サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍

娼年シリーズ みんなのレビュー

  • 石田衣良
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本娼年

2010/08/14 22:58

優しさと静けさに満ちた小説。

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かず吉。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

娼年。文字どおり、体を売る男の子の話。
男の子といったら語弊があるかもしれない。

主人公とは大学にほとんどいかずにBarでアルバイトを
している、何をしたらいいのかわららない、20歳。
偶然であった、女性のためのCall boy Clubを経営している
女性と知り合い、体を売るようになる。女性もセックスも
つまらないと言ってはばからなかった主人公は、その世界に
はまっていく。

お客さんごとに違う要求、違う性的指向を目の当たりに
して、主人公は性を追求していく。セックスの指向なんて
ほんとに人の数だけあるんだと思う。

石田衣良さんの小説の中でも雰囲気がだいぶ違う本で、
その雰囲気がとても僕は好きで、何度か読み返している。

小説に漂っている、静かな、穏やかな雰囲気がとても
気に入っている。

性的な描写もとてもきれいに書かれていて、嫌悪感は
僕にはない。もしかして、読む人によっては嫌悪感を抱く
かもしれない。

今回も読み返している最中から、何かうまく説明できない
けれど、心に浮かんできて、読み終わった今、心の片隅には
何かが確実に、残っている。そんな小説。



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍娼年

2013/01/27 22:32

衝撃

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いもっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段、時代小説を中心に読んでいて、電子書籍で初めてこの作者の本を読みました。
ちょっとエロティックなモノだとは思いましたが、人間の性を見事に描いていて感心しました。
登場人物を自分で組み立てる現代作家さんは、すばらしい想像力と観察力で描いているのがよくわかりました。
続編も読みましたが、この作家に嵌まりましたね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本娼年

2004/05/24 10:34

「娼年」というタイトルながら、少女のように心震わせる女たちに目が吸い寄せられる

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミケ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「娼年」というタイトルが、目に飛び込んできた。
電車で居眠りをしていて、ふと目が覚めたそのときに。

 少女漫画「正しい恋愛のススメ(一条ゆかり)」を読んだことがあるので
あんな感じで美少年の男娼が出てくる話かな、と思って読み始めた。
そう、その通りでした。
美少年(美かどうかわからないけど)が、ふとした好奇心から男娼になり
普通のホストクラブなどには、たぶん来ないであろう種類の女性たちを相手にする。
 タイトルが「娼年」だから、20歳の大学生リョウが主人公の、ひと夏の成長物語であると
思うのだが、私はリョウが相手をした女性たちの方に意識が流れていった。
それは私が女性だからかもしれない。
男性作家の描いた女性なのに、これほど彼女たちの哀しみのようなものが私の心に
沁みてくるのが驚きだった。
名のある男性作家の描く女性像というのは、今までちっとも心に響かなくて
「何なの、コレ。」という感じで反発を覚えたものだ。
女性が女性を描いた時もまた、特に官能的な場面は生臭い感じがして私は好きではないのだが
この小説の中の女性の描写には生臭さを感じなかった。
女性が知っている女性というものを、生臭くなく、まるで少年のような透明さで描いていると思う。

 陽炎のような、水のなかでゆらめいているような、そんなつかみ所のない印象の中で
(つまり、そのことで登場人物すべての不安な心の揺れを感じ取れるのだが)
ひときわ実在感を持って迫ってくるのが、リョウの大学の同級生メグミだ。
あの、断定的な物言いは、「常識的」すぎて、逆に何かに取り憑かれているような狂気を感じた。
「きっとリョウくんも、いつかわたしに感謝するようになる。
わたしはすべてリョウくんのためにやるんだからね。」
とたたきつけるように言ったメグミの姿は、そのまま子どもに対する母親の姿と重なって怖かった。
リョウが男娼として売れっ子になりダブつくほどのお金を稼いでも、金銭的な感覚が
マヒしないようにとバーテンダーのバイトを辞めないのと同じで、メグミのその怖いくらいの
「常識的行動」もまたこの社会で生きているんだという実感を忘れないためにリョウには
必要かもしれない。

 石田衣良の小説は「うつくしい子ども」とこの「娼年」しか読んだことがないけれど
繊細なタッチがかなり読み心地が良いので、他の作品も読んでみたいと興味が湧いてきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本娼年

2005/02/03 11:50

傑作。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

石田衣良を知らずしてこの本を手にする人はあまりいないだろうが、もしそんな人がいたらちょっと眉を顰めるような内容かもしれない。20歳の青年リョウが、娼夫として一夏を過ごす中で色々な女性と知り合い、成長していく?と言った物語。特殊な趣味を持った女性もいる。いや特殊な趣味をもった女性の方が多い。中には自分の祖母より年上と思しき女性とも、ベッドを共にする。その中で、女性と人間とを知っていく。
性的描写が細かく具体的で、ちょっと面食らう部分もあったが、しみじみと胸に染み入って来る物が確かにある。そして、確かに彼の作品でしかありえないと思わせられるテイストがある。
大変な売れ行きを見せ、直木賞候補になったのもうなずける1作。彼の作品はどれも素晴らしいが、その中でも珠玉の1作と言っていいのではないだろうか。特に女性ウケしそうな作品に思えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本爽年

2018/05/25 15:24

寝た

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「娼年」に始まり「逝年」を経て、シリーズ第3弾。そして、これが最終巻らしい。映像化もされたし、石田氏の作品では記念碑と言っていいかもしれない。女性の性と心理を書かせたら抜群の人だが、男娼を主人公にするとなれば、ネタとしても、ここいらが収めどころか。寝た、というのはヘタな駄洒落だけれど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍爽年

2018/05/17 21:28

リョウくんってこんな感じだった…?

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えんげ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前2作に比べて物足りない印象が否めない。

シリーズを通してこれまでも登場してきた女性達の性については、様々な欲求があって当然だろうし、それ自体にはさほど驚く様なこともなく、
この作品ではそれよりもむしろリョウくんがどう反応し、言葉を選び、受け止めていくかのプロセスや、彼自身の感性に期待するのだが、今回は主語が「日本は~」「この国の未来は~」などが多く、読んでいてリョウくんではなく著者自身の姿が邪魔をしてきた。

個人的にはリョウくんとクラブのメンバーたち関わりも楽しみにしていたが、今回はあまり触れられていなかったので消化不良な感じが否めない。
このシリーズの魅力はリョウくんだけでなく周りのメンバーの魅力あってこそだったのだと感じた。

うーん、もう一度1作目から読み返したらまた違う見方ができるだろうか。。

アズマ。
アズマの物語を読んでみたい。凄く。いつか書いてくれないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本逝年

2018/05/11 22:24

密度

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性を相手にする男娼組織「クラブ・パッション」。そこのナンバーワンと呼ばれるリョウが主人公。あらゆる女性とのセックスを通し、生と死を考えていく。着想の面白さは買っていいし、前作「娼年」を読んでみたい気にもなるが、残念なのは、前作でクラブの存在を警察に通報したらしいメグミが、あっさり組織のスタッフになってしまうことと、性同一性障害のアユムの父親が、これまた息子の仕事を簡単に認めてしまう点か。もう少し書き込めば、密度の濃い作品になると思うのだが…二匹目のドジョウの難しさ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍娼年

2012/05/27 15:24

わかりません

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kじいさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

一度読んでみたいと思っていました作家の本をようやく手にしましたが、表示がままならずまだ読んでいません。どうしたら読めるようになるのですかね?。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。