サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

【SS/200】【集英社】【特集】【割引有】立ち上がれ!全勢力!!この夏、最大の祭典は海賊たちが盛り上げる!!劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』8.9(金)ついに公開!!原作超大量無料大公開キャンペーン!!(~8/19)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

流石と言っては失礼だが、「その道」の元プロであった著者氏ならではの分析と評価

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オカメ八目 - この投稿者のレビュー一覧を見る

流石と言っては失礼だが、「その道」の元プロであった著者氏(念のため言うが、スパイではない。日本の外務省の、情報分析の仕事をしていた人)ならではのリヒャルト・ゾルゲとそのチームに対しての、分析と評価だ。 只、物凄く情報量が多いので、ゆっくりと読めそうな、かなり暇な時に読む本としてはいいかも。 そうでないと「脳がウニになり」、マンガのように、頭の毛が逆立ってしまうかも。ーーーそれでも勿論、読む価値は高い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ゾルゲ事件

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yummy - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゾルゲ事件だけでなく、中心に当時の戦争に至った背景がとてもよくわかりました。中々読み応えがある本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ゾルゲの無罪(?)を証明

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

構想に40年かかったという本書『日米開戦へのスパイ 東條英機とゾルゲ事件』(祥伝社)は著者の『日米開戦の正体』の対となり、本来は一つの著作になるところを、あまりにも膨大な話になるので、ゾルゲ事件関連だけ分離独立させたそうです。

本書では【ゾルゲ事件】を検証し、本来死刑を正当化するような罪状などなく、一つにゾルゲの情報提供者であり、日米開戦反対派の近衛首相(当時)の「側近」とされる尾崎秀実(おざき ほつみ)を逮捕することで近衛首相を追い落とすためにでっち上げられ、もう一つに「伊藤律の自供が発覚の糸口となった」という説をばらまいて、共産主義者排斥(いわゆる「赤狩り」)に政治利用されたことを膨大な資料を元に証明します。

リヒャルト・ゾルゲがソ連のスパイであったことは紛れもない事実ですが、通常「スパイである」という事実だけで逮捕され死刑にされることなどありません。CIA等の情報機関の人間は世界中に何千人と展開しており、日本の内閣調査室の人たちもあまり情報収集能力はないらしいですが、やはりあちこちに展開しています。だからといってただそれだけで逮捕され、ましてや死刑になるなどあり得ません。諜報員の罪を問う場合、当該国がこの諜報員に「いかなる害を受けたか」というのがまず問題になります。しかし、「ゾルゲによっていかなる害を日本が受けたか」ということがまともに問われることはなく、本人は死刑に処されました。

東条英機は尾崎秀実のゾルゲ事件への関与をネタに近衛首相に辞任の決意をさせ、自ら首相になって日米開戦に突っ走った、というのが真相だったようです。

もちろん米側もイギリスの諜報機関と共に「日本側からの攻撃」を実現させ、米国の世論を参戦へ向けさせるために画策し、日本を石油の禁輸などで追い込むなどの挑発を行っていたことも確かですが、それにまんまとはまって実力を遥かに超えた戦線拡大に進んだ日本も随分とおバカです。日本の真珠湾攻撃の報を受けてチャーチル英首相は「これで我々は勝った!」と狂喜乱舞したといいますから、戦略家として「真珠湾攻撃→米国参戦」で連合国側の勝ちが見えたから喜んだ、というのは理解できないでもないですが、あまりにも膨大な破壊と数多い犠牲者のことを考えると、非常に苦々しいエピソードですね。

本書は内容的には非常に興味深いのですが、「読みやすさ」という点では若干難があります。重要なことを繰り返し記述するのは構わないのですが、少々話が前後したり脱線したりしすぎているようなきらいがあります。もうちょっとすっきりとまとめることができたのではないかと思わなくもないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。