サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

楽園のカンヴァス(新潮文庫) みんなのレビュー

  • 原田マハ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.5

評価内訳

31 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本楽園のカンヴァス

2017/12/28 23:28

ジャケ買いの代償

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

この一作で判断する限り、著者には小説ではなく、中野京子氏の市場(牙城?)への参入をお勧めする。
見破れなかった自分を叱り飛ばしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍楽園のカンヴァス(新潮文庫)

2018/10/24 06:43

ディテール

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あられ - この投稿者のレビュー一覧を見る

アンリ・ルソーやパブロ・ピカソ、ギョーム・アポリネールのいたパリと1980年代のアート界をつないだところに描かれる物語。そしてその線上にある現在……ストーリーはたどりやすく(伏線がわかりやすい)ドラマチックです。小説としてはさらっと読んで、難しいこと考えずに楽しめました。娯楽映画か、2時間ドラマ的な読後感です。(この作家さんは短編より長い作品のほうがよいですね。)

が、ディテールがどうなのかと……例えば「ティム」と「トム」の取り違えネタが何度も言及されていますが、正式な書簡では「ティモシー」と「トマス」が使われて、取り違えようがないのではないか、など。肩書きも違うでしょうし。

それと、フランス語で女性が、「私を紹介するときの『女性研究者』の『女性』は余計です」的な態度を取るのも、リアリティが……。フランス語は言語そのものに性別が刻み込まれてしまっていて、主語が男性のときはJe suis japonais. で、女性ならJe suis japonaise. ですよね。(発音も異なります)

そういうところでいちいち興をそがれてしまい、集中力が保てません。

絵の前に立ったときにどういう感覚がするかという描写はとても共感できました。特にルソーの絵はあまり真剣に見たことがなかったので、今度見るときはかなり印象が変わるのではないかと楽しみです(個人的に、アンリ・ルソーは再評価されたあとの「現代絵画の大家」としてしか認識していないのですが)。あと、倉敷の大原美術館、また行きたいです。エル・グレコを見に。

美術雑誌ならいざ知らず、こういう感覚を引き起こしてくれる小説はあまりないですね。その点は貴重です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2015/03/19 18:08

愕然

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坦々麺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読後に知ったのだが携帯のニュースサイトNAVERの『楽園のカンヴァス』に登場する絵画のまとめを見て、愕然となった。普段美術館に行ったりしないし、絵画に疎い自分が読中どんな絵なんだろうと思いつつ、読破してしまったことに後悔。機会があればニューヨークのMOMAや倉敷の大原美術館に行ってみたいと思わしてくれる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2014/12/23 15:37

愛の推理小説

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とんとろり - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は著者の本はこれが初めてである。
アンリ・ルソーの絵画を巡るルソーを愛する2人の鑑定士の話である。

1人は大原美術館の絵の監視員の女性。もう一人はニューヨークのMoMa美術館キュレーター(=美術展開催の総監督) の男性。
ルソーの「夢をみた」という絵の真偽判定を争うミステリーである。オークションの話もでてくる。絵画の真偽ミステリーの小説はこれまでにもあった。その点については特に珍しい小説ではない。

著者は実際に倉敷の大原美術館に勤務して、(私もこの倉敷にある美術館に1度行ったことがある。左程大きくはないが西洋美術館で建物が町の風情に美しい)
その後ニューヨークのMoMa美術館に研修も行っている。
つまり近代美術に詳しい人が書いた絵画の真偽小説はまた特別に面白いのではないかと思ったのだ。

「楽園のカンヴァス」の物語はスイスに住む世界的有名な絵画のコレクターが
秘密裏に持っているルソーの有名な「夢」という絵画によく似た、「夢をみた」という絵画である。
その絵は裸のモデルが差し出している左手に鍵らしき何かを持っているという絵なのである。(実際の「夢」は何も持っていない)
その絵はルソーが書いたものと一流鑑定士が鑑定したものだが再度真偽の程を判定して欲しいというのだ。

