サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

虹色天気雨 みんなのレビュー

  • 大島真寿美 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本虹色天気雨

2009/02/09 23:32

1冊のアルバムのような

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:田川ミメイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大島真寿美を初めて知ったのは、いつのことだったろう。
書店の本棚にひっそりと収まっていた「水の繭」。そのタイトルに惹かれて初めて手に取ったとき、彼女の名はまだあまり知られていなかったように思う。が、ここ数年で一気に表舞台に出てきたような。

今まで読んだ作品は、どちらかというと「静」、あるいは「淡」という印象で、透明感のある文章が心地よかった。が、この本は、ずいぶんと違う。とてもアクティブだ。

中学時代からの友人である30代の三人の女たち。プラス、その娘。仕事絡みで知り合った男達。誰もがとてもいきいきと描かれていて、読んでいて気持ちがいい。働き盛り、女(男)盛りであるがゆえ、誰もが何かを抱えている。抱えながらも、会えば皆意外と淡々としていて、でもここぞという時には集まってくる。その微妙な距離感が、また良い。人間、そんなに熱くなってばかりいられないし、いちいち白黒つけられるほど、ヒトの気持ちは単純じゃない。なんだかなぁ、と思いつつも、日々は過ぎていって、それぞれが食べたり寝たり仕事したりしていくうちに、事は少しずつ動いていく。

派手な動きではないのに、一人一人がきちんと「生きて動いて」いるように見えるのは、人物像がそれぞれしっかり描かれているからこそだろう。だから読みながら主人公と一緒になって、わくわくしたり、ええっとショックを受けたり嘆いたりしてしまう。

一番ぐっと来たのは、「運動会」の「アルバム」のところだ(ネタバレになるので詳しくは書かないけれども)。「写真」というのは一瞬を切り撮るものだけれど、撮ったときには、それはもう「過去」になっている。もう二度と同じ時間はやってこないから、そこに写っている人々が笑顔であればあるほど、なんだか切ない。

考えてみれば、この物語自体、1冊のアルバムのようなものかもしれない。多かれ少なかれ問題を抱えながらも、誰もが皆カメラに向かって笑っている。ふとしたスナップに、翳りのある横顔が写っていたりすることもあるけれど、最後の頁まで捲っていくと、ああ良いアルバムだね、と思えるような、閉じてからもひとりひとりの表情が胸の奥に残っているような、そんな1冊だ。

この本、ドラマにしても面白そうだ。これみよがしではない淡々とした演出で、キャストには一風変わった、でも芝居の上手い役者を揃えてほしい。阿部サダヲとか、はまりそうかも。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ビターシュガー 虹色天気雨 2

2018/10/30 08:13

「虹色天気雨」の続編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「虹色天気雨」の数年後を描いた続編。美月ちゃんも中学生です。
スラスラ読めるところは同じですが、前作よりストーリーの展開が早い感じ。トントン拍子で話が切り替わります。
しかし、生きていくなかで、市子さんの家のような“避難場所”、確かに必要ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本虹色天気雨

2018/10/29 08:15

詮無いこと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼なじみの夫が失踪。その幼なじみの娘を預かることとなった主人公と友人達の物語。
読みやすいのですが、ストーリーにあまり起伏がなくユルい感じがします。
しかし、ドラマ化もされたということで、人気のある作品のようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。