サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

華岡青洲の妻(新潮文庫) みんなのレビュー

  • 有吉佐和子 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍華岡青洲の妻(新潮文庫)

2017/10/27 08:22

日本が世界に誇る外科医家族の物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ME - この投稿者のレビュー一覧を見る

姑嫁の確執ということで知られているが、世界ではじめて全身麻酔による外科医手術を手がけた医者の物語であり、動物実験、人体実験の描写はおそろしい気がした。それにしても昔は早世する人が多かったと感じた。紀州弁ははじめて読んだが、今でも地元ではそのような話し方をするのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍華岡青洲の妻(新潮文庫)

2017/05/31 14:55

嫁と姑

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

花岡青洲の逸話自体は有名なので誰でも知っていると思います。
この作品の凄いところはやはり心理描写。
仲睦まじい嫁と姑の関係が変わっていくところがリアルで生々しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本華岡青洲の妻 改版

2016/12/12 12:59

比類なきストーリーテリング

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つよし - この投稿者のレビュー一覧を見る

昼夜もなく夢中で読んだ。それほど面白く、感動的な物語である。要は稀代の名医、華岡青洲の立志伝なのだが、青洲の母於継と、妻加恵との反目、俗にいう嫁姑の争いが主軸となっている。互いに相手を疎ましく思っても、それをおくびにも出さない二人の心の動き、毒を含んだ会話、視線。息が詰まるような神経戦が実に生き生きとユーモラスに描かれている。有吉佐和子の語りの妙、ストーリーテリングの卓抜さに唸らざるを得ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。