サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

ヤマザキマリ氏は規格外の人物でした

14人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

「遠望ニッポン見聞録」を読んで感銘を受け、本書も読んでみました。本書は、ヤマザキ氏の自伝で、人生の節目に出会った人々や本のことを中心に語っています。

 ヤマザキ氏を含む我々の世代は、「新人類」と呼ばれ、「自分が傷つくことは避けようと行動する」と言われた世代です。「無気力」「自分勝手」「マニュアル人間」とも揶揄されました。また、戦後の貧しい時代に食べることさえ苦労した親たちから、「有名大学を卒業して、大企業に就職することがゴールだ」と言われ、安全で安定した生き方を目指し、コツコツと勉強した世代でもあります。だから、その子供たちである「サトリ世代」に対しては、もっと安全な生き方をするように育てているのでしょう。そんな同世代であるヤマザキ氏の、「新人類」ではない波乱万丈・破天荒な人生に、私は驚愕しました。
 「国境のない生き方」というのは、月並みな言葉では「自分の殻を破りましょう」ということだと思います。自分の殻に閉じこもると、その先にある広大な世界や自分の未来(可能性)が見えなくなるものです。だからこそ、今から人生を切り開いていく若い方には、本書を一読し、自分の未来について考える機会にしてもらいたいと思いました。
 また、母親のヤマザキ氏への影響力は半端ないものがあります。幼少期の親の教育(=躾)がいかに子供の人生を左右するかということが理解できますので、真似はできないと思いますが、子育て世代の方にも本書を一読することを勧めます。

 社会人になりたての頃、「若い時の苦労は買ってでもせよ」と、旧世代の方たちに私も散々説教されました。当時は「誰が好んで苦労なんか買うかよ!」と無視(反抗)したものです。しかし、今となってみると、確かに真理であったと、読後、素直に思いました。
 一方で、人生をやり直すとしても、ヤマザキ氏の真似は絶対にできませんし、結局、冒険はせず、安全で安定した平凡な道を探すような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

等身大ですごい人

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomoaki - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の漫画は読んだことがなく、映画もみていないのだが、
何かの雑誌でエッセイを読んでお気に入りの作家の一人になった。
14歳でヨーロッパを一人旅。確か佐藤優も10代で東欧だったかロシアだったかを一人旅したと本を出していたのではなかったか。自分の軸がある表現者は、それなりの体験・経験をしているものなのだ。

イタリア、ポルトガル、シリア、アメリカ…と、著者が済んだ国もおもしろい。日本だけで人生設計を考えるのが本当にもったいないな、と思わせてくれる本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

国境のない生き方

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Cecilia - この投稿者のレビュー一覧を見る

山崎マリさんの著書を初めて読みました。アーティストの生き方としても、今を生きる女性として見ても力強くとても魅力を感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

(о´∀`о)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに惹かれて読んでみました。(о´∀`о)
初めて知ることが多くとてもためになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

元気付けられました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Littleover - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヤマザキさんの色々な経験に驚いたり、考え方に共感したりしながら、生きるっていいなと思いました。はじめから諦めたり限定したりしないで、自分の思うように毎日を元気に過ごしたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

暗い気持ちが軽くなる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヤマザキマリさんファンにとって、普通のときに読むには、ちょっと物足りないかもしれない。いつもヤマザキさんがインタビューや漫画で話している内容も多いから。でも、3月の年度末のちょっと不安な時期や、人生がうまく行っていないとき、これほど心づよい本はありません。読みやすくて、力強い。元気になれる、またがんばってみようと思えるようになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

元気が出る本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:音々 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヤマザキマリさんは、世界的に大ヒットした「テルマエ・ロマエ」の作者です。テレビにもよく出演されていて、波乱万丈の人生を送られていることを知っていましたが、この本を読むともっと圧倒されました。幼い頃から最近までを書かれていますが、いつもひたむきで全力疾走。ビックリするようなエピソードは山ほどありますが、高校生の時に校則の三つ編みに納得がいかずスキンヘッドに。14歳のヨーロッパ一人旅はご存じの方がおられるでしょう。17歳でイタリアに美術留学。27歳の時に未婚で出産、彼と別れて帰国。その子を育てる為に漫画家デビュー。イタリア語教師やリポーター等を掛け持ちし、それらの経験や人との出会いが「テルマエ・ロマエ」を生み出すのです。現在は14歳のイタリア旅行で知り合ったマルコ爺さんのお孫さん(13歳年下)と結婚されてイタリアにお住まいです。この本によるとマリさんのお母さんも型破り、マリさん以上かもしれません。読むと元気がもらえる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白いです。文章もうまい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:veinmx - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなふうに気軽に、海外(ヨーロッパ)と日本を往復して生きられたらいいなあ、というあこがれの気持ちをかき立てられました。固定観念を外して、海外でもどこでも生きられるのではないか? というふわりとした身軽な気持ちにさせられます。文章がうまく、日本社会に対する批判精神も旺盛。面白い本です。ただ、著者のようにマンガ芸があれば、いいのですが、海外でどうやって生活費を稼ぐか、というのは、海外志向のアジア人にとって、永遠の課題でしょうね。。やはり技術を磨くしかないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

パワフルな人です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

たくさんの経験と共に、その時に読んだ本が紹介されています。派生して、そちらの本も読みたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。