サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

舞姫恋風伝(イラスト簡略版) みんなのレビュー

  • 深山くのえ(著), 藤間麗(イラスト), 深山くのえ(著), 藤間麗(イラスト)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

電子書籍 【電子オリジナル短編集】舞姫恋風伝~三花抄~

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/09/23 00:02

懐かしい!

投稿者:モノノ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本編そんな前だったんですか……まさか新しくお話を読めるとは思ってなかったので嬉しいです。3本とも完結後のお話で、かなり糖度高めでした(///)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

電子書籍 舞姫恋風伝4 ~花片小話~(イラスト簡略版)

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014/07/09 17:44

ラブだけが詰まった短編集

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

4巻は短編集です。8話入ってます。
第1話春鶯宮の休日。バカップル愛鈴と慧俊のラブラブ休日。
第2話愛しき日々。佳葉の結婚式の日に花嫁と花婿が----。
第3話いつか扉の開く日。月真は下宿をなくしてしまい仕事仲間にとっとと香泉と結婚するよう勧められ----。
第4話宮妓の矜持。元貴族の娘、明艶は妓女として舞うことに密かな自負を持っていた。だがそれを根底から覆すことが起こり----。
第5話罪と子守歌。親王昇貴の侍女の蓮珠と昇貴とのなれ初めのお話。
第6話愚者の旅立ち。修安の反逆事件後日譚。
第7話温家の休日。奥様佳葉と旦那様のラブラブ休日。
第8話月下に咲く花。愛鈴と慧俊のバカップル再び。月明かりの下で----。

本編を気に入っている人には、何の事件も起こらないこんなラブラブ話もイイよねって思えるかもしれませんが、さほどでもなかった人には読まなくても全然かまわないお話ばかりでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

7 件中 1 件~ 7 件を表示

懐かしい!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モノノ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本編そんな前だったんですか……まさか新しくお話を読めるとは思ってなかったので嬉しいです。3本とも完結後のお話で、かなり糖度高めでした(///)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本舞姫恋風伝

2015/09/30 11:50

ベタなくらいに王道な恋愛少女小説です。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:瀬川 - この投稿者のレビュー一覧を見る

! このレビューは若干のネタバレを含みます。 !


口減らしのために自ら人買いに身売りした少女・愛鈴。
ひょんなことから王宮へ宮妓(舞姫)として売られた彼女は、皇太子と出逢い恋をして・・・。

一言で纏めるのなら、「中華風味なシンデレラストーリー」です。
個人的には、ストーリーよりもキャラクターが気に入っていたりします。
それも、主人公よりも脇役・・・特に、佳葉ちゃんとその恋人の慈雲くん・・・のお父さんが(笑)。
・・・・・・・・・慈雲くんのお父さん、作中での出番はほとんどないんですけどね・・・。
本当、最後のほうに出てきて、おいしいところを一人で持っていったという感じでした(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ゴールインしてからの方がアツアツな二人

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

帝になった慧俊とそのお后になった愛鈴。慧俊は後宮を廃止してしまい、后一人を愛すると言ってはばからない。しかしそれは、『娘を妃にして太子を授かり栄華をきわめる』、そんな望みを持つ貴族の反発の火種となってしまう。
 愛鈴が猿国によって滅ぼされた兎国の親王の直径で、世が世なら愛鈴は公主様だったという後付設定が判明する。
 愛鈴の弟修安が国試の勉強のため姉のいる都にやってくる。血筋にいらぬ誇りを持ちすぎていて、姉を獲られたように感じている修安は慧俊が気に入らない。そんな修安の浅薄な言動が思わぬ波紋を広げることとなり----。
 
 恋愛が主なのに既にゴールインしているヒロイン・ヒーローの二人、どんな事件をぶつけてみても盛り上がりにはイマイチ欠けます。
 良い人悪い人、敵味方がはっきりしていて読み易いが、その分話の先が読めてしまって面白味がないと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本舞姫恋風伝 花片小話

2015/09/30 21:32

脇キャラが主役です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:瀬川 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『舞姫恋風伝』の短編集です。
全部で八つの話が収録されていて、内二つは主役カップルの話です。が、小話程度の短さです。
メインは脇キャラ及び脇役カップルです。
本編ではほとんど触れられることのない脇役達の事情や心情が、深く掘り下げて綴られています。
また、八つの内六つが恋愛絡みの話ですが、各カップル毎に雰囲気というか・・・空気の違いが楽しめます。
個人的にはこのシリーズ、脇キャラ達のほうが好きなので・・・とても嬉しく・・・美味しく読ませて頂きました。
(勿論主人公も嫌いではありませんが、主役カップルの熱愛っぷりは本編で十分お腹いっぱいですし)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍舞姫恋風伝(イラスト簡略版)

2014/07/08 15:33

悪くはないが良いとも言えない

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

税を払う為人買いに売られ、更に妓女(踊り子)へと宮殿に売られた地方の農家の少女、愛鈴。妓女になったばかりの頃、故郷を想い月を見ようと、夜、宮殿で迷子になった夜、自分の上着を貸して庭に招いてくれた優しい少年が、皇太子慧俊だった。
 三年後、少女は16に少年は青年になり、再び会い度々夜通し語り合うようになった。それぞれがそれぞれに片想いをしながら。

 設定は中華ものにありがちです。その後のストーリーも特に悪くも無ければ良くも無いと言う感じです。
 純真、素直な主人公ですが、頑張ってる感は少なく、入れ込みにくかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

バカップル暴走

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼馴染で結婚話まで出た事のある三狐村出身の子維が、新しい庭師見習いとして宮中に現れる。軽々しい性格とおしゃべりな口で、愛鈴は自分の妻になっていたかもしれないと吹聴して回ったのが愛鈴を快く思わない貴族に付け入られ、愛鈴殺害片棒を担がされる。
 それを知った慧俊は、なれなれしく妻の名を呼び捨てにしている子維に恐ろしいほどの激しい怒りをみせる。
 その頃、貴族の奥方の悪巧みで、花街で行方の分からなくなった愛鈴は体調を崩してしまい----。

 べったべた甘々バカップルのイチャイチャ話第3巻です。今回の事件は2巻ほど大がかりなモノじゃないので、バカップル全開でした。お話はサクサク読めます。そして、主人公に向学心が無いと言うか、単に流されてるだけで、応援したくなるようなキャラじゃ無い事は確かです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ラブだけが詰まった短編集

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

4巻は短編集です。8話入ってます。
第1話春鶯宮の休日。バカップル愛鈴と慧俊のラブラブ休日。
第2話愛しき日々。佳葉の結婚式の日に花嫁と花婿が----。
第3話いつか扉の開く日。月真は下宿をなくしてしまい仕事仲間にとっとと香泉と結婚するよう勧められ----。
第4話宮妓の矜持。元貴族の娘、明艶は妓女として舞うことに密かな自負を持っていた。だがそれを根底から覆すことが起こり----。
第5話罪と子守歌。親王昇貴の侍女の蓮珠と昇貴とのなれ初めのお話。
第6話愚者の旅立ち。修安の反逆事件後日譚。
第7話温家の休日。奥様佳葉と旦那様のラブラブ休日。
第8話月下に咲く花。愛鈴と慧俊のバカップル再び。月明かりの下で----。

本編を気に入っている人には、何の事件も起こらないこんなラブラブ話もイイよねって思えるかもしれませんが、さほどでもなかった人には読まなくても全然かまわないお話ばかりでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。