サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

【SS/200】【集英社】【特集】【割引有】立ち上がれ!全勢力!!この夏、最大の祭典は海賊たちが盛り上げる!!劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』8.9(金)ついに公開!!原作超大量無料大公開キャンペーン!!(~8/19)

電子書籍

片眼の猿―One-eyed monkeys― みんなのレビュー

  • 道尾秀介 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本片眼の猿

2008/05/29 21:39

道尾さんにしては、割とライト感覚の探偵物になっています

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、新潮社の携帯サイトで連載配信されていたそうです。
どうりで、短めの章立てでそれが短く完結していて
何処から読んでも割りとお話しをフォローできるように出来ています。

 これ探偵物でして、主人公は、三梨幸一郎といいまして、特殊な技能の持ち主の探偵です。
楽器製作会社からの依頼でライバル会社のデザイン盗用疑惑を調査するのですが、
思いがけず、別の事件に、、、。

 道尾さんは、叙述のトリック(あてにならない語り手、意図的に伏せて書かれてある仕掛け)の天才でして
前読んだ「向日葵の咲かない夏」では、やられまくりました。
だから、今回は、かなり慎重によみましたよ、、。
騙されないぞ、信用しないぞ、、、って書いてなくとも、なんかあるんだろう??って。
 で、それと今回は、割と道尾さんにしては、ライト感覚というか、
明るめの作品に仕上がってホラーが苦手と言う人にも十分楽しめると思います。
でも、そこかしこに道尾さんの少しホラーチックなティストは出ていますが、、。
作中の会話に出てくる、ホラー映画のタイトルあたりです。
 雑誌ダ・ヴィンチのインタビューでは、携帯サイトに配信中は
トランプのカードを表示できなかったのが悔しかったと言っておられました。
登場人物にトランプのカードでメッセージをつ伝える人物がいるのですが
これが、けっこうよく考えられいて、面白かったです。

 全体として、大きな枠組みのトリックというより、
小さな仕掛けが、満載の一冊でした。
この辺も携帯サイト配信ということなのでしょうね、、。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍片眼の猿―One-eyed monkeys―

2018/05/11 05:43

秘密を垣間見る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

盗聴専門の探偵が巻き込まれる、思わぬ殺人事件の真相がスリリングでした。同業者の女性との、奇妙な関係も味わい深かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本片眼の猿

2007/06/16 10:48

タイトルになったあの寓話の扱いを間違えているのではないだろうか

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

盗聴が専門の私立探偵・三梨幸一郎が引き受けたのは、ある楽器メーカーがライバル社にデザインを盗まれている可能性があるかもしれないという事件。デザイン盗用の証拠を探すうち、三梨は殺人事件に巻き込まれ…。

 本格ミステリーとするには意外感やワクワク感を得ることはできませんでした。ハードボイルドものとみなすには、文体に味がありません。巻末の記述によれば、もともと「新潮ケータイ文庫」として<配信>されたものであり、そのためか若い携帯世代におもねったような青さが文章ににじんでいて、人生も半分済んでしまった年齢にある私の心には添いませんでした。

 ストーリー展開も後半は少々ご都合主義的で、悪役との対峙場面はマンガのようです。
 著者がこの小説を使って指摘しようとすることが、私たち読者が抱える差別や偏見、無垢ではあるけど無知な思い込みなどであることは理解できますが、小説としてのレベルは期待していたほど高くないというのが率直な感想です。

 そもそも「片目の猿」という寓話の解釈が誤っているのではないでしょうか。
 私はこの寓話を10年以上も前に職場の先輩に聞かされたことがあります。当時の職場は仕事をする能力も意欲もない同僚が溢れていて、懸命に職務に取り組もうとする私とその先輩のほうが職場で浮いた存在になっていました。そんな私たちの状況を指して先輩は寓話を引きながら、「俺たちは<片目の猿>たちに囲まれた<両目の猿>なんだ」と評したのです。
 しかしこの小説では、主人公たちこそが<片目の猿>で、周囲のほうが<両目の猿>として描かれていると解釈するほうが自然な配置になっているのです。ここでこれ以上その詳細を述べるのは、これからこの小説を読もうとする読者の興をそぐことになるので控えますが、小説の題名となった寓話の扱いが適当ではないと感じる読者は少なくないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。