この小説の中に作者不明の一つの書物が出てくる。
6章に分かれており、コレクターは一日一章づつ2人の鑑定士に読ませる。読んだ最後の日にルソーの絵画の真偽鑑定をすることを命じる。
書物の内容はルソーとその友人ピカソ。ルソーの絵の女性モデル、その夫の話である。

こういうと興味が増すが、残念なことに実際はそれ程の合理的に推理する要素が入っている訳でない。
読んでいてこの小説は推理小説ではなく「愛」の小説だと気がつく。
大体かってこれを手にいれたコレクターは何故この絵に対してX線撮影をしないのか。していたとしたらそのデータが読者に明示されないのか不思議である。
書物の中の物語だけで科学的調査が全く許されない理由が理解できない。

ただし推定はできる。コレクターは有名鑑定士が科学的に行い、その描き方も知りこの絵の秘密を全て知っている。ただこの作品を今度は「愛」で真偽を計ることなど、どんな理由があろうとも現実的でない。
もう少し読者に理由付けを見せるべきではないかと。小説の上ではそこが乏しい。

いわくつきの人物が何人か登場するがこれも個性が薄く、特に毒のある人物も出てこない。もう少し書きこんで欲しかった部分や、これは伏線かという幾つかの思わせ箇所も特別意味も無い点など私は少し不満だった。

ただ、それにもましてこの小説の優れているところはルソーのこの「夢をみた」とピカソと結ぶアイデアと、モデルの女性(特に美人という訳ではない)の作品に関わる心の動きは面白いと思った。

書物の物語だけでの2人の鑑定であるがそれはそれで納得はできる。とにかく科学的鑑定ができないのだから。

この本を読むと「夢をみた」という絵画を見たくなる。勿論これは小説で「夢をみた」は何処にも無いのだが。
巻末にこの小説に書かれている絵画の作品名が書かれている。これは楽しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2015/01/27 02:15

面白い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:槙野 - この投稿者のレビュー一覧を見る

美術ミステリーというところに惹かれて購入。
非常に面白かった。出だしと最後の家族のシーンや、メイン部分の男性キュレーター目線のシーンもおもしろかった。
ルソーの日記がなりより面白く、もっと長い日記にして欲しかったくらいた。
最後も驚くような展開だったが、でも何か少し物足りなさも感じた。おそらく壮大さやスケールの規模が今ひとつ足りなかったのが問題だろう。
それでも表紙のルソーの絵を眺めて、その深さに惚れ惚れしたし、絵の中の女の指先や背景を何度もマジマジとみてしまう。笑
とても面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2018/07/08 20:42

物悲しく純粋

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ルソーを巡る、どこかせつない物語。ラスト、ルソーの純朴さと彼の絵を挟んで火花を散らす後の人間たちの乖離が少しだけなくなったようでどこか救われた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2016/05/29 12:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽにょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

山本周五郎賞受賞作品。
一つの絵の鑑定をめぐるミステリー。

個人的には、内容も楽しめたし、絵に興味を持つようになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2015/08/31 00:51

「夢」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

ルソーの「夢」という絵画作品を題材にした小説。美術に関する知識は学校で習ったくらいで、美術鑑賞なんて全然しないけれど、ぐいぐい世界にひきこまれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2015/08/22 16:12

真夏の夜の夢

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:翠香 - この投稿者のレビュー一覧を見る

単行本が出た時からずっと読みたかった作品。文庫化を機に手に取りました。
美術とミステリの両方が好きなのでとても楽しい時間でした。
ティムと織絵の真贋判定対決も見ごたえがあったし、なによりティムが魅力的。
始めはボスのトムになりすまして精一杯虚勢を張っているのが微笑ましかったのですが、
最後には自分のことよりもルソーの作品を守る為に行動したのがカッコよかった。
作中作を読んでルソーのことがちょっと好きになりました。
ただ末尾の大文字は不発だったかな。
バイラーの正体は深く考えていなかったので意表をつかれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2017/02/23 20:24

