サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

【SS/200】【集英社】【特集】【割引有】立ち上がれ!全勢力!!この夏、最大の祭典は海賊たちが盛り上げる!!劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』8.9(金)ついに公開!!原作超大量無料大公開キャンペーン!!(~8/19)

電子書籍

自壊する帝国(新潮文庫) みんなのレビュー

  • 佐藤優
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本自壊する帝国

2010/08/14 02:36

官僚主義国家の末路

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yjisan - この投稿者のレビュー一覧を見る

ビックコミックで漫画「憂国のラスプーチン」の連載が始まった。作家で元外務省主任分析官である佐藤優の「国策捜査」体験を基にした“フィクション”のようだ(主人公は憂木衛。もちろんモデルは佐藤優)。ついに漫画にまでなったか、と驚く。論壇デビュー後の佐藤優の快進撃は止まらない。

鈴木宗男の懐刀として活躍し「外務省のラスプーチン」と呼ばれた異能の外交官、佐藤優。その栄光と挫折については、前著『国家の罠』に詳しい。本書は『国家の罠』の続篇と言えるが、扱っている時代は『国家の罠』よりも前である。


佐藤は外交官として駆け出しの頃、在ソ連日本大使館二等書記官として、ソビエト連邦崩壊という現代史に残る歴史的大事件に立ち会った。本書は、当時モスクワに駐在していた若き日本人外交官の視点からソ連解体の過程を克明に描いた迫真のドキュメントである。まさに彼は「歴史の目撃者」であり、類い希なる観察力と分析力をもって、史上空前の帝国であったソ連が内側から崩れていく様相を活写する。


一方で本書は、日本外務省きってのロシア通外交官としての佐藤優が形成される過程を綴った成長物語でもある。国費でチェコに留学して自分の専門であるチェコ神学研究を行う目論見で外務省に入省した佐藤は、国際政治が激動する現場であるモスクワに放り込まれたことで、外交官としての素質を開花させる。

ロシア語研修のためにモスクワ大学言語学部に留学した佐藤は、自分の学問的関心から哲学部科学的無神論学科の扉を叩いた。そこでラトビア出身で反体制派の学生「サーシャ」と出会ったことが、彼の人生を大きく変えた。彼は図らずもサーシャを通じてロシアのインテリたちと知り合っていくことになる。

研修終了後、モスクワ勤務となった佐藤は、豊富なキリスト教神学の知識と卓越したインテリジェンス能力を武器に、ロシアの保守派・改革派やバルト三国の連邦維持派・独立派といった立場を異にする様々な重要人物に食い込んでいき、他の追随を許さない特異な人脈を築いていく。この人脈はソ連崩壊後も彼の外交官としての貴重な財産として機能する。すなわち『国家の罠』に見える佐藤優の誕生である。


ヒトラーをも退けた軍事大国ソ連は内側から崩壊した。硬直した官僚主義こそが最大の要因であると佐藤は見抜いた。信念を持たず筋を通さない官僚は、いかに優秀であっても結局は保身に走り、国を滅ぼす。組織防衛を絶対の正義と考える“生真面目な”秀才官僚ほど危うい(皮肉にも、その恐ろしさは佐藤自身が体感することになるわけだが)。
佐藤は「あとがき」で、『国家の罠』の読者からモスクワ時代の活動を知りたいという要望が多かったので本書を書いた、と述べている。だが、これは一種の韜晦であって、やはり本書には母国日本への警鐘の意味合いが濃厚に込められている。「省益あって国益なし」と揶揄される霞ヶ関が依然として絶大な影響力を持つ「官僚主導」国家・日本が、ソ連のように雲散霧消する可能性は決して低くはない。


そうならないためにも、我々はこの異才の能力をもっと活用しなくてはならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍自壊する帝国(新潮文庫)

2018/11/10 12:42

博覧強記の外交官、ソ連に挑む

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:y-okj - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は元外交官である著者がソ連の崩壊前後に体験したことをまとめたものだ。本書の注目すべき点は、著者の博覧強記ぶりとそれを外交実務の柱としている点だ。イデオロギー闘争で鍛えられたソ連エリートと政治や宗教、哲学で互角に議論する姿は教養と論理が持つ力を示している。著者は自らの著作で国民の知的水準と国力の関連性を繰り返し主張しているが、本書からはその主張を説得力ある形で汲み取ることができる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本自壊する帝国

2012/04/23 00:15

具体例

7人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 半自伝.
 外務省入省後からソ連崩壊までを,「経験者は語る」.
 したがって,情報として見た場合,内容は整理されておらず,しかもしばしば時系列も前後するものの,著者の言う「ロシアの内在的論理」の具体例や,人脈による情報収集の具体例を,読み取ることが可能.

