サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

中庭の出来事(新潮文庫) みんなのレビュー

  • 恩田陸
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本中庭の出来事

2009/08/10 21:13

入れ子構造の妙

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ホテルの中庭で、脚本家が殺された。犯人のヒントは脚本家の遺作にある。主役候補の三人の女優は、それぞれにそれを演じてみせる。 

 いわゆる、入れ子構造なんだが、だんだんどれが現実でどれが演劇なのかわからなくなってくる。確かに演劇の部分は、脚本のように書かれているのだが、それにすら信用がなくなる。
 また、同じシチュエーションで視点が変わるものが何度も出てくるので、一層信用がない。

 作家と読者は、暗黙のルールの中で世界を共有するものだ。
 が、その世界が危うい時、読者は世界の何を見て、何を感じて、世界の揺らぎを止めるのだろうか。

 犯人が誰であるかは、すでに重要ではなくなっている。
 証言者の誰を信じるかも、些細なことだ。
 目の前にある中庭。それをどこから見ているかを決めるのは自分で、それだけが確かなものなのだろう。

 にしても、なんか「ガラスの仮面」っぽい感じはどーしてもいたしますよww

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍中庭の出来事(新潮文庫)

2017/11/06 06:21

複雑な入れ子構造

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この話は最初普通のミステリーのプロローグのように始まり、ホテルの中庭のカフェで待ち合わせた女の一人がもう一方のやった殺人を告発し、告発された方はなぜかその場で飲んでいたワイングラスを落として亡くなってしまいます。

次の章「旅人たち1」では新宿のある地下街の噴水のあるところで就職活動中の若い女性が亡くなった事件が提示され、その目撃者たちの女性に関する証言が著しく食い違っていることに言及され、それが話の着想となった、というようにその後に延々と語られ演じられることになる「話」が暗示的に提供されます。

その話というのが最初の章で告発されている気鋭の脚本家の毒殺(謎の死)で、容疑はパーティ会場で発表予定だった『告白』の主演女優候補三人に掛かり、警察は女優三人に脚本家の変死をめぐる一人芝居『告白』を演じさせようとする――という設定の戯曲『中庭の出来事』を執筆中の劇作家がいて。。。というように入れ子構造がどんどん入り組んできて、読者は自分が今小説の中の劇中劇のどの舞台に居るのかあるいは居ないのかよく分からないまま、虚実が入り混じりながらクライマックスに否応なく押し流されていくような錯覚に襲われるような気がするのではないでしょうか。少なくとも私はそういう印象を受けました。

劇中劇のシーンでは台本のように「女優1 どこそこに座って」とか「暗転」等の用語があるので、それと分かりますが、そうでないシーンも視点を変えて繰り返されたりするのでそれがまだ脚本家の書いている話の中のシーンなのか、話の外なのかよく分からなくなるところがこの作品の魅力なのだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本中庭の出来事

2017/05/17 14:56

ついていけない・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:deka - この投稿者のレビュー一覧を見る

場面がどんどん変わっていくのでついていけなくなった。。。。
2度読みしないと全体像が見えてこない感じがした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本中庭の出来事

2016/01/17 09:16

事実と虚構が交錯!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この小説は、小さなホテルの中庭で起こった殺人事件が中心テーマとなっているのですが、こうした設定の戯曲を演じるという虚構の世界が小説のあちこちにちりばめられていて、何が本当で何が虚構なのか、何度も注意して読み返さないと混乱してしまいます。これがまたこの小説を読む醍醐味でもあるのですが。。。なかなか面白い作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。