サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

慶次郎縁側日記 みんなのレビュー

  • 北原亞以子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

2006/09/03 20:44

リアルがここにある

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よし - この投稿者のレビュー一覧を見る

娘お千代は暴漢に襲われ自害。定町見廻同心、森口慶次郎は下手人を追い詰める。しかし岡っ引き辰吉は必死で食い止めるために奔走。迫真の第1話から、隠居した慶次郎をめぐる連作短編集。
このシリーズのプロローグともいえる「その夜の雪」から始まり「律義者」「似たものどうし」「傷」「春の出来事」「腰痛の妙薬」「片付け上手」「座右の銘」「早春の歌」「似ている女」「饅頭の皮」を修める短編集。
なんといっても森口慶次郎よりも脇を固める人たちが実に良い。岡っ引きの吉次、かっての腹心辰吉、飯炊きの佐七、養子の晃之助。「早春の歌」の若者達。もっともっと今後、登場人物が増えてきそう。
最も個性的であるのは吉次。この男、女房には逃げられ、その生活はだらしないの一言。今は妹夫婦に世話になっているが、その部屋は実に汚い。まさに足の踏み場のないような状態。正義も皆無。強請をするなど、本当に荒んでいます。そんな吉次が「似たものどうし」で出会った源太に自分の生い立ちと重ね合わせ、事件を解決していきます。
「早春の歌」の森口慶次郎と出会った若者達。次男であるがゆえ、家督もつげず、もって行き場のない怒りを慶次郎が温かく見守っていきます。慶次郎は「下手人を探すよりも、下手人を作らないよう」にするのが、モットー。そんな慶次郎の優しさに惹かれる女達。どれも一癖もある。そして三千代と結婚するはずだった養子の晃之助。いいんですよねー本当に。
時代小説特有のほのぼの感は、ほとんど無いに等しい。それぞれの人が苦悩しています。解説の北上次郎氏も言っていますが、行き場のない感情を誰もが持っています。つまり、この時代小説は私たちのリアルなのです。
現代を生きる私たちもきっとこの小説のどこかにいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本再会

2006/12/18 21:35

江戸の色、音、香りが漂ってくる

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よし - この投稿者のレビュー一覧を見る

十数年ぶりに昔の女に出会う岡っ引きの辰吉。ついつい、手を貸したたために事件に巻き込まれる。7年ぶりの女との再会は、また雨。慶次郎とおしんの再会。蝮の吉次にも女房がいた。その女房との再会はとんでもない運命に。三者三様の再会を描いた表題作を初めとした、慶次郎シリーズの第2作。
第1作「傷」で描かれているのは、「江戸を舞台にした現代の投影」今回の作品もその色は濃いものとなっていますが、事件に関わる男と女の悲哀を、まるでドラマを見るような筆致で書いています。
本当に上手い。
「再会」三部作は当然のことながら、特にわたしが唸ったのは「八百屋お七」と「花の露」。色彩、音、香りが漂ってくるのです。
「八百屋お七」の雨漏りを受けて愛する男と会話するシーン。音が漂います。
「花の露」で夕立の中、彦七を待つ卯之吉。雷の音と夕立の後の清清しい香り。そして大事な人を待っている卯之吉の言葉。「俺……、思っていたより、いい人に出会ってるんだ…」この言葉と映像が重なってしまうのです。
結末も決していいものだけではありません。何かしら考えさせられるもの、心に残るもの、これからを暗示させるものと様々。まさにドラマ仕立ての作品になっています。そういえばドラマの方は終わってしまったようですが。
前作の登場人物のほとんどが何かしらの事件に関わり、再会ではそのエピソードが語られます。再会三での蝮の吉次の運命の皮肉さに呆然としてしまいます。しかし、吉次らしいといえばらしい。
周りの人たちを丹念に描き、主人公であるはずの森口慶次郎を脇に置く。何と巧妙なのでしょう。作品自体をどんどん奥行きのあるものにしていきます。だからシリーズ化できるのでしょうね。
ともあれ、この作者の描く江戸の色彩と音と香りが漂うこのシリーズにはまりました。いやー、本当に上手い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2004/09/12 22:53

