サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

黒いスイス(新潮新書) みんなのレビュー

  • 福原直樹 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本黒いスイス

2004/05/08 18:21

黒白を正すべきはどの国についてなのか

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊豆川余網 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 簡潔だが、内容をよく象徴した書名だ。「白」には「潔白」のように、無実、無垢、さらには清潔などのイメージがある。アルプスのような雪山を連想して「崇高」さを付加する人もいるだろう。「黒」はその対極。「容疑」「不正」など犯罪の象徴。「暗黒」という言葉も単なる真っ暗ではなく、「非道」「暴虐」など、人間の価値を否定する有様を想起させる。
 第1章ではまず、20世紀前半まで猛威をふるった優生学思想による、スイス国家挙げての「ロマ(ジプシー)族殲滅」運動の凄まじさが描かれる。劣悪とされた彼らを断種に追い込むため、子供を親から隔離(誘拐)し、収容・監視して、結婚・職業も自由にさせなかった。続く第2章で語られるのは、ナチスへの感染。ナチスへの恐怖よりも共感から、スイスは国としてユダヤ人排斥に加担した。ナチスの魔手を恐れてスイスへ逃れてきたユダヤ人をドイツへ追い返すため、いや追い返し易くするため、腰の重いナチス側をむしろ焚きつけて、「在ベルリンのスイス公使館を通じ、ユダヤ人かどうか、簡単に識別できる『印』を旅券につけるよう要求したのだ」(p41)。1938年のことである。
 第3章では、こうした「黒い国」に反旗を翻したスイス人の運命が描かれる。1938年ヒトラー暗殺を企てた神学生は、ゲシュタポに捉えられ死刑に処されたが(享年25)、その逮捕にはスイス警察が協力した。いっぽう、自国の定めに背き、3000人あまりのユダヤ難民に滞在許可証を発行したスイス人警官もいた。リトアニアの杉原千畝領事代理と同じ勇断である。だが、その後の運命も杉原と似ており、この「元警官」は公職追放のみならず、あらゆる定職への道を塞がれた。
 第4章は、核開発。広島・長崎からこの国が得た教訓は、その後の戦術革命を予期した自家製の「新兵器製造」だったという。
 第5章では「相互監視」社会、第6章ではネオナチの一大拠点をもつ「民主主義」社会と大胆な麻薬対策、第7章ではコソボ難民への対応、第8章では、有名というか悪名たかいマネーロンダリングが描かれていく。ここまで読んで来た読者は、もはや「白いスイス」に対する幻滅以上のものを感じる。いわば、国家間で国家が生き抜くということの意味である。
 著者は、支持率を上昇させてきた右派の国民党代表ブロハーへの取材に成功し、次のコメントを得ている。「EUに加盟すれば、他の国がスイスの政策に介入したり、スイスが自ら決めるべき政策も、他の国が決めるようになる。EUは中央集権的で、反民主的な官僚機構だ。加盟すれば、政策論議の場に、スイス国民の一人一人が参加できなくなる。」(p167)
 本書の著者は、世の黒白の狭間を取材するいわゆる事件記者から外信部に転じ、ジュネーブ特派員として6年間のスイス生活を体験したジャーナリストだ。おそらく多くの日本人にとって“あこがれの国”であるスイスの黒白を正した本書は、好著といっていい。
 では、その“あこがれ”とはなんだろうか。美しい景観(これを観光資源とした国策の見事さは、本書ではとくに触れていないが、本書の知見から類推できよう)とともに「永世中立」という国是もあるだろう。だが、中立ということは、無防備とは違う。国防は国民皆兵制が支えている。そもそもスイスという国は、中世のハプスブルク帝国支配への抵抗から生まれたのである。
 また、スイスの銀行(2002年時点で約300兆円、世界の企業・個人の海外運用資金総額の30〜40%が集まるという)は、「14世紀以降、欧州各国にスイスが傭兵を送った際、傭兵の給料送金を請け負う個人金融に端を発している」(p200)と聞けば、まことに感慨深いではないか。
 総面積は九州よりもやや小さく、人口は福岡県・佐賀県・長崎県の合計にほぼ等しい「美しい小国」。読み終わって改めて、我々が黒白をつけるべきは果たしてどの国についてか、考えさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒いスイス

