サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

人民は弱し 官吏は強し みんなのレビュー

  • 星新一 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本人民は弱し官吏は強し 改版

2011/03/03 18:53

星新一の父・星一の清廉潔白でタフな姿を描き、国家を挙げて彼を抹殺しようとする理不尽を描いた伝記。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、星新一の父であり、星製薬社長である星一(ほしはじめ)氏を主人公とした伝記である。
 その内容は大正時代から急成長を始めた星製薬と、清廉潔白かつあらゆる困難にも挫けず乗り越えていくバイタリティー溢れる星一の姿、そして彼を快く思わない権力者たちによる理不尽な冤罪との闘いが描かれている。

 本書は、一気に読んでしまうほど魅力に満ちた作品だった。
 しかし読み進めるにしたがって不快が募る作品でもあった。
 作品自体が不快という訳ではない。星一が不快なわけでもない。星一を嫌う官僚、星製薬のライバル会社と、それに癒着した政治家らの行為が不快なのだ。そして恐ろしく思う。星一を潰すべく官憲の仕組む不当な罪の数々。一人の人間を葬り去るために権力があの手この手で襲ってくるのだ。
 物語は星一の視点であるため、一方的に官憲の行為は悪とも決めつけられるものではないが、それでも読者の気分を悪くさせるのは、星一に対して行われている悪質なイジメが、容易に想像できてしまう現在の政治家や官僚の姿があるからだろう。傲岸不遜な官僚、政権を争う政治家、何ら進歩していない日本に失望すら感じる。

 その不快な感情の一方で、星一の不安を押しのけ困難を乗り越えてゆくタフな姿、国や人民のために奉仕しようとする清廉潔白の姿に感動させられる。星一の心情の深淵を描いていないにもかかわらず、彼の奮闘する姿が浮かんでくるのは、端正な文章とショートショートで培われた物語性が、星一の心情や置かれている状況を伝えるのに余りある役割を果たしているからである。

 ところで解説では、後藤新平の孫・鶴見俊輔氏が、作中で仮名となっているライバル製薬会社社長三原作太郎の実名(塩原又策)を記載している。星新一の父が被った理不尽さへの抗議に、彼も少しだけ助力をしたかったからではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人民は弱し官吏は強し 改版

2001/04/26 03:07

権力への意志

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:榎戸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 官僚がなんらかの理由である民間企業を潰そうと企み、ある個人を窮地に追い込もうと決意すると手段を選ばない。あらゆる権限を行使して己は責任を問われない安全地帯に座している。ゆえに近代日本人は卑屈になったのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本人民は弱し官吏は強し 改版

2002/06/26 23:24

権力者の理不尽

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶらじる - この投稿者のレビュー一覧を見る

星新一の父親の話をそのまま書いた、彼にしては珍しい小説です。星製薬の社長として、役人との交渉に最後はマゾヒスティックな喜びさえ感じながら戦い続けてゆくサマに官吏というものに対する抗し難い苛立ちを感じました。そして、それは今でも変わっておらず、むしろ強化されつつある嫌いがあります。権力を握ったものとは殺戮者、略奪者でなくとも、十分に冷酷に変貌するものだということが絶望的な悲しさであります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。