 ソ連の無責任体制(p.14)と,霞ヶ関の無責任体制(p.15)
「実物の外交官は,それほどステロタイプな人たちではない」(p.22)
 日本人外交官のロシア語が,できるだけ下手になるよう仕組まれた研修コース(p.42-44)
 日本外務省のロシア・スクールの研修システム(p.100)
 有能なキャリア職員は,専門職員(ノンキャリア)に対する扱いが丁寧(p.105)
 出世枠をめぐる,足の引っ張り合い(p.122-123)
 「クレディビリティに傷がつく」として,訂正情報を出したがらない体質(p.190)
 ロシア語による二分法(p.61)
 節酒キャンペーン対策(p.65-66)
 「プッツン型」泥酔への自衛策(p.134)
 ロシアのインテリは,酒を飲みながら,発言のブレをチェックする(p.67)
 日本の生保会社の水着カレンダーが,モスクワ生活を円滑にする小道具(p.71-72)
 外交の世界では,食に絡む話は,良い小道具(p.167)
 エリツィン解任反対集会に参加した学生に対する,兵役免除取り消し(p.82-83)
 サハロフとソルジェニーツィンの根本的な違い(p.108)
 本格的な民族紛争ナゴルノ=カラバフ(p.114-115)
「ボルシェビキ革命は,ロシア特有の病理現象だ」(p.115-116)
「ロシア革命は保守革命ということになりませんか」(p.336)
「イスラーム教徒は権力者の言うことをよく聞くので,共産党中央にとっては御し易い」(p.116)
 親アゼルバイジャンから親アルメニアへの,軸足の転換(p.116-117)
 アルクスニス(p.124)
 ラトビッチ(p.127-128)
「『機会の窓』が空いている時間は限られている」(p.137)
 「人民戦線」の専従活動家の養い方(p.156-157)
 「フリガンチク(不良)」を生み出すスポーツ専門学校(p.144)
 ロシアではマスクは,法定伝染病患者が,病院で無理矢理付けられるというイメージ(p.171-172)
 バブリック・マローゾフ(p.178-179)
 ブダーノフ裁判(p.180)
 ドゥダーエフとインターフロント(p.198-199)
「欧米の連中は,自分の作ったロシア像に騙されやすい.ロシア人はそこに付け込む」(p.220-221)
 フロマートカ(p.232-234)
 モスクワ騒擾事件(p.244-247)
 ビリニュスの衝突(p.284-302)
 ジリノフスキイ(p.313-314)
 ミトロファノフ(p.314-315)
 ブルブリス(p.317-318,373)
 共産主義放棄というゴルビーの選択(p.342)
 危機になると見えてくる,男の本性(p.356)
「ふやけたクーデター」(p.357-358)
 ジェルジンスキイ像を倒したのは,ブルブリスによるガス抜きのための演出(p.370-371)
 闇に消えた共産党秘密資金(p.388-391)
――以上,ざっと挙げたように,各種情報が混在.

 日本人にはなじみの薄い,ロシア正教に関する記述も結構あり:
「反ユダヤ主義を掲げるロシア正教徒は,本物じゃない」(p.109-110)
 噴出する「ユダヤ・ネットワーク」説(p.339-341)
 弱みを持つ聖職者を利用するソ連政府(p.111)
 「分離派」(p.163-166)
 独身制の合理的根拠(p.228-229)

 書籍・出版事情も興味深し:
 禁書を密かに輸出し,外貨を稼いでいた東欧社会主義諸国(p.33)
 神学書出版に関するチェコの知恵(p.34)
「本には一冊一冊の運命がある」(p.37)
 特別保管庫(スペツフラン)の本(p.55-59)

 当方にとって最も関心がある,諜報機関に関する情報も;
「チェコの秘密警察は怖いよ.ゲシュタポの伝統とKGBの伝統の両方を引き継いでいる」(p.35)
 KGBの各部局について(p.46-47)
 GRU文化(p.47-49)
「東京外大ではソ連人学生も,外国人用日本語コース以外,受講できないように縛りがかかっている」(p.64)
 ロシア人は,盗聴や尾行を警戒するときは,歩きながら話をする(p.82)
 外国人に対する監視が厳しい反面,ソ連人に対する監視が緩いリガ(p.89)
 レストランの音楽ホールに席を取ることが盗聴避け(p.91-92)
「KGBが怖いというのは神話」「モスクワが指令を出せないような流れを,作り出していくことが重要」(p.159)
 メドベージェフの上を行くKGB(p.185-186)
 シュワルナゼの「汚職」という情報操作(p.188-193)
 KGBの「野党」作り(p.209-210)
 執務用電話帳の効用(p.277)
 情報収集で重要なのは,相手に警戒心を起こさせないこと(p.284)
 公衆電話用の硬貨を集める著者(p.347-349)
「普段,良好な人間関係を構築しておけば,緊急事態が発生したときに,情報は電話でとれるものだ」(p.348)
 秘書官やタイピストとも親しくしておくことも重要(p.348)
 機微な情報を得る場合,留意することは2つだけ(p.351)
 公開情報で得られる情報を,あえて危険を冒して取りにいくのはプロではない(p.369)

 『国家の崩壊』という類書も出しているそうなので,併読すべし.
 読め.
【関心率21.89%:全ページ中,手元に残したいページがどれだけあるかの割合.当方の価値観基準】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。