2017/02/27 13:01

10年のズレ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ももたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

2006年に書かれた本だ。
つまり、今から10年ほど前である。
当時は、「グローバリズム」の最盛期だった。
従って、自国と自国民の利益を第一に考えるということは罪深いことで、後ろめたい感じさえあった。

結局、この世の中の紛争は宗教と民族に関わることだ。
それが原因で戦争が起きる。

スイスは永世中立国で平和の国の象徴のようである。
美しい自然、のどかな農村風景に雪を抱く山々。
誰でも一度は訪れてみたい憧れの国だ。

しかし、観光客としての立場から抜け出したら、そこにな何が見えるのか?
「黒くて怖いスイス」があった。
それは平和ボケした日本人には想像もつかない世界だ。

国家の使命とは国民を守ること。
そのためにはどんなことでもするという、非常にしたたかで強い戦略があった。
また。国民も最低限、自分の身は自分で守るという意識が当たり前になっている。

この本が出版されてから10年経った今、「グローバリズム」から「ナショナリズム」へと世界の風向きが変わってきた。
そんな今こそ、日本人はこの本を読むべきだ。

「平和=軍隊がいない、戦争をしない」ことではない。
決して「黒く」ないスイスに学ぼう。
目を覚ませ、日本人よ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒いスイス

2015/09/21 11:51

スイスの負の面が書いてる貴重な本。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:命"ミコト" - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本、韓国、欧州のメディアではアメリカや欧州(ロシア除く)の負の側面を取り上げない傾向が強く、特に欧州(ロシア除く)を批判する書物が少ないのが現状である。
本書はスイスの負の歴史や何故、スイスが国際組織に入らないかを取り上げた本であり、同時に国連やWTOなどの国際組織、EUの出鱈目ぶりがスイスが嫌がる要因なのだと感じられる1冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒いスイス

2006/11/03 16:21

お笑いスイス

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ブラック・ユーモア好きなら,げらげら笑いながら読める.あるいは,「ひっでー!!」とツッコミを入れながら読める.
 そのときの「ひっでー!!」は,必ず小堺一機か関根勤の声を可能な限り真似ること.

 国益優先でユダヤ人難民を自国から締め出すスイス.ユダヤ人虐殺の事実を知っていたスイス.
 ナチスよりも積極的に,「J」スタンプを推進するスイス.
 20年代からあったユダヤ人差別.
 ユダヤ人難民に滞在許可証を発行した警察幹部を,裁判にかけて有罪にするスイス.
 枢軸国の侵攻「もみの木作戦」に怯えるスイス.
 スペイン内戦に義勇兵として参加したスイス国民を,軍法会議で処罰するスイス.
 ヒトラー暗殺未遂犯の捜査に,積極協力するスイス.
 ナチスびいきのスイス公使.

 ネオナチの一大拠点と化しているスイス(p.136).

 コソボ難民を容赦なく叩き出すスイス.
 第一党となった極右政党.

 ヒロシマ・ナガサキから「核の効用」を見出すスイス.
 ソ連から核兵器を買うことを検討するスイス.
 スウェーデンと共同で核兵器を開発しようとするスイス.
 同国人同士で戦うこともあった,国外のスイス人傭兵(p.152)

 「マストロ」作戦(p.184)
 マネー・ロンダリングが遺法でなくなる「トリック」(p.190)
 スイスが情報公開すれば,外国へ資産流出してしまうだろう「75%」と「25%」(p.195)
「悪税から人々を守るのはスイスの義務だ」
 第1次大戦前,脱税をPRするスイス銀行.

