サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

十九、二十 みんなのレビュー

  • 原田宗典 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本十九、二十

2001/07/01 13:38

暑くだるい青春時代。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うり - この投稿者のレビュー一覧を見る

彼女にふられ、父親は借金をつくり、始めたバイトはエロ本出版社だった。

人生、上手くいかないときは、とことん上手くいかない。そんな中で20歳になろうとしている主人公・山崎は、
勇猛果敢に戦うでもなく、かといって逃げ出すでもなく、次々やってくるさえない出来事を、ただただ受け止めて困惑して、イライラしてやり過ごしていく。そこが、とてもダサくてとてもリアルだ。

青春小説なのだけれども、そこで若者に教えを説こうとか、勇気を与えようなどというおせっかいは一切しない。読み手側にとっても、読み終わったからサッパリするとか、希望を与えられるなんてことは、一切無い。

 けれども、生きてく上での普遍的なダサさ、やるせなさがこの一冊につまっていて、「そうなんだよなぁ」と頷ける一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本十九、二十

2002/07/28 17:11

永遠に続くかのような、けだるい十代最後の夏

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:17Caesun - この投稿者のレビュー一覧を見る

さえない主人公の、華のない十代最後の夏。

どんなに落ちぶれても、若者であるかぎり、未来だけはその手の中に残るといわれる。
しかし、主人公の父は借金を抱えている。借金もまた未来に残る。希望の持てない
状況のはずなのに、けだるくとも絶望感までは漂っていない。

バイト先の潰れかけたエロ本出版社では、周りの大人もロクデナシばかり。
それでも、時々そんな大人たちが後輩を気遣う姿勢を見せる。本当に気遣ってくれている
と思える人物もいれば、それすらも単に、先輩面したいだけなのではないかと思えるほど
のロクデナシもいる。

そんな登場人物に騙され、時に助けられ、また騙されて、主人公の毎日はやっぱりけだるい
だけの生活。それでもこの宙ぶらりんの状態から、いつかは抜け出せるような気もする。

同じ大学生活を扱った作品でも、鷺沢萌の著作はまるきり正反対で、車でデートして、
皆で楽しく飲んで・・・といった明るいこと、格好いいことばかり強調されている。
しかし、それでも将来に対する不安が行間から頭をもたげてくる。楽しかろうが、
苦しかろうが、この状態がずっと続くわけではない、という点では同じだ。

いつかは終るはず、でも先が全く見えない、そんな雰囲気で話は進む。
退屈な展開のはずなのに、そこに漂う空気は現実的で、どこかで体験した事がある。

主人公は何事にも受身の姿勢で、
積極的に状況を打開しようとか、或いはそこから逃走しようとは考えないのだが、
起こってしまった事態にはそれなりに懸命に対処する。それでもうまくいかない。
もがいても前に進めず、ただ何となくじりじりと、時間だけがゆっくり過ぎてゆく。

焼けるような黄色いバックに、うつむいて歩く表紙の絵が内容を現していて面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本十九、二十

2001/05/30 03:20

ただ生ぬるいだけの僕

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:緑川 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ビンボーだった。激しく悩んだ。それでも世間からは隔離され、<世界の王様>でいられたのに、突然現実が身にしみる。残されたのは、欲望に身をこがすこともできないどんよりと生ぬるいだけの<ぼく>。大学生活の空気までがリアルに再現される。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。