ドラマと原作の違いを味わって読むのも読書の楽しみである。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマ化とともに再々読してみた。
時代小説を読むと自分の人生の経験不足が良くわかる。
何回読み返しても味わい深い所以であろう。
本作は直木賞作家、北原亞以子さんの言わずと知れた看板シリーズの第1作である。
宇江佐真理さんの『髪結い伊三次シリーズ』と比較してみるとどうしても主人公慶次郎の落着きが目につく。
伊三次シリーズでは主人公の言動に読者も一喜一憂する楽しみがあるのであるが、本作はいささか地味目である。
宇江佐さんの作品ほど登場人物が生き生きと描かれてないような気もするが、反面、リアルというか身につまされる点では本作に軍配を上げたい。

なんと言っても初っ端の「その夜の雪」が印象的である。

苦髪楽爪とはよく言ったものだと、森口慶次郎は思った。
苦労している時には髪がのび、楽をしている時には爪がのびるという意味だそうだが、娘の三千代が聞いたなら、「父上様のお髪はもう、苦労なさってものびません」と、可愛い憎まれ口をきくだろう。
髪はのびなくとも、世の中は平穏無事がいい。無事だからこそ、陽当りのいい縁側で、背を丸くしていられる。

悪者に凌辱され自害することになった愛娘・三千代を亡くした悲しみと怒りが大爆発するのであるが、読者にとっては度肝を抜くような印象的な作品である。
まさに“仏の慶次郎”じゃないのである。
世にこれ以上の悲しみがないからこそ、達観振りが際立って行くのであろう。

私的にはこの編が好評だっただけにシリーズ化となったような気がする。

2編目以降は、根岸にて隠居生活をする慶次郎であるがかつての元南町奉行所同心時代をも彷彿させつつも、やはり落着きと言うか人生を達観した姿勢が目につく。

どちらかと言えば慶次郎が脇役で登場する編の方が読み応えがあると思うのは私だけであろうか。

今に生きる私たちも彼らの真っ直ぐに生きている姿から何かを学び取らなければならない。
いろんなエピソードが満載の1冊なのであるが、とりわけ吉次の人間臭さはやはり慶次郎にはない魅力を持ち合わせている。
彼が主役を務める「似たものどうし」はとっても強烈な作品である。
きっと胸を締め付けられた方も多いはずであろう。

今後どのように彼(吉次)が成長し、変化して行くかが個人的には本シリーズの評価を左右する1番の要因となるような気がする。

物語はまだ序盤である。
慶次郎の出番が少ないほど物語は白熱するのかもしれないな。
これから連作シリーズをじっくりと味わいたい。

トラキチのブックレビュー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2010/05/27 19:03

酸いも甘いも噛み分けた元定廻り同心前田慶次郎が、悲しみ苦しむ人々を導く十一の物語。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

「慶次郎縁側日記」シリーズ第一弾。
人生の酸いも甘いも噛み分けた、酒問屋山口屋の寮番となった元定廻り同心・前田慶次郎を主人公に、人々の抱える苦しみや悲しみを乗り越えようとする姿と、彼らを導びく慶次郎の姿を描いている。

一話完結の十一話が収録されており、そのうち最初の『その夜の雪』は短編集「その夜の雪」に収録されている作品だが、「慶次郎縁側日記」シリーズ第一作であるため、本書に収録されている。

この第一作の物語は、慶次郎の結婚間近の娘が乱暴され、自らの命を絶つところから始まる。
慶次郎は、かつて『仏の慶次郎』と言われたほど、傷つけられ憎しみを抱えた人々を、下手人になる前に救ってきた。
彼の岡っ引き・辰吉も、妻を殺した相手を殺そうとしていたところを、慶次郎によって制止され、人生を捨てずに済んだ。

