サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

死にたい、ですか みんなのレビュー

  • 村上しいこ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本死にたい、ですか

2018/07/17 20:30

『死にたい、ですか』

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

4年前、中1のときに高1の兄を自殺でなくした由愛

ショックから立ち直れない母は自殺の原因追及と謝罪を求めて裁判にのめりこみ、父はアルコール依存症に陥って会社勤めも危うくなる

「誰一人として罪を認めない、反省もしていない。でもね、お母さん絶対に謝らせてみせるから」
「謝罪させたら死んだ人が喜ぶの? それって思い上がりだよね。生きてる者の」

こわれていく家族を必死でたてなおそうとする由愛の心を満たしてくれるのは翔、兄の親友であり、自殺の鍵をにぎる青年だった

由愛を理解し支える親友の三葉、裁判を取材する新聞記者の要
由愛をとりまく人たちとの交流をつうじて一筋の希望が見えてくる

《家族が沈んでしまわないよう、私は最後の浮き輪になる。》

しかし、父は行方不明に
そして、裁判の最後の証人に立ったのは意外な人物だった

絵本から小説まで著作70冊以上、児童書の分野で確固たる地位を築いている著者の一般文芸書デビュー作

奥付の著者プロフィールを読むにいたり、絶句...

《幼年期よりいじめや虐待を受け、高校への進学もさせてもらえず就職。成人を機に家を飛び出し旅館で住み込みの仲居に...》

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本死にたい、ですか

2018/08/11 21:10

説教

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生の息子が、いじめを苦に自殺。母親は民事裁判にのめり込む。新聞記者の大同要は、裁判を傍聴し記事にしようとするが、自身も父親のDVの被害者であり、その父親が自殺した過去を持つ。素材、設定は申し分ないが、説教くさく、また説明台詞が多すぎ。文章もイマイチ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本死にたい、ですか

2018/10/10 07:14

自殺

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

兄が、いじめが原因で自殺をした。その後の家族を描いています。兄に固執する母。酒におぼれる父。そして妹。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。