サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

【シリーズ】秀麗学院高校物語 みんなのレビュー

  • 七海花音 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本少年迷路

2003/03/28 02:06

素敵な成長

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えぐっ - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ19作目です。毎回はどんなお話かと楽しみでしたが、今回は心臓の手術が成功し、最近めっきり元気キャラな悠里がメインでした。
涼ちゃんメインも良いですが、おおや和美先生の表紙のようにこのお話でぐんと大人な感じになりつつある悠里は、もう可愛いだけの高校生ではないんだなぁとしみじみできたお話でした。やっぱりこのシリーズは最後にはほんわかできて好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本片翼飛行少年

2001/12/02 16:58

涙ものです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白雪 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 秀麗学院高校シリーズ第一作です。この本はボーイズラブではありません。涙の感動小説です。不破涼という私生児で生まれ母も亡くし、親類の家で差別され育った超美少年が高校生活をスタートする所から始まります。誰にも知られたくない過去から離れるため、独りで遠くの高校に入学しますが、小中学が同じの桜井悠里も入学してきます。この二人が色々な事件や誤解を乗り越えて仲良くなり、そこに花月那智というクラスメートが加わり、色々な感動話が展開されていきます。設定は不幸づくしですが、一応ハッピーエンドなので読み終えた時「本当に良かったね。」と思える感動のシリーズです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

涼、修学旅行編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

秀麗学園に通う、不破涼と級友達とベルギーに修学旅行へ行き、とても不思議な体験をします。涼のまわりでは、不思議な事が起きて、涼は苦しみますが最後には、涼にとって、プラスになって、戻ってくるので、ラストは、いつも、嬉しくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本少年昴

2002/06/24 12:52

笑いと涙

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YOYO - この投稿者のレビュー一覧を見る

笑いと涙、って書くとかなりダサいですが、これはそういうお話。
読んでいて、痛いなあ、と思いつつ、いいなあと憧れてしまう青春時代(遠い目)。
感情移入して、泣きまくれます。

-あらすじ-
秀麗学院高校二年の不破涼は、母の手ひとつで育てられた。その母はすでに他界。成績優秀、絶大なる人望の元、来期の学院最高頭取になることが決定している涼の父親の存在は未だ謎の中。そんなある日、日本経済界の最高峰、一条グループの御曹司(42)が急逝した。涼は、一条氏と自分の母にいくつかの接点があることに気づいてしまう。二人の関係は? 一条氏は涼の父親か? 調べてゆくうちに、涼は自身がマスコミのターゲットとなり騒動に巻き込まれてゆく。学院が親友が知人が同級生が、涼を救おうと立ち上がった!
青春少年物語。秀麗学院高校物語第17弾。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本少年堕天使

2002/01/31 15:04

ようやく…。そして悲劇の始まり。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MITU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公、涼に特別な友人たちが出来た。一人は涼が秀麗学院に入ることを知り、必死に勉強をして入学を果たした桜井悠里。もう一人は、幼稚園の頃に涼にいつも助けてもらってばかりだったが、現在は裏の仕事人として秀麗学院を統括している、家元の息子花月那智。その暮らしぶりの違いを気にするあまり、気後れを感じてしまう涼に、二人はいつも、一緒に時を過ごすことで涼の存在が大切だということを伝えようとする。友情を最大の基盤とするこのシリーズの中で、友情というものを築いていく中での過程にこれほどまでの葛藤があるのかと、驚いてしまう。困難なことを一人で乗り越えることはできなくても、3人いれば、必ず乗り越えることは出来る。3人の友情が不格好ながらも形作られていく過程に注目。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本片翼飛行少年

2002/01/31 14:52

ほしいもの、手に入るもの、手に入れるもの

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MITU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分を支えてくれる人がいなくなり、支えてくれるものもなかったら…。私生児として育った涼は小学5年のときに母親を肺炎によって亡くす。それから叔父の家へ居候をし、中学校卒業を機に遠く離れた日本屈指の進学校へ特待生として入学することになった。自分の生活を支えるために高級クラブのフロアボーイとして働き、寝る間も惜しんで勉強する涼。後ろ指を差されないようにと、いつも張り詰めた生活をしていた涼に、最初は警戒しながらも、支えてくれる友人ができた。本当にほしかったものは、いつも手に入るわけじゃない。それでも、頑張る涼や涼を取り巻く人たちは、私に優しさと、頑張る気力を与えてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。