サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

【シリーズ】くちびるに歌を みんなのレビュー

  • 中田永一 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本くちびるに歌を

2019/01/25 13:31

途中で断念

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読書はじめました - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化さていたので、期待しすぎていた。
途中まで読んだけど、スラスラ読めず、
ページが進まないのでめんどくさくなって断念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍くちびるに歌を

2019/06/19 11:16

合唱

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マルタン - この投稿者のレビュー一覧を見る

合唱を通して青春が描かれていて、また読みやすい。
映画化もされているが、小説の方が馴染みやすい。
時間があったらまた読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍くちびるに歌を

2015/08/29 11:54

ひとが楽器になる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kamakama - この投稿者のレビュー一覧を見る

長崎五島列島の合唱部を舞台にした青春小説。
男嫌いの女の子とぼっち上級者の男の子が主人公。
男の子と女の子が対立したり、告白があったり、
まさに「青春」って感じです。
合唱への表現がわかりやすく、
合唱に対する考え方が変わりました。
映画化もされているようで、そちらも気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本くちびるに歌を

2018/08/30 11:36

映画よりいいかも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hontoの椿麗之介 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画は新垣さんをはじめ若手の俳優さんがみんな魅力的で素晴らしい作品になっていました。ただよりドラマチックにするためか原作とはかなり設定が違っていて,その分小説のほうが自然な感じがします。両方とも楽しめる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本くちびるに歌を

2014/04/26 00:18

映画化希望

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:avalon - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の事にまだ自身が持てない主人公、自分が此の世に生を受けたいきさつから殻を作っていた。偶然の事で合唱と出会い、殻が破れて行くところが清々しい。舞台は九州長崎なので丁度、年齢が同じHKT48の子たちで映画を作って頂けると小説から飛び出したリアルとなることとおもいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本くちびるに歌を

2016/04/22 09:16

合唱

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

合唱部に男子が入ってきたことで生まれる男子と女子の対立。それぞれの子が抱えている悩み。合唱を通して成長していく子供達。最後ナズナがサトルのお兄さんに会えて良かったです。感動でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本くちびるに歌を

2016/03/27 15:08

映画「くちびるに歌を」に感動

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiroyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画「くちびるに歌を」を先に見て非常に感動したので、記念の意味もあって購入。より深く、映画の世界を味わえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本くちびるに歌を

2016/01/24 18:43

最高

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K - この投稿者のレビュー一覧を見る

全ての伏線が綺麗に回収され、後半にかけて一気に読み進めたお話でした。大人のイメージする「中学生」らしい中学生ではなく、誰の心のなかにもいる「中学生の頃の自分」を思い出しながら読んでいました。とても心地の良い青春小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本くちびるに歌を

2018/05/09 23:04

歌はいいよねえ、若い子はいいよねえ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

『くちびるに歌を』は、中学校の合唱部の話。
  NHK合唱コンクールの課題曲が「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の年の話。  舞台は長崎の五島。
  歌はいいよねえ、若い子はいいよねえ、というのが、おじさんの感想。
  映画化もされていて、主役はガッキー。
  そんな音楽の先生がいたら、男の子も合唱部に入るかもね、というのもおじさんの感想。
  ラストの数十ページは途中でやめられなくて、電車の中で最後まで読んでしまいました。
  コンクールのステージが終わってからほんとうに感動的な場面があるのがいい。なんか、五島に行きたくなったなあ。おいしいもなかもあるしねえ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。