美術好きには○

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーの分野ではないですね。。。読みながらわくわく出来るのは、私自身が大の絵画ファン!!特に(ミーハーなので)普通に印象派やゴッホ&ゴーギャン、アンリ・マティスやルオーも好き!!但し、あまり美術鑑賞が趣味でない方には、チョイときついかも。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2018/05/05 23:36

「この絵の中に、君の友だちがいる。」

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

大原美術館のシーンで始まり、ニューヨーク近代美術館で終わる物語。
 「美術ミステリー」とされているけど、殺人や犯罪は出てきません。絵画のナゾを追う話です。アンリ・ルソーの作品がいわば主人公なんですが、読んでる間、その絵を一度も見ませんでした。それでも、この物語を十二分に楽しめました。あるいは、見ない方が想像をふくらませられてよかったのかもしれません。
 美術作品に接するにあたって、主人公の一人、織絵の父の言葉が心に残ります。
「この絵の中に、君の友だちがいる。そう思って見ればいい。それが君にとっての名作だ。」
 たとえば「10億円もらったら何に使いますか」みたいな問いにはうまく答えられません。海外旅行には行きたくないし、車はいらないし、広い家は管理が大変そうだし、美酒も美食もそんなに入らないし……。
 でも、原田マハの本を読んでいて、ひとつ思いつきました。大人気の美術展を一日貸し切りにして、独占で楽しむ。これはどうでしょう。
 印象派をはじめとして、最近の日本の美術展っていつも混んでいるイメージがあります。平日だって混んでます。マイペースで静かにゆっくり見られたら、いいだろうなあ。いくらぐらいかかるのかなあ。お金を積んでも、そういうのは公立美術館では無理なのかなあ。それに、金にモノを言わせてそんなことするのは下品かなあ。でもそれを言うなら、名画が高額になるのも下品だよね。悩むところだ。まあ、そんな大金、だれもくれないからいいけどさ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2017/06/30 11:45

面白いです!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こいろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後の最後まで予想をひっくり返すような展開。時に恋愛もあり。
美術が苦手な方でも気を楽にして読み始めていける本です。読み始めたら止まりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2015/02/20 10:45

楽園のカンヴァス

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しぶたこにゃーすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

原田マハさんの作品は大好きで、疲れた心を癒します。
その中で「楽園のカンヴァス」はとても異色です。
美術館の関係のお仕事をマハさんはされていたので、絵画の知識は計り知れないと思います。
ほかにこのような壮大な小説を書かれる作家はいないのではないでしょうか。
また読み返したい一冊で、奥深い名作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍楽園のカンヴァス(新潮文庫)

2019/02/10 13:25

夢を見た

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スカンクスカンク - この投稿者のレビュー一覧を見る

大原美術館とMoMAのキュレーターが織りなす出会いの中にアンリルソーの情熱と永遠を教えてもらった。この話からインターネットでルソーの作品を見たが、改めて出逢いを願いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園のカンヴァス

2019/01/28 16:31

私はルソーの絵のファンです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ルソーの作品は、遠近が不明で少し前の時代の印象派の人たちの作品のような優雅さはないのだけれど、この作品の登場人物であるティムや織絵がいうように情熱がある。私はこの小説を読む前からルソーのことは「全然誰の作品にも似ていない、独特な絵を描く人」としか印象がなかったが、巨匠として君臨していた人とばかり思ってゐたのだが、生前は「笑わせる絵を描く元税関吏」といういただけないレッテルを張られていた人とのこと。その生前は不運であったルソーにピカソや彼の傑作「夢」をからめたこの作品はぐいぐいと読み手を引き込む。「夢」を観るためにMOMAへまた行きたくなってきた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

31 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。