユーモア(ブラックユーモアの類ですが)の域に片足を突っ込んでいるトリックの切れ味がよい「トリッチ・トラッチ・ポルカ」。ごく平板な物語がラストで変貌し読者を驚嘆させる、超絶技巧の「こうもり」が、印象深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本貴族探偵対女探偵

2017/01/29 18:21

決着は最初から

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のぉちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編で貴族探偵と女探偵の対決は何度もあるのに、必ず貴族探偵の勝ち
最後の最後で女探偵が勝ったと最後の話でガッツポーズした
ガッツポーズしたけど、負けた
女探偵に感情移入して読みました

貴族探偵と言いながら推理を語るのは使用人
探偵を労働と言う感性はあまりない

読者として騙された
そして心底、腹が立つのに続きがあったら絶対に読む
中毒性があると本気で思います

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍貴族探偵対女探偵

2017/04/13 23:49

頑張れ女探偵

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mancha18 - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎回(最終話だけ違いますが)女探偵が貴族探偵を犯人と指摘し、それを使用人達の推理で覆されるという短編集。
ワンパターンと言えばワンパターンなんだけど、女探偵の推理がクッションとなり、使用人達の登場の「待ってました!」感がより強まるので、前作よりも面白く読めた。
ただ、『幣もとりあへず』は、複雑な上にアンフェアギリギリ(っていうか、ギリアウト気味)なので、理解するのが結構大変だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本貴族探偵

2015/02/08 15:19

前代未聞の探偵!

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:翠香 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「探偵」と名乗ってはいるものの、捜査は一切しない。
彼の手足となって働くのは、執事やメイドたち。
それどころか推理もしない。
「推理などという面倒なことは使用人に任せておけばいい」と言い放ち、
自分は優雅に紅茶を飲んでいるか、女性を口説くのに忙しい(^^;)
手足のみならず、頭脳までも使用人まかせ。全く前代未聞の探偵です。
本作は5編からなる短編集です。
貴族探偵の登場の仕方はそれぞれ異なるものの、基本パターンが同じなので
あまり長く続くと飽きてしまいそうですね。
使われているトリックは、犯人のミスを逆手に取ったものや、叙述ものなど盛りだくさん。
切れ味鋭く小気味いい短編集でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本貴族探偵

2017/07/18 14:52

面白い!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サッちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

予想ができない展開が起きてなかなか楽しい話でした!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍貴族探偵

2017/07/18 07:37

ドラマよりも原作の方が面白いと思いました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:monica - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマを観てから、原作を読みました。ドラマにもドラマの良さがあったと思いますが、ドラマの脚本よりもサクサク進み、トリックに強引さがなく、面白いと感じました。同じ短編推理だと、「謎解きはディナー」の方が好きという感想を何度か目にしましたが、私は貴族のキャラクター設定の方がしっかりしていて、引き込まれました。引き続き、彼の他の作品も読んでみようと思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍貴族探偵対女探偵

2017/09/08 13:54

読みやすいミステリーです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:monica - この投稿者のレビュー一覧を見る

気楽に通勤中などに読むにはちょうど良い軽さの小説です。登場人物も個性的でドラマ化されたのも納得。もう少し他のエピソードを読みたいかなっとも思います。しかし、今回から出てきた女探偵は正直に言って、必要なかったかなっと思います。私が女性のせいか読んでいてイラっとさせられる事がありました。とはいえ、最後のエピソードは面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示