サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

こゆるぎ探偵シリーズ みんなのレビュー

  • たけうちりうと(著), 今市子(イラスト)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本若旦那・空を飛ぶ

2002/07/31 14:29

若旦那たちの道楽なこゆるぎ探偵倶楽部

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミントティー - この投稿者のレビュー一覧を見る

風光明媚な小田原の若旦那たちの道楽、こゆるぎ探偵倶楽部。道楽だけどときどき役に立ちます。六人の若旦那たちの活躍と暮らしぶりを描いた作品です。
すごくボーイズラブな若旦那たちが楓(かえで)と祐太郎です。最初からすごく飛ばしていますので一巻から楽しめます。短編の連作ですので、少しずつ楽しむのにもぴったりです。シリーズは番外編を含めて全四巻です。近代ものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本野原のロマンス

2002/07/31 14:57

若旦那と板前の恋

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミントティー - この投稿者のレビュー一覧を見る

楓の後輩の延原偲(のはらしのぶ)は物理部所属でラジオなどの通信技術に夢中になっている。しかし実家の老舗旅館の危機をしり、休学を決めて箱根に戻ってきて、体裁だけ若旦那になる。やっと見つかった新しい板前の真田斗志(さなだとし)はいろいろと事情ありの男、料理にたいして一切の妥協はしない、若旦那と上手くやっていけるのか・・・。
スゴイ展開でとっても面白かったです。楓も祐太郎も出てきますよ!
おすすめの一冊です。この本だけ読んでも楽しめますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本若旦那と愉快な仲間たち

2002/07/31 14:37

さくらの花びらがうつくしい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミントティー - この投稿者のレビュー一覧を見る

またまたちょっとした事件の依頼がこゆるぎ探偵倶楽部に、茶問屋の茶葉が盗まれているらしいが・・・。楓と祐太郎もさらにラブラブですごいです、でも情緒があって、祐太郎の粋さには驚かされます。この巻の「桜坂」が一番好きかもしれません。おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本若旦那・危機一髪!

2002/07/31 14:45

笑ってちょっと泣いて

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミントティー - この投稿者のレビュー一覧を見る

小田原に有名だけどちょっと変わった若い詩人がやってきた。こゆるぎ探偵倶楽部のメンバー・加納がすっかり詩人に入れ込んでしまって、さあ大変・・・。大笑いできます、でもちょっと切ない逸話も入っています。
そしてもう一話は楓(かえで)が行方不明に・・・。
楓と祐太郎も相変わらずいちゃいちゃラブラブです、すごく明るいヒカリも見えてきた。
本編はこの巻で一応完結です。番外編「野原のロマンス」も違うカップルでとてもボーイズラブです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本若旦那・空を飛ぶ

2002/07/20 22:09

粋で品のいい大正小田原ロマン

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よの - この投稿者のレビュー一覧を見る

たけうちりうとさんの穏やかな物語の描写というのは大好きなのだが、とりわけこの「こゆるぎ」シリーズはいい。
時は大正。小田原の町に住まう数人の惣領息子(跡取り息子)たちが道楽半分で集う「こゆるぎ探偵団」。筆頭となっている小由留木楓はきれいで優しい面差しの旧制中学4年生で、小由留木酒造の惣領息子。メンバーの中でも若い楓だが、おっとりしたお坊ちゃん的性格ながらひらめきは冴えている。そして楓を想い、また楓に想われている大工の若棟梁の一色祐太朗は新しいもの好きで、発売直後のフォードの車も上等のスーツもすぐに自分のスタイルに取り入れる粋な男で行動派。
おとなしく気のいい小鳥屋の郁さんやら、写真の腕は小田原一とうたわれる、はなちゃんこと写真館の塙。楓の同級生で剣道場の跡取り息子ながら文学を愛する加納に、素晴らしい腕で欧州への留学が決まっている真面目一徹の職人気質の金物屋の善田。以上6名が探偵団のメンバー。
穏やかな気候の小田原に合った、おおらかでそれぞれに個性的で粋な青年たちの繰り広げるちょっとした謎解きと冒険のお話。

大正という時代と長男というそれぞれの立場や身分による枷は現代よりももっと明確にあるものの、その中でおおらかに、自由に恋をし、青春を楽しんでいる様がとても爽快で読んでいて気持ちがいい。

ボーイズ・ラブ的要素はナチュラルにさらりととけ込ませるのはたけうちりうとならでは。人が人を恋うのは当たり前のことなんだなぁ、とそんな風に思わせる。とりたてて男同士だとかなんとか大騒ぎしないさりげない恋模様の描き方が気持ちいいのだ。楓と祐太朗の周りの人も、二人の恋をなんとなく見守る体勢。とにかく、全てがおおらかなのだ。

大正の小田原を舞台に繰り広げられる、上品で粋なロマンをお茶でも飲みながら楽しみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。