サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

人生 みんなのレビュー

  • 川岸殴魚(著), ななせめるち(イラスト)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本人生 第2章

2015/09/16 15:36

説得して水着を見よう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

九文学園第二新聞部は、二階堂彩香が第一新聞部を離脱して立ち上げた部活だ。その従弟である赤松勇樹は、彼女の支配の下、学園人生相談の記事を担当している。回答者として彩香がキャスティングしたのが、理系代表の遠藤梨乃、文系代表の九条ふみ、体育系代表の鈴木いくみという、いずれも一年生だ。勇樹は、美少女だけれどそれぞれ癖のある彼女たちに振り回されながら、何とか相談コーナーを切り盛りして来た。
 もうすぐ夏休み。勇樹としてはみんなで海に合宿に行きたい気持ちがあるのだが、梨乃からは相談と合宿に関連性がないと言われ、ふみの祖父からは孫を誑かす男は伝来の十文字槍・飛蝗切りの錆にすると言われ、いくみは合宿に行くお金がないと断られてしまう。

 それに追い打ちをかける様に、第一新聞部の浅野浩太が、彼女たちとキャラをかぶせた回答者の志乃、くみ、よしたかを用意し、企画を丸パクリした相談記事を立ち上げて来た。
 そのまま流されて、今年も一人、完成したジグソーパズルをばらして組み立てるだけの夏が過ぎていくかと思ったのだが、彩香に発破をかけられ、相談にかこつけて、三人の回答者の少女を説得する試みが始まる。

 夏休みということで水着パラダイスを目指した相談の私的利用、そしてパクリキャラに対する対抗、楽しい夏休みを送るためには、事前の努力が重要となる。
 それほど濃い付き合いをして来たわけではないと思うのだが、免疫や慣れがない少女を相手にしているので、ちょっとした勇樹の行動が、大きく彼女たちの心に響いているように見える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人生 第1章

2015/09/10 15:05

日常系のQ&Aコメディ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤松勇樹は、九文学園第二新聞部の唯一アクティブな部員だ。それもそのはず、部長は彼の従姉の二階堂彩香で、彼女には逆らいがたい。今日も無理難題を押しつけられて奮闘する。今度彼に押しつけられた課題は、人生だ。
 人生と言ってもそんな大きな話ではない。学園内から寄せられるお悩みにコメンテーターたちが回答し、それをまとめて記事にするのが勇樹に課せられたお仕事だ。ところがそのコメンテーターというのがくせ者揃い。美人で天才だけど人を寄せ付けない理系代表・遠藤梨乃、ふわふわとぼけかます文系代表・九条ふみ、努力友情勝利がキャッチフレーズに思える体育系代表・鈴木いくみがそれだ。

 彼女たちが繰り出す奇想天外、奇妙奇天烈、あんまり一般的には役立ちそうもない回答に振り回されながら、今日も彼は記事を書こうとがんばっている…だろうか?そんな日常系のQ&Aコメディ。
 新聞の投書欄の裏側でこんなイベントが繰り広げられていたら、絶対にそっちの方が回答よりも面白いと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人生 第3章

2015/09/28 11:23

子どもの頃の憧れを強制的に現実化

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

九文学園第二新聞部の夏合宿も終わり、いつの間にか夏休みは終了していた。赤松勇樹が合宿後の夏休みをごきげんようを見て過ごしていただけのを聞き、部長の二階堂彩香は強烈なダメ出しをする。なぜ自分から動かないのか、と。
 そんな話をしていたら、お悩み相談の投書箱が燃やされるという事件が発生する。理系代表の遠藤梨乃、文系代表の九条ふみ、体育系代表の鈴木いくみと共に、学校を飛び出し商店街でお悩み相談をしながら、犯人を追跡することになった赤松勇樹は、なぜか地域ヒーローのコガネンの二代目を襲名する運びになってしまうのだった。

 今回の相対的なヒロインは鈴木いくみ。彼女が子どもの頃からご執心のヒーローであるコガネンを展開の中に織り込みつつ、学校を飛び出して寂れつつある商店街に繰り出していく。コガネンの中の人の残念っぷりが凄まじい。
 基本、いくみは自分のことしか考えていないキャラクターなので、ハプニング的なことはあっても甘い展開にはならない仕様です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。