しかし、娘を殺された慶次郎は、家が断絶となろうとも相手を見つけだし殺してやる、と下手人を探し始めた。
慶次郎は、かつて辰吉の抱えていた憎しみや怒り悲しみが痛いほど分かる境遇に置かれると、『仏の慶次郎』が行ってきた無情さに打ちのめされ、仏の導きは間違いだったと思うようになった。
慶次郎の異常を感じた辰吉は、かつて慶次郎に救われたように、身体を張って慶次郎を導くのだった。

第一作目は、このように悲しさの満ちた物語であるが、以降の作品は、人々の苦しみや悲しみを材としているものの、慶次郎が酒問屋山口屋の寮番に収まり楽隠居したこともあって、飯炊きの佐七とのユーモアのあるやり取りを始めとして、全体的に柔らかな印象となっている。
そして第一作目で『酸いも甘いも噛み分けた』慶次郎が、人々の身に起こる苦しみや悲しみを取り除くのではなく、乗り越えられるように導く物語を描いたのが、この作品集なのである。

その中で特に気に入ったのが、『早春の春』と『似たものどうし』
婿入り先もなく厄介叔父になりかねない武家の次三男らの、鬱屈した日常を描いた『早春の春』は、どこか青春の爽やかな雰囲気が漂っていて、彼らに新しい道が開きつつある未来を感じさせる。

あまりタチの良くない岡っ引き・吉次と、自分の昔に似た子ども源太を描いた『似たものどうし』は、大切な人を守るために悪事を働く源太の気持ちを痛いほど理解する吉次の心情が、男同士の真っ直ぐでさっぱりとした様子で描かれ、逞しくなった源太の姿が目に浮かぶ。


ところで、作者の言葉が足りず、ページをめくりなおしてみたり、これはどういう流れなのか、と考えてしまうところが、何ヶ所か見られた。
これが物語の流れを阻害するものとなっており、滞ることなく読めなかったのが残念だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2003/02/07 00:15

時代物初心者にうってつけの作品

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とみきち - この投稿者のレビュー一覧を見る

 時代物の門外漢を自認している私は、うかつなことにこの著書はもちろん、著者のことさえ知らなかった。友人に「良かったよ」と言われて買ってから、おや、これは江戸物だったのかと気づいた次第。
 とにかく読んでみた。最初の短編「その夜の雪」はこう始まる。
 「苦髪楽爪とはよく言ったものだと、森口慶次郎は思った。」
 普通の文章ではないか。名前も現代風だ。これは助かったというのが正直な気持ちだった。時代物のお約束事も何も全くわからない人間には、ほっとする出だしだったのである。「十五の年齢に南町奉行所見習い同心となり、二十五で定町廻りとなって」となるともうお手上げだ。「同心」、「定町廻り」、これはだめだ。
 心配は杞憂に終わった。お江戸版ハードボイルドとも言える乾いた文章で、過不足なく時代背景や小道具、役職の説明を挟んでくれる手際の良さに乗せられて、あっという間に江戸の町に入り込み、慶次郎とともに歩き回ることになった。
 階級社会のひずみがそこここに描かれている。暮らしに追われる民の日々が描かれている。義理人情を描いてはいても、驚くほどの善人もいなければ、スーパーマンも登場しない。貧しい中でも心だけが清らかな人間など描いてもつまらない。皆、それぞれの事情を抱えて、自分の身の回りのことで手一杯なのである。いかにも江戸の町にいただろうと思わせる人々を描いて。しかし、さりげなく粋と人情と体温を感じさせる。
 男性の描く女性像は、とかく「こうあってほしい」思い入れが強く、「薄幸ではかない」か、「掃きだめの鶴」かということがままあって、興ざめすることがあるのに比較して、この著者の描く女性ははっきりとした輪郭を持っている。新鮮な印象が残った。
 時代物初心者には格好の作品であった。が、一冊読んだだけでは、井の中の蛙大海を知らずのそしりを免れない。幸い、慶次郎縁側日記はシリーズ物である。他の作品を読むのが楽しみであると同時に、時代物の通の方の感想を聞いてみたいとも感じた。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。