サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍

俺、ツインテールになります みんなのレビュー

  • 水沢夢(著), 春日歩(イラスト)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

電子書籍俺、ツインテールになります。

2015/10/28 12:04

真面目におばか設定を貫き通します

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:water - この投稿者のレビュー一覧を見る

大変面白いです。

ツインテールをこよなく愛している男の子が、ツインテールという概念を
奪い取っていく異世界からの侵略者から、ツインテール属性を守ります。変身すると、ツインテール幼女になります。

侵略者達は、見た目はごついが、中身は男気あふれています(ただし、自分の属性、もとい、フェチズムに!)。

大変おばかな設定ですが、どこまでも真剣に物語を進めています。いつしか、その世界感に引き込まれます(なんとか、引き返しましたが)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最終決戦

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マリコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最終決戦の下りも良かったけど、幼馴染との夜のやりとりは読んでいてホッとしました。どうか、皆が幸せになりますように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最終局面

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マリコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらずのコメディチックを交えつつのシリアス展開へ。そうなってくると、彼女の復活はあるのでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ツインテールは最強少女

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校入学してすぐ、ツインテール好きを暴露されてしまった観束総二は、幼なじみでずっとツインテールをしている津辺愛香と一緒に、善後策を相談していた。そこに突然、トゥアールと名乗る巨乳少女が現れ、観束総二にブレスレットをして欲しいという。してくれれば、代わりに何でもしてあげるという条件付きで。
 総二はツインテールにしてもらおうと心に思うが、津辺愛香は怪しい商法だと大反対。しかしトゥアールは、半ば強引に、総二にブレスレットを装着させてしまう。

 まるでそれを待っていたようなタイミングで、アルティメギルという異世界人が地球にやってきた。彼らは人間の属性力(エレメーラ)をエネルギー源として生きている。
 属性力とは、ツインテールやナース服、ブルマなど、何かを大好きだという心の力であり、それはどんなエネルギー源よりも膨大なエネルギーを秘めているという。総二は、彼自身のツインテールに対する属性力の強大さをトゥアールに見込まれ、ブレスレットを介してテイルギアという、アルティメギルと戦う力を託されたのだった。

 津辺愛香の反対を受けつつも、属性力を奪われるとその少女は二度とツインテールに出来なくなってしまうと聞き、観束総二はツインテールを守るために戦うことを決意する。そしてトゥアールは、そんな総二に一目惚れをし、彼の童貞を奪うことを決意するのだった。
 そこから繰り広げられるのは、二つの死闘だ。一つは、テイルギアを装着しての外敵との戦い。もう一つは、愛香とトゥアールの女の戦いである。

 テイルギアを装着して総二が戦う姿は、神堂慧理那をはじめ、ツインテールのファンを増やす結果となり、自宅に秘密基地が出来て、母親の観束未春を喜ばせる結果となるのだった。

 タイトルに偽りなく、おおよそツインテールとしか言っていない。そして、侵略者との戦いよりも、泥棒猫との戦いの方がバトルらしいという、ハイテンションなラブコメという趣だ。
 そんな中で、妙に真面目に、キャラクターの動機を丁寧に描いていたりもする。主人公に惚れるヒロインはお約束だが、なぜ惚れるかと言うことを、それなりに納得できる形に仕上げているのだ。おそらく、物語を読んでいてそういうことに疑問を持つ人だったのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アニメBD特典小説の再録に書き下ろしを加えた短編集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nawade - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメBD特典小説の再録に書き下ろしを加えた短編集。

短編集といいつつ、連作短編みたいになっているので、短編集っぽくない印象です。
短編集ということでバトル控えめでコメディ重視な仕様。
いつも以上に愛香とトゥアールのどつき漫才が楽しめる上、2人のチョメチョメまで楽しめるという2人の絡み合いが好きな人には堪らない内容でした。

秘密基地の解説も楽しく説明されてて良い感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

休息回&新たな戦いの幕開け

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nawade - この投稿者のレビュー一覧を見る

奪われた属性力を取り返した総二に生じた女性に対する意識の変化の影響か、いつもより蛮族指数の減った愛香が可愛い。
執事とお嬢様ごっこの似非お嬢様っぷりが可愛い。
大きな戦いをくぐり抜けた後の温泉エピソードを含んだ休息回ということで、愛香以外のヒロインも女子力?向上で桜川先生まで可愛く見えてしまうのだからある意味末期的。
だが、四頂軍最後の一隊・神の一剣が襲来し、新たな戦いの火蓋が切られる。
より変態性を増した敵を相手に団結力で対抗していくことになるのだろうか?
慧理那が母親と同じ道を歩み出さないか心配。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

究極のツインテールとは!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nawade - この投稿者のレビュー一覧を見る

究極のツインテールとは!?
究極のツインテールとはツインテールになることではない。ましては、ツインテールに支配されることでもない!
ツインテールを失ったことにより、そして仲間に支えられることにより辿り着いた真実。
今こそ過去の自分をぶち破り、新生せよ、テイルレッド!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。