 笑える.買え.
【関心率71.12%:全ページ中,手元に残したいページがどれだけあるかの割合.当方の価値観基準】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒いスイス

2004/04/30 17:33

現実のスイスを見る尺度

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:越知 - この投稿者のレビュー一覧を見る

スイスという国について私たちはどの程度のことを知っているだろうか。
永世中立国、風光明媚なヨーロッパの小国…。その他には?
本書は、そのスイスを、主としてネガティブな側面から描いた本である。
この国の住民が濃厚な民族差別意識を持っていると聞くと驚く人も多いだろう。例えば、ロマ(ジプシー)民族の子供を政府が誘拐し、親から離して育てるようし向けていた時期があった。
また現在でも、外国人がスイス国籍を取得するときは、本籍を置く予定の地方自治体(市や村)で住民投票の洗礼を受ける必要があり、その際には当人を紹介したパンフレットが配布されるが、そこには顔写真入りで学歴、結婚歴、収入などのプライヴァシーが詳細に記されている。結果として、住民投票でヨーロッパ系の人間だけが国籍を認められ、アジア系などは拒絶されることがあるという。
スイスは直接民主制でも知られるが、実はそれは住民の相互監視と表裏一体になっており、きわめて息苦しい社会でもあるのだ。
以上のような、スイスの知られざる側面について教えてくれる本で、一読の価値は十分にある。
ただ、著者の視点や書き方は、ややきれい事に過ぎる面もある。
外国人労働者の大量流入を攻撃するネオナチの跋扈については、たしかに好ましいことではないが、それによって職を奪われるスイス人の若者にとっては死活問題でもあり、ただ差別意識を批判するだけでは事態の解決にはつながらないだろう。
核配備計画にしても、英国やフランスなど核を保有している国家がヨーロッパに存在することを考えれば、スイスだけに非核意識を求めるのはいかがなものかと言いたくなってしまう。
現実のスイスを理想国家と見るのは誤りだが、逆に理想を尺度にして現実のスイスを裁断するのもフェアではあるまい。日本を含めて理想国家はどこにもないし、マイナス面をも抱えながら理想と現実の狭間で揺れる続けるのが国家の宿命だからである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒いスイス

2015/05/05 22:32

平和の影に闇がある。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M マサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

スイスという、国を著者の視点から、
切り込んで要るのですが、当時の被害者や加害者等より、幾つかの事例を取り上げ、詳しく取材されている、日本の教育は建前が前提で義務教育の基礎が有るように思える、著者の解釈は、義務教育には、無いだろう、この著書を読んで、国の平和を守る為に、非常に複雑な社会環境が有ることに気が付く、確かに、ユダヤ人を当時受け入れなかった政策を、反省しポール グリューニンガーの偉業を遅すぎながら、称えた、歴史に刻む事で、今後の政策に影響が有ると思う、しかし、当時の政府のジャジメントは非常に難しかったと思う。
また、核拡散防止条約の批准は、スイスにとって、何の利益にもならないと、軍事的見地から、軍部から分析されていた。しかし、数年後批准することに、それでも、裏で核研究は薦める事に、諸外国のバランスを考えると、スイスの国を守る為には、建前外交も平和を維持出来ている現状を考えると、今のところ成功しているのだろう、最後に、マネーロンダリングは、色々な外圧で、銀行の政策に影響が、有るのが解るが、パワーバランスで、小物達は、時代背景の取引に使われ、暴露されるが、スイス銀行を利用している、連中は、影響力が強い間は守られるだろう、スイスはそれを、なるべく、長期的に利用するだろう、
国を守ると言うのは、ダブルスタンダードは、当たり前で、パワーバランスを考えて、政策を決め、実は、アメリカも、その事を判って、スイスを認め、都合の悪い政策を、時間を掛けて、外圧を利用し政策変更に影響を、
改めて、建前外交は、程々で、裏外交が如何に重要か、それは、諸外国もしたたかに、理解している、建前の教育論には、限界が有ることに気付かされる著書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。