サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

薔薇は花降る都で咲き初める みんなのレビュー

  • 小田菜摘, まち
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本薔薇は聖なる都で咲き誇る

2015/10/23 22:43

咲き初める、その後

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:積み本コワイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻の『薔薇は花降る都で咲き初める』のその後の話。マリアンジェラとレオナルドがお互いを伴侶として選び、そのために超えなくてはいけない彼女の兄と実の父という構図。なかなかのドラマチック展開ですが、最後は少し駆け足だったかな~という印象でした。
前作と今作で完結とするならば、もう少し最後は丁寧に書いて欲しかった!
説明文だけでなく、せめて二人の会話か聖王とのやりとりがあれば良かったと思うのですが、白い結婚じゃなくなったんです、あとはご想像ください……という読者への丸投げ感が半端ないです。締めの場面を想像で補填するしかないというのは残念でした。

あと、物語としては関係ないことですが、文章のところどころに誤植なのか、助詞が無駄についてたり、足りなかった箇所がありました(第一刷発行)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ヒロイン、頑張る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラウラーノ共和国のヴィスコンティ家に期限付き契約結婚したオステリアの薔薇と呼ばれるマリアンジェラは、人妻であった母と聖職者である現聖王の地位にあるクレメンスとの間にできた不義の子だった。マリアンジェラはそのこととと、義父に「お前され生まれてこなければ!」と言われ殺されそうになった過去ゆえにいつも周囲に嘲笑されているように感じて心を凍らせて生きてきたが、結婚相手のレオナルドはそんなこと微塵も気にせず、それどころか「生きていてくれてよかった」とマリアンジェラの全てを肯定するのだった。そんなレオナルドにマリアンジェラはいつしか魅かれていき、仮初めの契約結婚を本物にしたいと考えるようになったのだが----。

本当の父親、聖王クレメンスがマリアンジェラの気持ちなんかお構いなしにレオナルドとの結婚無効を迫ってきます。クレメンスは愛だと言いますが、完全な我儘、昔奪われた恋人の代わりの執着でしかないのを本人が自覚しているところが怖いです。

ちょっともやっとした終わりなので、2巻で完結なら物語としては不出来な感ががします。でも、続刊が出るにしては、ヒロインがすっかり強くなったのでこれ以上はいらないような気もします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

凍り付いたヒロインの心が溶けてゆく

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

アレベルティ侯爵家令嬢マリアンジェラはオステリアの薔薇と称される美少女であったが、人妻である亡き母と聖職者である聖王(当時は枢機卿)との間にできた不義の子であることを知らぬ者が無い存在であった。実の父聖王クレメンスに溺愛されており、表立って侮蔑されるようなことは無かったが、マリアンジェラは人々に笑顔の下で嘲笑されていると思い詰め、いつしか15歳の少女らしい感情を凍り付かせてしまっていた。唯一公に認められた家族である兄アルフォンソの毒のある言葉に気付かないふりをして3度も政略結婚を繰り返していた。4度目の結婚相手、ラウラーノ共和国のヴィスコンティ家当主レオナルドは契約結婚だと解っているのに、今までの結婚相手と違い人としてごく当たり前にマリアンジェラに接してきて----。

ヒロイン・マリアンジェラが後ろ向きな所から始まって、やがて自分の本当の気持ちを知り強くなっていくという、ヒロインを応援したくなるお話でした。
しかし、兄アルフォンソの真実の姿に、真実を知るまでべったり寄りかかっていたヒロインがレオナルドの後押しがあるにせよ兄離れする辺りは興味深いシーンでした。
マリアンジェラとレオナルドが、期限付きの契約結婚をいかにして反故にして幸せになれるか、次巻以降が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。